« 「かなり」おかしいアクセント | トップページ | サムライの妻 »

2004/06/03

ネットのコミュニケーションの怖さ

 まったくもってショックな事件です。小学6年生のクラスメート同士が殺人事件の加害者と被害者になるなんて、誰が想像できたでしょう。しかも、加害者の少女は「殺すつもりだった」と殺意を認めているそうで、何ともやりきれません。原因はインターネットのチャットをめぐるトラブルらしく、パソコンがそんな低年齢まで普及していることを改めて認識するとともに、ネット上のトラブルが殺人にまでつながる怖さとそれが小学生にまで及んだ怖さとをかみしめています。

 われわれ大人にとっても、ネットの世界は何かとトラブルが起こりやすいところです。面と向かって話をする時は、言葉だけではなく、口調や表情で相手の気持ちを読み取ることができますが、ネットや携帯メールでは言葉がすべてなので、思いがけない誤解が生まれがちです。しかも、手紙や交換日記と違って、自分が書いたことをゆっくり読み返す間もなく、リアルタイムに相手に届ける……感情的な言葉がそのまま相手にぶつけられる可能性も高いのです。

 実際、私もネット上のグループのトラブルを経験していますし、自分が絡まないトラブルはいくつか見聞きしました。またある時、時間がないために短文の携帯メールを送った友人から、「何か怒っているのか?」というメールをもらったことがあり、それ以来、(^^)を忘れずにつけるようにしています。

 大人でさえこうした危険があるのに、自己の確立が未熟で、普通のコミュニケーションの方法も十分には身につけていない小学生にとって、危険はますます大きいものになります。だからといって、時代に逆行して、パソコンや携帯を取り上げるわけにはいきません。子どもにネットやメールについて指導する一方、命の重さと尊さをしっかり教え、人間性をより豊かに育てるように、家庭と学校と社会が協力して取り組むことが必要なのではないでしょうか。このような事件が2度と起こらぬことを祈ると共に、被害者のご冥福をお祈りいたします。

|

« 「かなり」おかしいアクセント | トップページ | サムライの妻 »

コメント

おはようございます

このコメントは、もし「気に障られた」なら、すぐに削除なさってくださいね、長いですし^^;

先日のコメントのやり取りの後、実は少なからずショックを受けてまして、しばらく訪問しておりませんでしたが、今朝再びTompeiさんのコラムをいろいろ拝見しておりました。その中で思い当たることがありますのでコメントさせて頂きます。

本コラムの中に、
>>時間がないために短文の携帯メールを送った友人から、「何か怒っているのか?」というメールをもらったことがあり・・・
とありますが、私の場合もまさにそれでした。

頂いた返信コメントが、「・・・うろたえるのは見苦しいとは、私は思いません。どれも人間の姿だと思います。」で終わってますでしょ?
そうすると、とても冷たい印象を受けてしまうのです。
「あなた、そんなことも分からないの?」、と言われているようで。もちろん、そんなおつもりは無くても、返信された方からすれば突き放されたような印象を受けてしまいます。
正直なところ、「どれも人間の姿」はいいとして、「じゃあこの人、こうありたい、とか考えないで生きてる人なのかな」、とも考えてしまいました。
最後にもう一言付け加えるだけでずい分と柔らかくなるものでしょう。
(^^)を付けるのとは別に、ですよ。

Tompeiさんのコラムは本当にキレイで無駄が無い素直な文章だと思います。ひょっとしたら、「その無駄の無さ」が誤解を生んでしまうのかも知れません。ましてや、お互い顔も知らない相手なのですから。

私自身がblogを始めて間もなく4ヶ月になりますが、昨日、どのくらいコメントを頂いたのかな、と数えてみたら500件を超えていました。中には、ルールもマナーも無いコメントもあります。そんな時、有り難いことに、別の読み手さんがフォローしてくださったりします。こちらの心情を理解していてくださるんですね。立場上、私が言えないことを代弁してくださる訳で、これは何より嬉しいものです。
返信コメントを書いていて、自分でも「俺は何て八方美人なんだろ・・・」、と思うこともよくありますが、ネット社会では、それくらいで丁度良いのだと思います。
ちなみに私は、たかだかこれだけの文章を送信するのにも1週間がかりなんです^^;
直後から文章を考え始めて、「書いては消し」を繰り返したり、「やはり送信しないでおこう」、と思い直したり、で。
結局、送ってますが(^^♪

朝から申し訳ありませんでした。
記事もコメントも早朝に書く習慣になってしまっておりまして^^;
失礼の段はどうぞお許しくださいね。では m(__)m

投稿: poohpapa | 2004/06/12 07:01

 poohpapaさん、ご丁寧なコメントをありがとうございました。率直なお気持ちを聞かせていただけたことを感謝します。

 私のコメントによってショックを受けたとのこと、たいへん申し訳ありませんでした。もちろん、こちらにはそんなつもりはありませんでしたが、あの文面から「突き放された印象を受けた」というご指摘はよくわかりました。確かに、私が反対の立場でも、そう感じたかもしれません。気をつけているつもりでも、こういうミスをして、ほかの方の気分を害してしまうことを我ながら情けなく思うと同時に、ネットの怖さを身を持って感じています。

 1週間も悩ませて、ごめんなさいね。poohpapaさんが「もうこのブログはこりごり」と黙って去っていかなくてよかったです(^^)。苦言はできれば言わずにすませたいものですよね。

 記事にしても、コメントにしても、書かれた文章がすべて……「そこまで書かなくてもわかってくれるだろう」とか「あとは察してほしい」という甘えは禁物、とあらためて肝に銘じています。それに、時間や心に余裕がない時は無理に書かないことですね。それでもまた、何かしでかすこともあろうかと思いますが、その時は遠慮なく言ってくださいませ。

 ブログを始めて2ヵ月と少々、ちょっと慣れてきたところで、こういうコメントをいただき、気持ちを引き締めることができてよかったと思います。正直言うと、かなりへこんでいますが、何とか前向きにまいります(^^)。

 これにこりずにお付き合いいただければ嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Tompei | 2004/06/12 09:25

ご丁寧に有り難うございました。

正直なところ、私も毎日毎日がとても恐いのですよ。
ひとつのコメントを全部読み終えるまで、それはもう^^;

とくに、私のコラムは「独善的にモノを言い切っている」文章なので、逆にコメントの返信はできるだけ『優しい口調の文面」になるよう心がけています。それでも離れていかれたら、それはもう仕方ありませんね、寂しいですけど。

私が、Tompeiさんのコラムを読まなくなることは有り得ませんよ。だって、勉強になるんですから、本当に。それより、本来のTompeiさんの姿が、私が思っていた通りの方でホッとしました。

私も肩の荷を下ろした心境ですので、どうぞTompeiさんももう気になさらないでくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。それと、このコメントには返信は不要です^^;

どうも有り難うございました。

投稿: poohpapa | 2004/06/12 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/703305

この記事へのトラックバック一覧です: ネットのコミュニケーションの怖さ:

» 小学6年生の殺人事件、非常に残念な結果ですが [パソコン日記]
小学6年生の殺人事件、非常に残念な結果ですが残念ながら、今の子供特有の環境も大きく影響していたようですね。単なる喧嘩の延長で起きた事と願っていたのですが、計画性... [続きを読む]

受信: 2004/06/03 15:37

» ネットの書き込みがトラブルに? [dress-up-smartly]
昨日の事件、“HP書き込み”で呼び出す ホームページへの書き込みでトラブルか  [続きを読む]

受信: 2004/06/04 19:46

« 「かなり」おかしいアクセント | トップページ | サムライの妻 »