« どうしたら雅子さまを救えるか | トップページ | 蚊にさされやすい体質 »

2004/07/03

おひとりさま・3題

 先月、「おひとりさま」という記事をアップしましたが、あれから、勇気がわく「おひとりさま」話を2つ聞きました。昔の話も加えて、3つ披露します。

【おひとりさま海外旅行】
 小学校時代の友人Aは、昔からベルギーにあこがれ、「いつかベルギーに行きたい」と夢見ていました。フランスやイタリアではなくベルギーというのが印象的で、何年も前に聞いた話を記憶していたほどです。そのAは今年、ついに長年の夢を実現させました。初めての海外旅行、しかもひとりでツアーに参加して! 大学、高校、中学に通う3人の子どもたちにひとりずつ承認を得てから、ご主人に話を切り出したそうです。ご主人は「一緒に行こう」と言ってくれたそうですが、あえて一人旅を断行したとか。なんて、かっこいい! 近々、彼女と会う予定なので、詳しい話を聞くのが楽しみです。

【おひとりさま野球観戦】
 ミーハー仲間の友人Bは、昨年あたりからプロ野球、中でも阪神にのめり込み、今シーズンから金本のファンになりました。そのBは先日、なんとひとりで東京ドームに乗り込みました! 観劇や映画鑑賞ならともかく、野球観戦はひとりでは面白くないと尻込みするのが普通ではないでしょうか。しかし、彼女は途中で応援のメガホンまで購入し、ごひいきの金本のホームランに黄色い声援を送ったそうな……す、すごい! のめり込むタイプとは知っていたけれど、まさかそこまでとは……。その後、Bに会ったら、「本当は甲子園に行きたかったんだけど、我慢したのよ」と涼しい顔で言っていました。

【おひとりさま温泉旅行】
 これはちょっと古い話。小学校の教師をしている幼なじみの友人Cはある年、受け持ちのクラスに、扱いの難しい女の子がいてたいへん苦労しました。優秀なベテラン教師の彼女がノイローゼ寸前になるほどで、とにかくつらい1年だったとか。6年生の担任だったCは、卒業式の日にそのクラスを送り出した後、ひとりで学校からそのまま温泉に直行したそうです! そして、温泉につかって1年分の心身の垢を洗い流し、旅館の美味しい食事を堪能し、翌日さっぱりして夫や子どもの待つ自宅に戻ったと言います。事前に旅行会社で「おひとりさま可」の旅館を予約しておき、それを楽しみに卒業式まで踏ん張ったそうです。

 いずれも40代の女性、3人とも家族思いのよい母親でありよい妻です。たまにはこんな「おひとりさま」の時間を持つことも必要かもしれませんね。「おひとりさま」の時間は素の自分と向き合う時間と言えそうです。

|

« どうしたら雅子さまを救えるか | トップページ | 蚊にさされやすい体質 »

コメント

こんにちは、涼です。

3題ともいいですねぇ。
いつか一人で日本旅館へ泊まりたいものと狙っています。
野球観戦は意外と平気。球場での一体感のようなものがあるからじゃないかな。
海外の場合は、さすがにツアーでなきゃ 一人では心配ですね。

投稿: | 2004/07/03 12:27

 涼さん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

 私は今のところ、海外も野球も温泉もひとりで行かれそうにありません。と言いつつ、某コンサートにはひとりで出かけ、ペンライトを振ったりしているのだけど(^^ゞ。要は、本当にやりたいことならひとりでも平気、ということかしら。

投稿: Tompei | 2004/07/04 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/892186

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさま・3題:

» おひとりさま [ るる☆女を語ってみました。]
いま、「おひとりさま」ブームです。 たとえ休みの日でも、誰かと一緒だと、時間、お金、都合、行きたい場所、やりたい事など、どこかで譲歩しなければならない。しかも、和を乱さぬようにと、いらぬ気まで使ってしまう。 これでは、くつろげない。 時間を自分のために使いたい。自... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 18:04

« どうしたら雅子さまを救えるか | トップページ | 蚊にさされやすい体質 »