2017/04/20

第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その2

こちらの続き)

Img_1797_2Img_1800_2Img_1801_2

 戸塚宿を出てまもなく、大坂というなだらかな坂道に入ります。江戸時代はもっと急な坂で、坂の上から見晴らしがよかったらしい。この大坂には昔の松並木の一部が残されており、旧東海道の面影をほんの少ししのぶことができます。ほかに古いものといえば、庚申塔くらい(左下)。また、少し先にお軽勘平道行碑(右下)があります。歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』の名場面にちなんで建てられたもの。

Img_1798Img_1802

 さらに進むと右手前方に富士山が見えました。どんな時でも富士山が見えるとテンションが上がりますが、江戸時代の旅人もきっと同じ思いだったでしょうね。まもなく原宿の一里塚跡(右下)。日本橋より11里目。塚の付近に立場茶屋があったので、原宿と呼ばれるようになったそうな。我々も現代版茶屋のマックで休憩しました。

Img_1804Img_1806

 影取町の名残りの松(左下)を通りすぎ、影取の地名の由来となった池がある諏訪神社(右下)に手を合わせて先を急ぎました。

Img_1808_3Img_1811_3

 横浜市戸塚区から藤沢市に入ってまもなく、旧東海道松並木跡碑(左下)が建っています。その先から始まる遊行寺坂(別名、道場坂)の途中に遊行寺の一里塚(中)(江戸から12里目)と藤沢宿の江戸方見付跡(右下)があります。遊行寺坂は箱根駅伝の中継でお馴染みですね。

Img_1813Img_1818Img_1819

 正式名称、清浄光寺(しょうじょうこうじ)は時宗総本山。今では通称の遊行寺のほうが知られています。時宗宗祖の一遍上人は、「南無阿弥陀仏」の念仏を集団で踊りながら唱和する踊り念仏によって極楽往生に至れる、と大衆に説いて諸国を旅したので、遊行上人と呼ばれました。初代の一遍から4代目に当たる呑海が1325年に清浄光寺を開山したと言われています。

Img_1830Img_1829

Img_1823 夕暮れ時で広々とした境内にはほとんど人影もなく、樹齢700年といわれる大銀杏が静かに堂々と枝を広げていました。富士山のシルエットが夕焼けに浮かんで美しかった。

 遊行寺の門前にある「ふじさわ宿交流館」という資料館は残念ながらすでに閉館していました。境川に架かる藤沢橋の近くには江の島弁財天道標や藤沢宿の案内板がありましたが、辺りはすでに薄暗く、この日の東海道歩きはここで断念しました。次回は交流館見学から始めることにします。

Img_1832Img_1838

 この後、JR藤沢駅まで歩いて、さいか屋内の居酒屋で乾杯しました。三条大橋まで513キロ中、51キロ踏破。ようやく1割歩いたことになります。先は長いけれど、少しずつ進んでいることは確か(笑)。この日の歩数はiPhoneの機種変更で不明ですが、2万歩は超えたようです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その1

061c003006
   広重「東海道五拾三次之内 戸塚(元町別道)」

 先週末、箱根越えをしてきました。その前にこの第5回の記事を仕上げたかったのに、まだ後編の途中を執筆中。とりあえず前編をアップして弾みをつけます。

 2017年1月21日。
JR戸塚駅 13:30集合→お茶:原宿「マクドナルド」→宴会:藤沢さいか屋「花鳥風月」

20161112_2066 この日の記録に入る前に、広重の浮世絵「戸塚」について説明しておきます。浮世絵に描かれた橋は柏尾川に架かる吉田大橋。これは前回、戸塚駅に着く前に渡った右の橋です。タイトルの「元町別道」とは、橋のたもとから分岐していた鎌倉への道のこと。浮世絵に描かれた道標には「左かまくら道」と書いてあります。

Img_1787Img_1788

 この日のスタートは戸塚駅。まず、JR東海道線上の歩行者用デッキを越えます。かつてここには「開かずの踏切」として知られる大踏切がありましたが、2014年にこのデッキが完成し、翌15年には地下車道が開通しました。デッキの下に東海道の説明板が設置されています。

