« 香水ぷんぷん女  | トップページ | 『輪違屋糸里』(浅田次郎) »

2004/06/05

おひとりさま

 実家の母が77歳にして初めて一人で旅に出ました。といっても、新聞社主催の「万病に効く温泉」ツアーに参加するようで、厳密には一人旅とは言えませんが、一人で旅先に泊まるのは生まれて初めてだそうです。ちなみに、母はふだん一人で出歩くのは平気な人で、都内なら買い物も観劇も一人でも出かけていきます。

 私は、一人でホテルに泊まるのはまったく平気……さすがに旅館に泊まるのは気が進みませんが。一人で宿泊する時のちょっとした緊張感と、部屋での解放感とのギャップがたまりません。ただ、一人旅の場合、食事をする飲食店が限られてしまうのが残念。どうしても、「おひとりさま」でも気軽に入れそうなカジュアルなお店になってしまうのです。

 それは旅先だけでなく、都内の外出の場合も同じ。一人の時は、食べたいものよりも、「おひとりさま」を歓迎してくれそうなお店を選んでしまいます。デパートのレストラン街のお店は比較的一人でも入りやすいので、利用することが多いです。お昼時から午後にかけては、主婦の買い物客の「おひとりさま」が結構いるので、落ち着かない思いをしなくてもすみます。

 バーのカウンターで一人でグラスを傾けるのが似合う大人の女性になりたい、と若い頃思っていました。その思いは実現しそうにありませんが、せめて「おひとりさまですか?」の問いかけに気後れしない女になりたいものです。

関連記事:
おひとりさま・3題(2004年7月3日)


|

« 香水ぷんぷん女  | トップページ | 『輪違屋糸里』(浅田次郎) »

コメント

バーのカウンターに1人の女性が…
まるで小説か映画のワンシーンのようで良いですね
そんな女性を見かけることがあれば
絶対に見過ごすことはしないつもりですが(笑)
なかなか会えませんね
旅館は1人は不都合の方が多いようですね
ホテルでルームサービスを。
夜景を見ながら、グラスを傾けるのも
それも良いかもしれませんね

投稿: hirose | 2004/06/05 12:53

 はじめまして、hiroseさん。

 そうですね、小説や映画の中だけかもしれませんね。黒木瞳なんかが一人でカウンターに座っていたら絵になりそうですが、ふつうのおばさんではね……。一人でいても、背筋がピンとしていて、もの欲しそうではなく、自分の世界を持っていそうに見える女性にあこがれます。

 ルームサービスを頼んで、一人夜景を眺める……おお、ロマンチック! パークハイアットあたりがいいかな(^^)。

投稿: Tompei | 2004/06/05 22:00

おはようさんです
大人の会話を楽しむか、それとも下心ありありなのか
バカな男次第ですね きっと…(笑)
パークハイアット(* ̄0 ̄*)ノ オォー良いホテル
夜は、やはりワインのロゼあたりでしょうか?
いや、シャンパンの向こうの夜景を一息に飲むのも…
精神的にも格好のよい大人になりたいものですね(笑)

投稿: hirose | 2004/06/06 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/715015

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま:

» おひとりさま [ るる☆女を語ってみました。]
いま、「おひとりさま」ブームです。 たとえ休みの日でも、誰かと一緒だと、時間、お金、都合、行きたい場所、やりたい事など、どこかで譲歩しなければならない。しかも、和を乱さぬようにと、いらぬ気まで使ってしまう。 これでは、くつろげない。 時間を自分のために使いたい。自... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 18:07

« 香水ぷんぷん女  | トップページ | 『輪違屋糸里』(浅田次郎) »