« 「グラマシーニューヨーク」と「キース・マンハッタン」 | トップページ | 開戦ドン »

2004/12/08

なつかしのドラマ『ありがとう』

 最近のグリコのおまけは、どうやら私の世代を狙っているらしい。北海道・東北で先行販売のタイムスリップグリコ「思い出のマガジン」シリーズについて、さっそくマージさんや惑さんが取り上げていらっしゃいます。そういえば、グループサウンズ編」というのも出ていましたっけ。おじさんやおばさんが懐かしがって大人買いするのを見越しているんですね。

 歌本つきの「平凡」、ああ、なつかしい! 昭和47年(1972年)と言えば、堺正章さまにはまっていた時期で、毎月欠かさず「平凡」と「明星」を買っていました。その後、ヒデキに心変わりしてからも(^^ゞ引き続き愛読していました。当時、せっせと集めた切り抜きは、実家の押入れで眠っているはずです。

 さて、本題。惑さんの記事の中に、ドラマ『ありがとう』の収録風景のイラストがアップされていて、これがまた非常になつかしい! 『ありがとう』は、水前寺清子主演のホームドラマで、1作目は婦人警官、2作目は看護婦、3作目は魚屋のシリーズが放映されました。なかでも、1972年放映の看護婦シリーズの人気は高く、最高視聴率56.3%を誇るおばけ番組でした。

 看護婦の新(あらた・水前寺)とその母親(山岡久乃)の軽妙なやりとりが楽しく、新が思いを寄せる十(つなし)病院の虎之助先生(石坂浩二)とのロマンスのゆくえにやきもきさせられたものです。脇を固めていたのも、児玉清、井上順之(現在は順)、山本学、佐良直美、大空真弓、沢田雅美、小鹿みきなどの豪華なメンバー。「♪さわやかに恋をして さわやかに傷ついて さわやかに泣こう…」という主題歌も大好きでした。

 これは脚本・平岩弓枝、石井ふく子プロデュースによる作品で、同じTBSの水曜ドラマにおける久世光彦、向田邦子作品といい意味で競い合っていたように記憶しています。この『ありがとう』は私にとって、『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』と並んで、なつかしのホームドラマベスト3です。

|

« 「グラマシーニューヨーク」と「キース・マンハッタン」 | トップページ | 開戦ドン »

コメント

「ありがとう」ずっと見てました。
私も「看護婦編」が一番記憶に残ってますね(^^)
けっこう石坂浩二が好きだったので
チータのファンには悪いけど
「もっと美女を相手役にすればいいのに…」と
内心ひそかに思っていたもんです(笑)

投稿: マージ | 2004/12/08 17:01

>マージさん

 こんばんは。

 石坂浩二ファンだったんですね。「私が相手役をやりたいわ」とは思わなかったのですか?(^^)  今突然思い出したのですが、石坂浩二って、「さよならをするために」の作詞をしたんですよね。多才な人ですね。ドラマでは、トラ先生と、『天と地と』の上杉謙信が印象に残っています。

投稿: Tompei | 2004/12/08 21:05

そうそう、さわやかに~♪でしたね。堺正章をさがしたら見開きで「は~い!ただいま」という吉永小百合さんと夫婦役で共演している番組の紹介記事が出ていました。記憶にありますか?由紀さおり、西真澄、奈良富士子さんが共演していたそうです。僕は全然知りませんが。

投稿: | 2004/12/09 00:12

>惑さん

 「はーい!ただいま」、知ってます知ってます!v(^^) 「時間ですよ」の後にやっていた水曜ドラマで、上野駅の近くの旅館が舞台でした。「♪どこから来たのか、君と僕…」という主題歌だったはず。このドラマ、あんまりヒットしなかったけれど、私は結構好きでした。

 ああ、なんで、この頃のことはこんなに覚えているんだろう?(^^ゞ

投稿: Tompei | 2004/12/09 00:34

初めまして。書き込み有難うございました。

「悠木千帆」に関する記事に書き込み戴いたので、トラックバックさせて戴いた記事にレスを付けさせて戴こうと思ったのですが、「ありがとう」という記事タイトルに激しく反応してしまって(^o^;;;。

このドラマも大好きでした。チーターと山岡久乃さんとのカラッとした、でも時にはシンミリさせられる親子関係や、兵ちゃん(石坂浩二さん)とのロマンスにヤキモキしたり。脇を固める役者さんも個性派揃いで、正にファミリー・ドラマという感じでしたね。