Img_1790Img_1791Img_1792

 線路を越えるとまもなく「内田本陣」「脇本陣」「澤邊本陣」の跡地が続き、戸塚宿の中心部に入ります。戸塚宿は江戸から10里にあたり、1泊目の旅人や鎌倉、江ノ島の参詣客で賑わいました。『東海道中膝栗毛』の弥次・喜多も戸塚に泊っています。

Img_1794Img_1795

 八坂神社と富塚八幡宮。富塚(とみづか)八幡は戸塚の総鎮守で、境内に富属彦命(とつぎひこのみこと)の古墳があると伝えられ、これを「富塚」と呼んだことが「戸塚」の地名の由来とされています(別説あり)。

Img_1796 上方見付跡。江戸方見付から約2.2キロの距離。江戸時代と同じように、京に向かって左に松、右に楓の木が植えられています。


つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

第60回お江戸オフ≪深川≫ その2

こちらの続き)


<津波警告の碑(平久橋詰)>

20161210_170110_0011 説明板によると以下のとおり。「寛政3年9月に深川洲崎一帯に高潮が襲来し、多数の死者、行方不明者が出た。幕府はこの災害を重視して洲崎弁天社から西のあたり一帯を買い上げて空き地とし、東西の端に波除碑を建てた」。石碑はほとんど原形をとどめていません。


<洲崎神社>

20161210_170110_000720161210_170110_0006




 このあたりは元禄時代の埋立てによってできた地で、その海岸の突端に弁天社が祀られたのがこの神社の始まり。当時は富士山、房総、筑波山が見える景勝地で、料亭が並ぶ行楽地でした。 右の写真は、上記の波除碑の片われ。

 この洲崎弁天の北側一帯に幕府が定めた材木置場があり、堀割に囲まれた造成地には材木問屋の邸宅や庭園が並んでいました。これが木場という地名の由来です。下の浮世絵は、広重の江戸百「深川木場」と「深川洲崎十万坪」。深川十万坪は享保年間に埋立てられた新田で、木場の東側に当たります。

Jpegoutput3_3Jpegoutput2_2

 その後1969年に貯木場は荒川の河口に設けられた新木場に移転し、木場の地名だけが残されました。跡地は埋立てられて木場公園などになっています。一方、洲崎地区には明治時代に根津より遊郭が移され、昭和半ばまで吉原と並ぶ遊郭として賑わっていたことを書き加えておきます。

 かつての堀割の多くは埋め立てられましたが、深川地区は現在も大横川、古石場川など川に囲まれて橋の多い土地で、昔の面影がそこはかとなく残っているような気がしました。

20161210_170110_000820161210_170110_001520161210_170110_0005


<繁栄稲荷>

20161210_170110_0004 大丸の創業者である呉服商・下村彦右衛門正啓は寛保3年(1743)に江戸店を開店後、宝暦7年から木場に別荘を所有していました。その一画に伏見稲荷を勧請して祀り、繁栄稲荷と称したのがこの神社の起源です。明治末に一旦閉鎖されましたが、昭和35年に社殿を当地に戻して再建されました。


 この後、地下鉄で内幸町に出て、「近どう」にて恒例のもんじゃ忘年会となりました。楽しく飲み食いし、おおいに盛り上がったことは言うまでもありません。東海道を歩き始めて、大勢で宴会をする機会が少なくなってしまい残念ですが、東海道踏破の目標のためには仕方ないですね。今後もたまにはこうして都内で宴会をする機会を設けたいと思いました。

 2ヵ月以上前の記録なので簡単に終わらせるつもりでしたが、書き始めたら深川の歴史が興味深くかなり長い記事になりました。やっぱり江戸は面白い!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017/02/28

第60回お江戸オフ≪深川≫ その1

 まもなく3月になるというのに、2016年の記録が終わっていません。

 年末のオフは東海道には出かけず、東京を軽く歩いた後、恒例のもんじゃ忘年会になりました。ひさびさにお江戸オフの復活です。2016年12月10日、北風が強く寒い1日でした。

