« ショーケン(萩原健一) | トップページ | 痴呆の検査 »

2004/11/11

ジュリー(沢田研二)

 ショーケンについて書いたので、この機会にジュリーのことも書いておきます。何を隠そう、ジュリーは、私のミーハー遍歴の最初の男性スター(^^ゞ。と言っても、小学生時代のことですから、生のジュリーを見に行けるわけもなく、テレビを見て、雑誌の切抜きを集めるのがせいぜいでしたが……。

 甘いマスクのジュリーが、甘い声でのびやかに歌うタイガースの歌の数々が大好きでした。『モナリザの微笑』『銀河のロマンス』『青い鳥』『君だけに愛を』などなど、いい歌ばかりでした。トッポ(加橋かつみ)がソロをとった『花の首飾り』や『廃墟の鳩』も好きだけど、やっぱりジュリーあってのタイガースです。

 GS(グループサウンズ)全盛時代の一番人気がタイガースのジュリーで、GSの象徴的存在でした。それだけで終わらず、ソロ歌手として再デビュー後、沢田研二の黄金時代を築いたのがジュリーのすごいところ。レコード大賞受賞曲『勝手にしやがれ』をはじめ、ヒット曲を連発して、戦後の昭和を代表する国民的なスターになりました。

 当時は、ほかの歌手に入れあげていましたが(^^;)、ジュリーの歌は好きで、コンサートに行ったこともあります。ジュリーと言えば、奇抜な衣装やメーク、派手なパフォーマンスの印象が強いけれど、個人的には『君をのせて』『あなたへの愛』のような地味めの歌が好きです。と言いつつ、『勝手にしやがれ』『危険なふたり』『TOKIO』などは、今でも振り付きで歌えそう。

 10年前に『ザ・近松』というミュージカルで、ひさしぶりに生のジュリーを観ました。ジュリーがお目当てと言うわけではなかったのですが、歌声は健在でとても嬉しかったことを思い出します。ただ、ちょっと(かなり)太られましたね。

 今年のスケジュール表を見ると、全国各地をまわってコンサートを行なったほか、長期の舞台出演もあり、かなり忙しそうなようす。テレビには登場しないけれど、ご本人としては充実した日々を送っているのでしょう。今度、機会があったら、コンサートに行ってみようかしら。

ロイヤル・ストレート・フラッシュ
ロイヤル・ストレート・フラッシュ
ロイヤル・ストレート・フラッシュ 2
ロイヤル・ストレート・フラッシュ 3

沢田研二という生き方
沢田研二という生き方

|

« ショーケン(萩原健一) | トップページ | 痴呆の検査 »

コメント

Tompeiさん、こんにちは。

私もジュリー、好きでした。
特に「時の過ぎゆくままに」が大好きで、あの色っぽい目にぽーっとなっていました。
15年ほど前に発売になった、沢田研二A面コレクション三枚組CDも持っています。

ちなみに、ソロの全盛期の頃、私は小学校の低学年。早熟、だったのでしょうか・・・。

投稿: Kako | 2004/11/11 16:38

ソロの頃のジュリーの下敷き持っていました(笑)
「君をのせて」いいですよねー。私も大好きです。
現在はこの曲名だと「天空の城ラピュタ」の歌のほうが有名ですが(ちなみにあの曲も好きです^^;)

あとは「胸いっぱいの悲しみ」「コバルトの季節のなかで」が
何と言ってもお気に入りです♪

投稿: マージ | 2004/11/11 22:41

 Kakoさん、マージさん、こんばんは。お二人ともジュリーがお好きだったんですね(^^)。いろいろな歌を思い出していたら、すごく聴きたくなってきました。

>Kakoさん

 小学校の低学年で、『時の過ぎゆくままに』がお気に入りとは、かなりおませですね(^^)。ということは、タイガースの頃は、Kakoさんはまだ生まれていなかったということ? 随分、タイムラグがあるわけですね(^^;)。世代を超えて、お付き合いしてくださいね!

>マージさん

 『コバルト…』は何となくわかるけれど、『胸いっぱい…』は残念ながら思い出せません。マージさんも、さりげないバラード系の歌がお好みみたいですね。ジュリーの声って、そういう歌に合いますよね。

 下敷きと言えば、大学ノート大のクリアケースにヒデキの切抜きを入れていました(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2004/11/11 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュリー(沢田研二):

« ショーケン(萩原健一) | トップページ | 痴呆の検査 »