一昨年だかに、西友のCMで「ありがとうの歌」が使われていましたが、非常に懐かしく嬉しかったです。そう言えば、だいぶ前にあの歌の作詞者は「うちのお父ちゃんが」で有名だった大屋政子さんがペンネームを使われていたというのを本で目にしました。明るく振舞う裏側で、私生活では人を恨む一生だったという大屋さんの話を自叙伝(?)で読んだので、「ありがとうの歌」というのも皮肉だなあと思ったのですが、その後、検索等してみたのですが、どうやら間違った情報の様でした(^o^;;;。

書き込み戴いた件ですが、悠木千帆(樹木希林)さんは、「時間ですよ」にも出ておられましたね。個人的には、”テラカン”の印象が強いので、その記憶が抜け落ちていました。あの頃は未だ20代とは本当に驚きですね。

ところで、御名前がTompei様という事でしたので、てっきり「ヘイ・ユウ・ブルース」の左とんぺいさんから取られた御名前かと思ったのですが、違ってたみたいですね(^o^;;;。

これからも宜しく御願い致します。

投稿: giants-55 | 2005/02/10 01:55

>giants-55さん

 こんにちは。ご丁寧なコメントをありがとうございました。

 大屋政子さん……なつかしいお名前ですね。そんな情報があったとは面白い!

 「なつかしのドラマ」にトラックバックやコメントをいただいたのをきっかけに、『寺内貫太郎一家』の記事を書いてみました。「悠木千帆は生きていた!」にトラックバックを送らせていただきました。

 松井選手のファンですね(^^)。私も巨人ファンですが、原監督解任以来、熱が冷めています。

 こちらこそどうぞよろしくお願いします!

投稿: Tompei | 2005/02/10 11:51

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
大空真弓さんが出ている昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007/01/30 19:07

>kemukemuさん

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 さっそくブログを拝見しました。昔の広告、面白いですね! さすがの私も知らないもののほうが多かったです。

投稿: Tompei | 2007/01/31 18:17

ありがとう・看護婦シリーズは、わたしも好きです・男性、45ですが、カラオケで歌いますよ!
再放送・TBS・午後2時05分〜・山岡さんも乙羽さん、河内さん・他。合掌!
いいドラマでしたね!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/07/27 21:26

>昭和懐古録さん

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 再放送? CSかしら? 45歳というと、当時はまだ小学生だったんですね。本当に豪華なメンバーでしたよね。いい時代でした。

投稿: Tompei | 2008/07/28 16:31

TOMPEIさんへ
はじめまして。
タイムリーでは見てなくて録画してました!
いまは夜勤してますが昼間の仕事でテープが中に入ってなかったのが、5、6回あります!がっくり!
DVD出たら購入したいですねぇ
平岩弓枝さんの小説には、ないんですよね!    龍、虎、辰の父親の清水さんも、だいぶ前に、御亡くなりになったんですね!
合掌

投稿: 昭和懐古録 | 2008/07/29 22:45

>昭和懐古録さん

 十病院の院長は伊志井寛だった記憶があるので調べたら、途中から清水将夫に代わっていたんですね。

 あれほどの人気ドラマ、てっきりDVDが出ていると思いました。そのうち発売されそうな気がします。

投稿: Tompei | 2008/07/30 10:43

伊志井寛さんは、たしか、石井ふく子さんの父親だと思います!
厳格な両親でしたので、木曜は勿論、夜8時だいは、土曜のドリフスターズでしたね!
沢田雅美も若いなぁ!
井上順之の、マキオ確か、薬剤師でしたね!
大空真弓が長女で、こころ、という料理屋でした!
ああいう下町の病院、新か、鬼の、おゆうに、ほとけの、あらた〜。メロディ、歌も出てきます!
そうですね、DVD出たら、購入しますね!
今後、1年通しのドラマ・民放ないでしょうねぇ!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/07/30 20:50

TOMPEIさんへ
またまた、書きます!
明日から、8月ですね!
ありがとうの提供は、カルピスだと思います!
年間カレンダー・ドラマのなか・もカルピスだと思います!
水野哲さん・子役も、お父さんやってるのかなぁ!
こういう時代だったから、水前寺清子さんと石坂浩二さんが田舎のほうでは、本当に結婚すると思ったと、ある番組で、最近、水前寺清子さん、言ってました。ありがとうの、最初が婦警は、知りませんでした。
ありがとう看護婦編の、ファンクラブできたら、入会しますね!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/07/31 21:31

>昭和懐古録さん

 水野哲くん……いましたねぇ。素朴な少年でしたよね。顔も声もありありと浮かんできます。

 婦警編は私も見てませんでした。

投稿: Tompei | 2008/08/01 10:38

TOMPEIさんへ
もしかして、世代が同じかもしれないですね・失礼します!
ドリフが、DVD、出てるので、同じ、TBS系列の、ありがとう・ドラマ出てほしいですね!
主役ばかりでなく脇役も、いい味でてますね!
母が、山本学さんの、ファンで父と同じ名前の・ヒロミチさんが好きですね!
懐かしのドラマ、ベストテンには、かならず、出ますからね!
前記は、千葉弘道先生と、宮川十七子・となこ・
さがらなおみの、片思いも姉役の、長山藍子さんが心配してましたね!
北海道の、小児科医と看護婦でしたね!

