« ジュリー(沢田研二) | トップページ | 国番号と市外局番 »

2004/11/12

痴呆の検査

 義父母が痴呆の検査を受けてきたらしい。と言っても、二人ともその症状があるわけではなく、義母(75歳)が別件で病院に行った時に「ついでに、脳と痴呆の検査もしておきましょう」ということになり、義父(83歳)も「ぜひ私もお願いします」と便乗したようです。

 義父が"得意気に"報告してくれたところによると、「まず、年齢を聞かれて、今日は何月何日か、ここはどこか、と質問されるんだよ」。どうやら、「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」のようです。「103から7を順番に引いた」とか「しばらく絵を見てから、それについて質問された」とか「五角形の中に五角形を書かされた」などと言っていたので、少々違う点もありますが、長谷川式を応用したものでしょうか。

 その他、歩かされたり、目を閉じて片足で立たされたり、運動能力のチェックもあったそうです。当然ながら、結果は二人とも「とくに異常なし」。脳のCTを済ませた義母は、「年相応の老人斑はありますが、別に問題はないでしょう」という診断だったようです。

 痴呆の老親の介護で苦労している友人もいるので、親たち(実母も含む)にその兆候がないことは、本人にとっても、家族にとっても、幸せでありがたいことです。とは言え、何があっても不思議ではない年齢になっていることは確かなので、それなりの覚悟をしておく必要はありそう。そのうえで、自由で気ままな今の生活を、感謝しながら大切に過ごしたいと改めて思うのでした。

|

« ジュリー(沢田研二) | トップページ | 国番号と市外局番 »

コメント

こんばんは^^

お義父様、お義母様、異常がなくてよかったですね~。
最近物忘れの激しい私は自分が検査してもらいたい(^^)

最近は友人と話をしていても介護の話が多いです。
どうも最初は欝状態になって、やる気がなくなり、
外出が嫌になり、痴呆になる方が多いようです。

面倒をみていらっしゃる方は本当に大変なストレスです。
うちもこうしてのんびりできるのは親が元気でいてくれるからだといつも感謝しています。

投稿: ぶんぶん | 2004/11/12 18:58

>ぶんぶんさん

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 私もね、人の名前が出ないことがしょっちゅうで、危ない気がしています(^^;)。

 そうそう、同年代の友人と会うと「親の病気や痴呆」の話題がよく出るようになりました。それだけ、年を取ったということですよね、親はもちろん、私のほうも。

 親たちにはずっと元気でいてほしいけれど、"ずっと"ということはありえないわけで、そう考えると切ないですね。

投稿: Tompei | 2004/11/12 20:34

 こんにちは ガチャ♪Ю-(^O^ )オジャマシマース

 我が家も他人事ではないのです。幸い義父母、父母共に
まだ健在で老夫婦の生活を楽しんでいる様子ですが、tompei
さんが言われるようにそれなりの覚悟をしておく必要ありますよね。特に私は一人っ子なのでその重責が私ひとりの肩にかかっています。
今は親たちの健康に感謝しながら、自分の健康にも気をつけて(私が倒れたらそれこそ大変)過ごしていこうと思います。
 絵文字を覚えたので使いたくて(^-^)目障りだったらゴメンナサイ。

投稿: kao | 2004/11/13 13:23

>kaoさん

 こんばんは(^^)。

 kaoさんは一人っ子なんですね。ま、先のことをあんまり心配してもしょうがないけれど、心の準備は必要ですよね。自分も親もどんどん年を取っていくわけだから。そんなことをまったく考えなくてよかった頃に戻りたい、と思うことがあります。

投稿: Tompei | 2004/11/13 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/1939736

この記事へのトラックバック一覧です: 痴呆の検査:

« ジュリー(沢田研二) | トップページ | 国番号と市外局番 »