« 「肩のこらない」枕、物色中 | トップページ | アナログ時代の青春 »

2004/06/14

マウナケアの星空

 昨日、府中の郷土の森にあじさいを見に行ったら、併設のプラネタリウムで「天空の天文台・マウナケア」という演目をやっており、あじさい見物もそこそこに星空鑑賞をしてきました。プラネタリウムはかれこれ20年ぶり……こじんまりとしたプラネタリウムでしたが、思いがけずマウナケアでの星空鑑賞をヴァーチャル体験できて、幸せなひとときでした。

 そう……マウナケアの山頂近くで見た星空は、本当にこんなふうでした。3年前のちょうど今頃ハワイ島に行き、「マウナケア山頂での星空鑑賞」というオプショナルツアーに参加したのです。日本のすばる望遠鏡を始め、各国の天文台が点在するマウナケア山頂(標高4120m)まで車で登り、サンセットと星空を鑑賞するツアーでした。

 ビーチから山頂に至るまでにバスから見た雄大な景色、山頂の異次元のような光景、神々しい美しさの夕焼け、降るような星空、そして震えるほど寒かったこと……あの時の素晴らしい体験がよみがえってきました。

 宇宙や星の話には疎い私ですが、そのスケールの前には人間なんて実にちっぽけな存在であることを実感します。同時に、自分が今、ここに生きていることの不思議さも感じます。たまには星空を見上げて、そんなことに思いをはせる時間を持つことも必要かもしれません。それから、せめて東京で見える星や星座の名前くらいは覚えたい!

|

« 「肩のこらない」枕、物色中 | トップページ | アナログ時代の青春 »

コメント

Tompeiさん、こんにちは(^O^)

本当は「肩のこらない」枕についてのコメントを書こうとしたのですが、なぜかコメント欄が表示されません(自宅のPCで見ても職場のPCでも同じ状態ですので、こちらが原因ではないようです。@nifty側のバグかしら?)
「肩のこらない」枕の記事を再度保存し直してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私はビーズ入りの枕を使っています。
ビーズだと自分の頭に合わせて形が変わるので、寝返りをうってもジャストフィットします。
また、横の紐を引くと枕の高さも変えられるので(要は巾着の状態)、イイですよ(^-^)
中のビーズは丸洗いできるので、ダニの心配もありません。

(違う記事のところにコメントしてしまって申し訳ありません。)

投稿: アリス | 2004/06/14 14:36

 アリスさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

 ご指摘どうもありがとう! お忙しいところ、何度も試していただいて恐縮です。さっそく自分でも見てみたところ、やはりコメント欄が表示されない……そこで「ログイン」して該当記事をチェックしてみたら、何故か「コメントを受け付けない」になっていたので(^^;)、訂正して保存しなおしました。何かの拍子にそうなってしまったんだと思います。お手数をかけてごめんなさいね、そして、ありがとうございました!

 ビーズの枕というのものあるんですね。なるほど、確かに自由自在に形が変わりますよね。ビーズ枕もチェックしてみます。情報ありがとう!

 (コメントを移動させようかとも思いましたが、このままにしておきます。)

投稿: Tompei | 2004/06/14 16:18

Tompeiさん、こんばんは(^O^)
バグなどではなくてヨカッタですね。

> ビーズの枕というのものあるんですね。

プラスチック製の丸い玉がコロコロといっぱい入っているものです。
(ウチの枕をお見せできればイイのですが・・・)
ウチのは紐を引いて高さを変えるタイプですが、中に入れるビーズの量を調節して高さを変えるものもあるようです。

Tompeiさんにピッタリの枕が見つかるとイイですね!

投稿: アリス | 2004/06/14 19:05

 アリスさん、おはようございます。

>バグなどではなくてヨカッタですね。

どうもありがとう! お恥ずかしいかぎりです(^^ゞ。

 ビーズ入り枕、ネットで見てきました。見れば見るほど、いろいろな種類があって迷います。実際に一晩寝てみないと、本当の効果はわからなそう。いい枕と出会いたいです(^^)。

投稿: Tompei | 2004/06/15 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マウナケアの星空:

» 天文ニュース/平成16年6月20日号 [宇宙・天文サイト『 A SPACE AGE 』]
 おはようございます、テルテルです。  今週はブラックホール関連の記事が多いです [続きを読む]

受信: 2004/06/20 07:57

« 「肩のこらない」枕、物色中 | トップページ | アナログ時代の青春 »