« 街はもうクリスマス | トップページ | 『最後の言葉』(重松清・渡辺考) »

2004/11/22

「シシリア」(銀座店)

 日曜日の夕方、軽めの夕食をとるのに、ひさしぶりにイタリア料理の「シシリア」に行きました。このお店、銀座の雑踏から離れた電通通り(今は「西銀座通り」と言うらしい)にあるのにいつも混んでいるのですが、昨日は時間が早かったせいか、待たずに入れました。

 地下にある穴倉のような薄暗いお店で、時代に取り残されたような雰囲気。メニューも味も昔から変わらず、昭和のかおりを今なお伝えています。洗練されたお洒落なイタリア料理店が続々オープンし、中には消えていくお店もある中、変わらずに生き残っているのは、根強いファンが多いからでしょうか。

 名物の四角いピザやパスタの単価が7~800円台とリーズナブルなのも魅力的。ただし、量は多くないので、男性ならピザとスパゲティと両方食べられるかも? "すごく美味しい"とは言えないけれど、たまに食べると"妙に美味しく"、コストパフォーマンスの点でも満足できます。

 六本木の交差点に「六本木店」があり、そちらにも何度か行ったことがあります。やっぱり、地下の穴倉のようなお店。きっと変わっていないのでしょうね。

|

« 街はもうクリスマス | トップページ | 『最後の言葉』(重松清・渡辺考) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/2032211

この記事へのトラックバック一覧です: 「シシリア」(銀座店):

« 街はもうクリスマス | トップページ | 『最後の言葉』(重松清・渡辺考) »