« ひさびさのパーマ | トップページ | 旧姓と今の姓 »

2005/01/24

大河ドラマ『義経』

 わが家では、昨年の『新選組!』によって、日曜夜の大河ドラマ鑑賞の習慣が定着したので、引き続き『義経』も見ています。

 若いキャスト中心の青春活劇『新選組!』とは違って、『義経』はオーソドックスでいかにも「NHKの大河」という印象。平清盛の渡哲也、時子の松坂慶子、後白河法皇の平幹二朗などのベテラン勢がさすがの存在感で要所をしめ、重厚な雰囲気を漂わせています。

 そんな中、意外なほどはまっているのが、常盤御前の稲森いずみ。「モデル出身でスタイルがよくて美人で、トレンディドラマの常連」という認識しかありませんでしたが、いつの間にかいい女優さんになっていたんですね。お見逸れしました。しっとりして儚げでいながら、芯の強さを秘めた常盤を好演しています。何よりも美しい……夫は稲森さんの常盤にメロメロのようです。

 この常盤御前と、神木隆之介くんの義経の母子がまた実に絵になります。神木くんは可愛いし、上手ですね(『ハウル』のマルクルの声もうまかった)。この母子をもっと見ていたいのに、昨夜の放送では、義経は鞍馬に預けられて母と別れてしまうは、あっという間に成長して滝沢くんに代わってしまうは、少々残念に思いました。いえ、タッキー義経はまた楽しみなんですけれどね。

 この後、登場する弁慶の松平健、頼朝の中井貴一などと義経がどう関わるのかも興味深いです。今年は、新選組が活躍した幕末からさらに700年ほどさかのぼって、源平の戦いをしかと見届けようと思います。

 そういえば、昨年は、近藤局長の写真がない『新選組!』公式サイトでしたが、今年の『義経』の公式サイトにはタッキー義経がしばし登場します(注:トップページをしばらくそのままご覧ください)。ジャニーズ事務所もだいぶ譲歩したようですね。

NHK大河 義経 総集編
NHK大河 義経 総集編
NHK大河ドラマ 義経 完全版 第壱集
NHK大河ドラマ 義経 完全版 第弐集

|

« ひさびさのパーマ | トップページ | 旧姓と今の姓 »

コメント

tompeiさんこんばんは。
まだハリポタを読み終わらないもじじです(=_=)

私は今回初めてNHKの大河ドラマデビューしました~!!

なかなか面白いものですね。
tompeiさんの神木隆之介くんがのあっという間に成長して滝沢くんに代わってしまうのは、少々残念・・・とのコメントに大きくうなづいてしまいました~~。

タッキーもいいけど神木くんもいいなぁ・・・
おっと・・顔ばかり見てちゃ駄目ですね(笑)

投稿: もじじ | 2005/01/24 21:07

>もじじさん

 『義経』が大河デビューなんですね(^^)。これからどんなふうに展開していくか、楽しみですね。

 神木くんはせめて今月一杯くらい出てほしかったです。まだ先が長いから、仕方ないとは思いますが……。

 

投稿: Tompei | 2005/01/24 22:52

私もこのままのキャストで、せめて1クールぐらいは続けて欲しいなと思ってました。そんな事をしたら一年では終わらなくなってしまうのでしょうけどね。
タッキーが出て来てどうなるのか、これからの展開がちょっと気がかり。とりあえずは次回の出来を見せて貰う事にしましょうか。

投稿: なおくん | 2005/01/25 00:42

>なおくん

 おはようございます。

 なおくんもそう思いましたか?(^^) 常盤と義経、それに清盛の3人の微妙な関係が絶妙でしたね。現代のドラマにも通用しそうな設定……確かに1クール続いても面白そうです。

 あいかわらず詳しく報告してくださって、ドラマを顧みるのに重宝しています。
 

投稿: Tompei | 2005/01/25 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『義経』:

» 義経 3 [ねこづらどき]
義経 第3回 「 源氏の御曹司 」 五足が遮那王に吐き捨てるように言った蓮華王院 [続きを読む]

受信: 2005/04/01 20:45

« ひさびさのパーマ | トップページ | 旧姓と今の姓 »