 ちなみに、このブログに第59回オフの記録がないのは、私は途中参加で記事を書いていないため。「お江戸オフ記録帳」のこちらの記事に記録してあります。

 東京メトロ東西線「門前仲町」14時集合→富岡八幡宮→三十三間堂跡碑→深川不動尊→黒船稲荷(鶴屋南北住居跡)→住吉神社→津波警告の碑(平久橋詰)→(深川ギャザリアでお茶)→洲崎神社→繁栄稲荷→「木場」駅⇒「内幸町」駅→忘年会:「近どう 新橋店」17時~
(このコースは元々、雨天で流れた新年会オフ用のもの)

Map
 

<富岡八幡宮>

20161210_170110_0021_220161210_170110_0020_2


 お江戸オフで富岡八幡宮を訪ねたのは第1回第37回に続いて3回目。深川七福神めぐりでも参拝しているので、もうおなじみの場所です。正面の鳥居と伊能忠敬の像の写真はブログ初掲載。江戸時代の測量家・伊能忠敬は深川黒江町(現・門前仲町)に住み、測量旅行の旅立ちの際には必ず富岡八幡を参拝していたことから、平成13年にこの像が建てられました。

20161210_170110_0017 富岡八幡の境内にある八幡橋。元々、楓川の弾正橋として架けられた国産第一号の都内最古の鉄橋。弾正橋が廃橋となり、ここに移設されました。




<三十三間堂跡碑>

Jpegoutput_420161210_170110_0018_2

 江戸時代、富岡八幡宮の東側に、京都の三十三間堂を模した三十三間堂がありました(古地図参照)。規模も本家と同じ、南北66間(約120m)、東西4間(約7m)あり、通し矢が行なわれました。明治初期に廃寺となり破却。右の浮世絵は、広重「江戸百 深川三十三間堂」。

 跡地の碑がなかなか見つからずにうろうろしました。


<深川不動尊>

20161210_170110_0016 何度も訪れているのでウンチクは割愛。






<黒船稲荷(鶴屋南北住居跡)>

20161210_170110_0014 黒船稲荷は、浅草黒船町から移り住んだ住民によって建立された神社。『東海道四谷怪談』などの作者・四世鶴屋南北は晩年、黒船稲荷の境内に居を構え、75歳でこの場所にて亡くなりました。古地図を見ると、境内はかなり広かったようです。




<住吉神社>

20161210_170110_0013_3 江戸時代、この地の南方は海浜で、享保年間に佃島漁民に網干場の土地が与えられ深川佃町と呼ばれました。佃島の住吉神社より分霊して建てられたのがこの住吉神社です。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

第4回 東海道踏破オフ≪保土ヶ谷~戸塚≫ その3

こちらの続き)

 東戸塚から帰るゆれいさんと別れて、三婆は先を急ぎました。すでに4時を過ぎていましたが、この日のゴール戸塚まで歩かなければなりません。福寿観音(左下)を通りすぎ、品濃坂を下りきって歩道橋(中央)を渡り、旧道(右下)に入る頃には日没が迫ってきました。

20161112_295820161112_251020161112_4968

 iphoneに収まっている次の写真はプテラとミニリュウ(笑)。小さな川のそばの住宅街を歩いている途中、レアキャラを捕まえて盛り上がったっけ。赤関橋(左下)を渡る頃には日が落ちて月が出ました。その後は往来の激しい国道一号線をひたすら進むのみ。

20161112_2090_2 20161112_2430_2

 不動坂(左下)の交差点の近くに神奈川名木百選の「益田家のモチの木」があります。暗くて確認できなかったけれど、たぶんこの木(右下)。この付近には護良親王の首洗い井戸があるというので探してみましたが、見つかりませんでした。暗くなっても歩くことはできるけれど、史跡見物は明るいうちじゃない駄目ですね。

20161112_124320161112_2965_2

 いったん国道を離れ、ふたたび戻るとまもなく戸塚宿に入ります。江戸方見付跡、一里塚跡(日本橋より10里)があり、柏尾川に架かる吉田大橋を渡って少し歩くと戸塚駅です。この辺りのことは次回のオフの記事にも書く予定。通りすがりの「はなの舞」で10里越えの祝宴となりました。

20161112_968220161112_3751_2

 Googleマップによる実測では、三条大橋まで513キロ中、約43キロ歩きました。これからはこの数字を追っていきます。この日ののべ歩数24453歩。上がった階数21階。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«第4回 東海道踏破オフ≪保土ヶ谷~戸塚≫ その2 権太坂