« ブラボー、ピンクレディー! | トップページ | 父性というもの »

2004/04/16

イラク人質解放

 イラクで拘束されていた日本人3人が無事解放されて、ひとまずほっとしました。解放までの経過は不透明でわからないことだらけですが、テロに屈するという形でなく、こうした結末を迎えられてよかったと心から思います。

 一国の重要な方針をテロによって変えることはあってはならない、と私は考えます。正直なところ、自衛隊のイラク派遣そのものの是非については勉強不足でよくわかりませんが、無法な外圧によって仕方なく撤退するのは反対です。とは言っても、人質の家族が助命嘆願のために自衛隊撤退を求めた気持ちはよくわかるし、家族たちのそうした行動を批判することはできません。

 ただ、今回、何となくもやもやしたものが残ったのは、家族の切羽詰った気持ちを煽ったり、貶めたりするメディアの報道の仕方と、それに簡単に影響されてしまう一般市民の受け止め方です。人質とその家族を、悲劇の犠牲者から一転、軽率なお騒がせ者にしてしまうマスコミの怖さを痛感しました。

 最後にもうひとつ。たとえ、志が高邁で本来なら賞賛されるべき行動であっても、こういう事件の危険を伴う地域に入ることはやはり差し控えるべきではないでしょうか? 自分の命がかかっているだけではないのですから。

 残る日本人2人も無事解放されますように。

|

« ブラボー、ピンクレディー! | トップページ | 父性というもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/448154

この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質解放:

« ブラボー、ピンクレディー! | トップページ | 父性というもの »