« 宝塚歌劇――私の好きなもの(3) | トップページ | カテゴリーの変更について »

2004/05/10

母と娘の関係

 昨日は母の日。わが夫婦には子どもがいないので、私はカーネーションをもらう立場にはなれず、いつまでもプレゼントする側のみ。昨日は都合により、実の母にも夫の母にも電話しただけで、来週、それぞれと会う予定です。

 最近、ふとした時に自分の口調が実母と似てきたことを感じて、はっとします。心配性で口うるさい母を鬱陶しく感じていたのに、気がつけば、夫に対して同じような調子であれこれ指図しているのです。ああ、嫌だ! 「母のこんなところが嫌い」と思うところを、結局、そっくりそのまま受け継いでいるのですから……。

 母と娘の関係は実に微妙なものです。思春期以降は、母親としてだけでなく、同性として厳しい目で見るようになり、その結果、批判的になりがちです。まわりの友人を見ても、似たり寄ったりの母娘関係なので、どうやらこれが一般的な傾向のようです。

 私の母は、父が40代で病死した後、女手ひとつで私と弟を育て上げ、77歳の今も現役で働いている元祖キャリアウーマンで、もちろん私は感謝もし、尊敬もしています。でも、その反面、いつもどこかで「母のようにはなりたくない」と思ってきたような気がします。血を引き、性格を受け継いでいるからこそ、かえって反発してしまうのでしょうか。

 もし、自分が娘を持って母の立場になっていたら、何かわかっていたかもしれないと思うと、ちょっと残念です。

|

« 宝塚歌劇――私の好きなもの(3) | トップページ | カテゴリーの変更について »

コメント

Tompeiさん、「母と娘の関係」おもしろく読ませて頂きました。Tompeiさんのお母様はすばらしい方ですね。女手一つでふたりの子供を育て上げられたご苦労は並大抵ではなかったと思います。特に働いている母親が少なかった頃は他のご家庭に比べて寂しい思いをさせているのではないかとずいぶん気を遣われたのではないでしょうか?父親と母親の役割をひとりでされていたのですね。すごいことです。私の母は専業主婦でいつも家におりましたがとにかく厳しくて母とおしゃべりしたり笑いあったりといった思い出はあまりありません。親子でありながら考え方や価値観が正反対だったのです。たまに話しをしても平行線でしたね。結婚して女の子が生まれてからさてどんな母になったものかと子供をあやしながら考えて自分なりに決めたことがあります。子供の前で人のうわさ話や悪口を言わない。子供の前で夫婦げんかをしない。そしてほめることはほめ、悪いところはぴりっとしかること。(長々と責めない)。だったのですがどういう大人になるかはまだ先が見えません。その前に反抗期が来たらどう対処しようかと悩んでおります。「娘を観ると母親がわかる。」なんてよくいわれますが、さすがにどきっとします。ちゃんと一人前にして上手に子離れが出来ればいいですがこれは先の話しですね。

投稿: みかん | 2006/06/20 16:14

>みかんさん

 思えば、母は今の私の年にはすでに夫を亡くし、中高生の子供を抱えて奮闘していたのだから、たいへんだったと思います。私たち姉弟は父親がいない寂しさはあったものの、母が仕事を持っていたおかげでその後もそれほど変わらない生活を送ることができました。でも、私は母とは違って会社勤めをやめた後は仕事を持たない身。このあたりに母娘間の微妙な思いがあるような気がします。

 みかんさんもお母様に対して、いろいろ感じることがあったようですね。親子だからといって、価値観が一致しないところが難しいです。でも、どんな関係からも何かしら学ぶことはあるはず。お母様との関係は、お嬢さんを育てるのに生かされているように思います。

投稿: Tompei | 2006/06/21 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母と娘の関係:

« 宝塚歌劇――私の好きなもの(3) | トップページ | カテゴリーの変更について »