« 2004秋の京都(その1・お寺) | トップページ | 2004秋の京都(その2・グルメ) »

2004/11/29

洋装の土方さん

 大河ドラマ『新選組』はいよいよ大詰め……あとは近藤、土方、沖田の3人の最期を見届けるだけかと思うと、切なさと寂しさでいっぱいになります。昨夜放映分の「もうあの時代には戻れない」という近藤局長の言葉が胸に迫りました。

 そんな中、土方ファンの最大のお楽しみ"洋装姿"がお披露目されました。おお、本物の土方さんにそっくり! 髪型が例の写真と同じせいもあるけれど、顔つきや雰囲気まで似ています。土方さんも草葉の陰で満足しているに違いありません。いや、「俺のほうがもっと格好いい」と言っているかも?

 でも、実を言うと……山本土方は本物にそっくりではあるけれど、想像していたより興奮度が低い。舞台『燃えよ剣』の上川土方の洋装姿にはもっとときめいたのに……。とにかく、洋装の土方さんはすべてがカッコよくなくちゃダメ(妄想が入っています)。結婚した元カノを呼び出したりするもんですか……まして、説教されて動揺するなんて(怒!)。

 洋装の土方には、ラストサムライの美学を貫いて、思いきりカッコつけてほしいのです。気障な台詞をぼそっとつぶやいて、くらくらさせてほしい(^^ゞ。お願いしますよ、三谷さん。と言っても、もう撮影は終わっているわけだから、あとは三谷さんの土方像を拝見するだけですが。

 それにしても、山本耕史を土方役に抜擢したのは大正解でしたね。山本くんの外見と内面のギャップが土方歳三に通じるものがあり、それを見抜いた三谷さんの英断に拍手を送りたいと思います。あと数年したら、もっと大人の男の色気が出て、洋装姿にも+αが加わりそう……その頃、『燃えよ剣』の土方を演じてくれないかしら。

|

« 2004秋の京都(その1・お寺) | トップページ | 2004秋の京都(その2・グルメ) »

コメント

こんにちは。
京都の旅、お天気に恵まれてよかったですね。
旅行記の続き、楽しみです。

ところで、

>結婚した元カノを呼び出したりするもんですか……まして、説教されて動揺するなんて(怒!)。

激しく同意!です~!!!
しかも、それほどビックリするような内容を言われてるとは思わなかったんですけどね。
(判ってくれていると思ってた相手にいきなり非難されたから?)
そのくらい覚悟の上でやってたんじゃないの~!って、思わず胸倉掴んでガクガクしてやりたくなりました(怒)

あと2回、土方はどこまで描かれるのか判りませんが根性入れなおしてツッパリ通してほしいものです。

-------------

勝役の野田秀樹、巧いですね~。
視線とか、間とか、口調の変化とか…。
改めて見せ付けられた気がします。
今更ながら、もっと出て欲しかった!

投稿: tako | 2004/11/29 12:46

>takoさん

 こんにちは。

 同意していただいて、嬉しいです(^^)。どうせなら、土方の帰京を知ったお琴が人目を忍んで会いに来たという設定にしてほしかったですよね。そこで、土方が思わず弱音を吐くと、お琴にたしなめられるとか……あ、そんな小説がありましたっけ。

 そうそう、野田秀樹はさすがでしたね。新選組を邪魔に思っているんだけど、近藤のことは人間的に理解しているあたりがよく出ていました。

 それと、オダギリ斎藤一のいきなりの熱血ぶりが意外でしたね(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2004/11/29 16:47

Tompeiさん、新撰組の中で洋装が一番似合ってばっちり決まっているのはやはり土方歳三ですね。残っている写真を見てもかっこいいです。「天まであがれ」でも作者の木原敏江さんが特に力を入れて書かれていたように思います。ある本で読んだのですが、土方歳三は子供の頃洋服や(仕立てや)に奉公に出されていたためか、洋裁全般が得意でその腕はプロ並みだったそうです。新撰組に入ってからもボタン付けやら繕い等はは人任せにせず自分でやっていたとか。一見クールなようで意外な一面があったようです。

投稿: みかん | 2006/10/22 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋装の土方さん:

« 2004秋の京都(その1・お寺) | トップページ | 2004秋の京都(その2・グルメ) »