平岩弓枝さんのドラマは好きですね!

平岩弓枝さんのファンクラブでも、いいなぁ!

考えてくれると嬉しいですね!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/08/01 19:02

TOMPEIさんへ
まだまだ、私が知ってる・ありがとう・の知識は薄いものだと思います。
録画、最初〜最終回のうち、たとえば、13話が抜けたり、最終回の始めのほうは、電気屋にダビング依頼も消されてショックしています。
できないなら、できないのでかまわないのです!


ありがとうの、豆知識と言っていいですか?
            あのさわやかに恋をして〜は、ありがとうの歌は、ドラマの中では、しあわせのうた・と書いてあったような気がします!


ありがとうと、まるきっり関係ないですが、おそ松くん、ひみつのアッコちゃん、天才バカボン作者・赤塚不二夫さんが、亡くなりましたね
シェーとか、ニャロメを知ってる私は幸福なのでしょうか?

ありがとう・の話題からずれましたが、書きたかったのです!
失礼いたしました・
赤塚不二夫さん・合掌

投稿: 昭和懐古録 | 2008/08/03 13:42

また、おじゃまします!
ありがとう・ドラマの中の歌も良かったですね!
岡本信人さん、三男だけ栄養士でしたね!
しゅうまい定食・こころ・食べたいなぁ!
もう、ああいう良い時代はこないのかなぁ!
失礼しました!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/08/12 00:03

ずいぶん、御無沙汰しています!
あらためて、ありがとう・看護婦編は豪華俳優でしたね!
下町ドラマ?山の手ドラマ?どちらにしても、再放送観てると、いい時代でしたねぇ!
杉村春子さんも院長先生の片思い・伊志井寛出演!
第1〜第2話です!
失礼致しました!

投稿: 昭和懐古録 | 2008/12/14 10:43

>昭和懐古録さん

 コメントありがとうございます。

 杉村春子さんもご出演されていたとは記憶にありませんでした。職人気質の女優さんでしたね。

投稿: Tompei | 2008/12/15 08:03

今、BSで再放送しています。
 ほんと、大空真弓さんの綺麗なこと、石坂浩二さんとチーターのロマンスや、山岡久乃さんの掛け合いとか、今見ても楽しいです。DVD出てほしいですねえ。

投稿: かふう | 2010/07/08 21:29

>かふうさん

 はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。

 そうですか、BSで放映中なんですね。このところ、この記事へのアクセスが多いわけがわかりました。私も見てみたいと思います。山岡久乃さんの威勢のよい「あらよっ!」という声をひさしぶりに聞きたくなりました。

投稿: Tompei | 2010/07/09 00:56

初めてカキコさせて頂きます。
ありがとう、特に病院編が好きでした。
でも山岡久乃さんのキャラクターは魚屋編かな。
希さんは龍之介先生が好きだったようですが、
終盤で旦那様になる方と彼のお顔がリアルで似てらっしゃるので
もしかして、意図的な配役?とか思ったものでした。

ところで、最近児玉清さんが亡くなられてYoutubeで過去の動画を見ていたのですが、千葉先生と水戸さんが白い巨棟で夫婦役で出てらっしゃったんですね。龍之介先生は弁護士役。
後年の同ドラマでは虎先生が東教授なんて。
横道に逸れて失礼致しました。

投稿: 絵夢 | 2011/08/23 12:49

>絵夢さん

 はじめまして。過去記事へのコメントありがとうございます。

 私が見たのは病院編だけでした。あんなに好きだったのに、続いて魚屋編を見なかったのが不思議です。

 山本学さんは千葉先生と里見先生が当たり役でしたね。白衣に聴診器を下げているイメージです。児玉清さんが「白い巨塔」に出られていたのは忘れていました。石坂さんの東教授は見ましたよ。児玉さんも石坂さんもインテリの役が似合いますね。

 「ありがとう」放映当時は今のように再放送が頻繁に流れるわけではなかったのに、役名を聞くだけで当時の顔がよみがえってきます。頭は柔軟だし、真剣に見ていたからでしょうね(^^)。

投稿: Tompei | 2011/08/23 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつかしのドラマ『ありがとう』:

« 「グラマシーニューヨーク」と「キース・マンハッタン」 | トップページ | 開戦ドン »