« アクセス解析 | トップページ | Amazonマーケットプレイス »

2004/04/12

『ジェシカが駆け抜けた七年間について』(歌野晶午)

ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)
ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)

 昨年の話題作『葉桜の季節に君を想うということ』の著者、歌野晶午さんの新刊です。ちなみにこのサイトの名前は、前作『葉桜の季節に…』から勝手にいただいたものです(詳しくはプロフィール参照)。

 『葉桜の季節に…』のトリックがわかった時は、「え~!!! そうだったの~(@_@)!!!」という感じだったのですが、この「ジェシカが駆け抜けた…」の場合は、「あー、そうなんだー」という感じでしょうか。前作の衝撃が強烈だった分、今回は衝撃や感動が弱かったように思います。「エチオピア時間」が鍵になりそうなことは予想ができましたが、まさかそういうものとは……。ネタばれを避けるために、これ以上は差し控えます。

 ただ、トリックがわかってから、改めてこの小説の構成やタイトルを考えてみると、よくできた小説であることを実感します。そして、ジェシカの生き方に共感し、彼女の夢を応援したくなります。歌野さんの小説はこの2冊しか読んでいませんが、両作品に共通しているのは、トリックの面白さと読後の爽快感。今度はまったく違う種類のトリックで、私たち読者をあっと言わせてほしいです。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)

|

« アクセス解析 | トップページ | Amazonマーケットプレイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/428506

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジェシカが駆け抜けた七年間について』(歌野晶午):

» 歌野省吾『ジェシカが駆け抜けた七年間について』読了 [小人通信]
『ジェシカが駆け抜けた七年間について(ミステリー・リーグ)』オンライン書店bk1 [続きを読む]

受信: 2004/05/02 16:16

» 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ』」 [徹也]
Tompeiさんのブログの由来となったという本。花は散っても桜は桜…… [続きを読む]

受信: 2004/06/20 13:26

« アクセス解析 | トップページ | Amazonマーケットプレイス »