« 大河ドラマ『義経』 | トップページ | 「人体の不思議展」 »

2005/01/25

旧姓と今の姓

 私の旧姓は△、今の姓は▲、いずれも漢字で一字です。▲○○になってから早10年以上が経ちましたが、私のアイデンティティーはあくまでも△○○だと思っています。他人様より旧姓時代が長く愛着もあるし、△という苗字が気に入っているせいもあるけれど、もっと根本的なところで「私=△○○」と認識しています。

 別に▲が嫌とか、まして▲家の人々とうまくいっていないとか、そういうことではなくて、自分の意識の問題です。▲○○になってから知り合った方々から「▲さん」と呼ばれる機会が次第に増えてきて、それはそれで嬉しく思いますが、昔からの知り合いから旧姓で呼ばれるのもまたいいものです。

 私の場合、旧姓が△一字で呼びやすかったため、友人からは愛称のように△と呼び捨てにされていました。だから、当然のように、今もそう呼ばれています。昔「△さん」と呼ばれていた人に突然、「▲さん」と言われると、自分への呼びかけではなく、夫のことを指しているのかといまだに勘違いする始末です。旧姓時代の知り合いは、そのまま旧姓で呼んでくれて大いに結構、と思っています。

 でも世の中には、結婚したら新しい姓で呼んでほしいという人も多いようです。なかには芸名まで変える人もいるくらいですから。そのあたりの気持ちが私にはよくわかりません。私は結婚を区切りに会社勤務をやめましたが、もし仕事を続けていたら、許されるなら社内では旧姓を使っていたはずです。社内外で通用していた苗字を変えるのは面倒なので。

 一方、強固に夫婦別姓を主張する人もいますね。私は別姓にしたいとまでは思いません。どっちつかずでいい加減なようですが……。要は、自分に合った方法を選択できるような柔軟な制度になればいいのではないでしょうか?

 △○○としての元々の自分に、▲○○としての歴史を織り込んでいくことによって、思いがけない配色や風合いを出せたらいいな、としみじみ思います。

 この記事は、Kakoさんの「苗字」という記事を読んで書きました。トラックバックをさせていただきます。

|

« 大河ドラマ『義経』 | トップページ | 「人体の不思議展」 »

コメント

お早うございます。

別姓ではなく、自分が出ていったところでは旧姓で通すという友人が複数います。
いいことだと思います。

涼はと言えば、学生時代の友人にまで遡らないと、旧姓には戻れない?です。

今の暮らしの中では、完全に今の姓(しかし、むしろ▲▲家の人間ではない)ということかな。個人として、どちらで呼ばれているかということですね。
▲▲さん(夫)の奥さんという場面より、涼=▲▲さんである場面が多いかもしれません。

投稿: | 2005/01/25 09:58

>涼さん

 こんにちは。

 私の場合は、今の姓になってからの歴史が浅いうえ、子どももなく外に仕事に出ているわけではないので、今の姓を使うことが比較的少ないため、旧姓の意識が強いのかもしれません。結婚してから知り合った方には、今の姓で呼んでもらうのが自然だと思います。もちろん、▲さんの奥さんという意味じゃなく。

 PCを通じて知り合ったパティオの友人には、ハンドルに使っているファーストネーム(敬称なし)で呼ばれています。ずっと苗字の呼び捨てで来たので(それも気に入っていますが)、この年になってファーストネームで呼ばれるのはまた嬉しいものです。ちょっと話が逸れました。

投稿: Tompei | 2005/01/25 11:33

Tompeiさん、こんばんは。
私も別姓にしたいとか、別姓にしたかったとか、そういう話になると、そこまででは・・という感じです。とりあえずこういう社会に生きているので、摩擦を起こすような無駄なエネルギーは使いたくなくて(笑)
ただ、そうしたい人を「けしからん!」と言ってしまうはどうかと思うのです。
色んな生き方を認められたら、みんな暮らしやすくなるんじゃないでしょうか。

投稿: Kako | 2005/01/25 22:45

>Kakoさん

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 そういう余分なエネルギーを使ってまで、別姓を主張する人の意志は認めるべきじゃないかと思います。ただ、私自身はそこまでするより、大切にしたいものがあるというところでしょうか。

>色んな生き方を認められたら、みんな暮らしやすくなるんじゃないでしょうか。

 本当にそのとおりですね!

投稿: Tompei | 2005/01/25 23:44

私は夫婦別姓を切に願っています。
本当はあまり髪振り乱して「夫婦別姓!!」と
言いたくないのですが(笑)
今の現状だとやはりゆったり望んでいても
法制化は無理そうです。
夫婦別姓の支持の方は、ほとんどが
「選択制の夫婦別姓」支持者だと思うので
反対を叫ばれる方が、どうして選択肢が
増えることが許せないのか、単純に
理解に苦しみます。

投稿: vanilla | 2007/08/16 09:52

>vanillaさん

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 vanillaさんのブログで夫婦別姓に関する記事を読ませていただきました。実際に行動も起こしていらっしゃるんですね。

 日本にはまだまだ「夫婦は同姓であって当然」「同姓だからこそ夫婦と言える」という因襲的な考えに囚われている人が多いんでしょうね。それに国側としては、夫婦別姓を認めると事務的な手続きが面倒になるので避けたいという面もあるような気がします。いろいろな生き方を選択できるような世の中に早くなりますように。

投稿: Tompei | 2007/08/17 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧姓と今の姓:

» ブログで拾った夫婦別姓の声(8) [夫婦別姓を待つ身の溜息]
またまた第8弾です。ふとした言葉から切実な気持ちのこもった言葉まで、「夫婦別姓」 [続きを読む]

受信: 2005/02/21 14:20

« 大河ドラマ『義経』 | トップページ | 「人体の不思議展」 »