« 尾張町の交差点 | トップページ | 第九の練習開始 »

2004/09/09

幸水と豊水

 昨日、梨をいただきました。大玉の豊水――果肉が柔らかめで、やや酸味がある美味しい梨でした。けれども、私はどちらかと言えば、幸水のほうが好み。幸水のシャキシャキ感とみずみずしい甘さが好きです。

 日本では現在、幸水と豊水が梨全体の収穫量の6割以上を占めているとのこと。とくに、関東近県で生産される梨のほとんどは、このいずれかのようです。したがって、東京のスーパーなどで山積みされて販売されている梨の大半は、収穫時期によって、幸水か豊水ということになります。

 実は、少し前に、"リヴァイアさん"さんのブログで「二十世紀について思う……」(注:"二十世紀"とは梨の品種のこと)という記事を読んで興味をそそられて以来、スーパーやデパートの果物売り場で二十世紀を探してみるのですが、スーパーではあまり見かけません。あったとしても、冷蔵棚に申し訳程度に置いてあるのみ。さすがにデパートでは、立派な二十世紀が"立派な"お値段で売られています。二十世紀の産地の鳥取に近い関西方面では、だいぶ事情が違うようで面白いですね。

 また、かつては梨の定番だった長十郎は近ごろ、まったくお目にかかれなくなりました。昔は梨といえば、硬くて甘い長十郎をシャキシャキではなくガリガリかじったものです。ちょうど今の季節に秋祭りがあり、山車を引いたり、お神輿をかつぐと、よく長十郎が配られました。

 幸水と豊水のシェア拡大からわかるように、梨は柔らかくて甘いものが好まれるようになっているようです。いや、柔らかくて甘いものが好まれるのは梨に限ったことではありません。柿もしかり、りんごもしかり。どれも口当たりがよく美味しいことは確かだけど、たまにふと、昔の味を食べてみたくなるのは不思議なものです。

|

« 尾張町の交差点 | トップページ | 第九の練習開始 »

コメント

長十郎・・・忘れていました。^_^;
そうでしたよ、あんなにいっぱい食べたのに、ごめんなさい。

果物も野菜も昔と味が変わってきましたよね。
(なんて言ったら、歳を感じますが)

最近の梨はあまりに甘味が多いせいか、傷みが早くて。
先日夫の実家から大量の梨を頂いたのですが、近所に配っても、毎日頑張って食べても、やはりいくつか腐らせてしまって、もったいないことをしてしまいました。(>_<)

投稿: (^o^)丿mee | 2004/09/09 12:48

>meeさん

 こんにちは(^^)。

 そうそう、果物も野菜もそれぞれの個性が弱まってきた気がしますね。昔はもっと"味が濃かった"ように思います。

 生もののいただき物は嬉しいけれど、何だか気忙しい……「早く食べないと悪くなっちゃう」と焦ります。食べられる量には限度がありますしね。

投稿: Tompei | 2004/09/09 15:43

Tompeiさん、こんばんは。
シャキシャキとしたみずみずしい梨が大好きです!
今のはやわらかいんですか?
実家にいた時は良く母が出してくれたのですが
今は自分で買うこともなく、だいぶ長い間食べていません。
シャキシャキ梨食べたいな~

投稿: ノロイ | 2004/09/09 21:14

>ノロイさん

 こんばんは(^^)。

 ノロイさんは、硬い長十郎(名前からしてレトロ)をご存知ない? ということは、若いのですね~(^^)。うらやましい! この機会にぜひシャキシャキ梨を召し上がってね。

投稿: Tompei | 2004/09/09 23:22

Tompeiさん、こんにちは。
いえいえ、私全然若くないです。普通です。(笑)
家では包丁も握ったこともなかったので
母がむいて出してくれるのを食べるだけだったんですよ~
だから名前を知らないだけだと思います。
果物生って好きではないのであまり食べないのですが
冷やした梨は大好きです。

投稿: ノロイ | 2004/09/10 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/1394969

この記事へのトラックバック一覧です: 幸水と豊水:

» 秋はやっぱり、梨。 [新・東京お買い物blog]
豊水梨、届く。 通販生活の今年最後の旬の味である。 ぶどうに続いて梨が来ると、すっかり秋だなあと感じる。 私は梨にはあまり詳しくないので、豊水と幸水の違いがわ... [続きを読む]

受信: 2004/09/21 23:45

« 尾張町の交差点 | トップページ | 第九の練習開始 »