« 冬はやっぱりおしるこ! | トップページ | 吉田松陰の言葉 »

2005/01/08

『冬の色』(山口百恵)

 あなたから許された口紅の色は
 からたちの花よりも薄い匂いです
 
 山口百恵の『冬の色』、ご存じでしょうか? 山口百恵と言えば、もっと有名な歌がありますが、私はこの『冬の色』と最後の『さよならの向こう側』が好きです。どんな歌かお忘れの方、こちらのサイトへどうぞ。

 「口紅の色」なのに「薄い匂い」……昔は「えっ、何で?」と思ったものです。この辺がこの歌の魅力ですね。「くちづけもかわさない清らな恋」と歌いつつ、「突然あなたが死んだりしたら 私もすぐあと追うでしょう」と情熱的な思いをぶつけるあたり、当時の百恵ちゃんの雰囲気にぴったり合っていたように思います。歌詞の中には冬という言葉もそれらしい情景の描写もないのに、『冬の色』というタイトルがお洒落でした。

 この曲は1974年(昭和49年)12月に発売されましたが、百恵さんのシングル盤としては初めてオリコン・チャートで首位になったそうです。その前に『青い果実』や『ひと夏の経験』などがヒットしているのに、これが初めての1位とは少し意外ですね。

 百恵さんは、年の割にちょっと大人びていて、どこか翳りがあって、それでいて一本筋が通っているように見えるところが、同世代の同性から見ても魅力的でした。ドラマや映画で何度も共演した三浦友和さんとそのまま結婚して、引退後は一切芸能界に姿を見せないのも潔くて、百恵さんらしい気がします。

 思えば、中3トリオ(山口百恵、桜田淳子、森昌子)は3人とも結婚・引退の道を選んだんですよね。そういう時代、そういう世代だったのかもしれません。

GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2
GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2

|

« 冬はやっぱりおしるこ! | トップページ | 吉田松陰の言葉 »

コメント

こんにちは。tompeiさん。
 私、百恵さんの大ファンだったのです。友和さんのファンでもあったのですが。だから、お二人が結婚した時は二重の喜び。百恵伝説(レコード全集)持ってます。昔からミーハーでした(^-^;。
>どこか翳りがあって、それでいて一本筋が通っている そうなんです。好みは変わってないかも(^-^;

投稿: kao | 2005/01/08 11:59

山口百恵さんの映画はあまり見ていませんが、テレビドラマは見ていました。
私も結婚と同時に引退して、一回も芸能界に出てこない百恵さんを凄いと思います。
ファンでは無かったのですが、それで見直しました。

Tompeiさんご無沙汰しておりました。
今年も宜しくお願いしますね。


投稿: mino | 2005/01/08 21:23

 kaoさん、minoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

>kaoさん

 なるほど……kaoさんの好みがわかってきました(^^)。お二人のファンだったら、当時はさぞかし興奮したでしょうね。霊南坂教会での結婚式のようすなど、私も今でも目に焼きついています。

>minoさん

 おひさしぶりです。こちらこそ今年もよろしくお願いします。

 たぶん芸能界からたびたび復帰の打診があるはずなのに、それに乗らずに自分を貫いているのは潔いですよね。きっと今の生活がお幸せなんでしょう。テレビドラマや映画以上に、実人生がドラマチックですね。

投稿: Tompei | 2005/01/08 22:00

ちゃんと口ずさめました。花の中三トリオが妹世代の惑です。三人の中では やっぱり百恵ちゃんでしたねぇ。親戚の中に34.1.17という百恵ちゃんと同じ誕生日の従姉妹がいて、それを知って以来、生年月日の占いは信じなくなりました(笑)。

投稿: | 2005/01/08 23:33

こんばんは(^^)
手元に「冬の色」が新曲として出た時の明星「ヤンソン」があります。百恵さんは同じ歌本に載っている桜田淳子さんや森昌子さんと比べても、その頃から大人びた雰囲気ですね。
百恵さんと同学年の私は、彼女が結婚式を挙げた月に、三浦友和と同い年の彼氏にフラれました(笑)

投稿: マージ | 2005/01/08 23:52

 惑さん、マージさん、こんばんは。同世代の方のコメント、嬉しいです(^^)。

>惑さん

 そうですか、口ずさめましたか(^^)。中3トリオと惑さんと私は、生まれた年が微妙に違うようですね。

 3人が「スタ誕」からデビューした頃は、『天使も夢見る』の桜田淳子が可愛くて好きでした。彼女はどうしているのかしら?

>マージさん

>手元に「冬の色」が新曲として出た時の明星「ヤンソン」があります。

 おお、それはすごい! 今となっては超貴重品……絶対捨てられませんね。

>百恵さんと同学年の私

 そうでしたか……では、私のほうが1年先輩ですね(^^ゞ。何を隠そう、年女です(^^;)。思いがけず、マージさんのラブストーリーをお聞きできました(^^)。

投稿: Tompei | 2005/01/09 00:15

そうですかぁ。実は僕も年男です。同級生は去年が年男、年女。(笑)

投稿: | 2005/01/11 01:13

>惑さん

 おはようございます。

 そ、そうでしたか……(^^;;;;;。同じ年生まれでも、学年が違って、何となくほっとする微妙な女心(^^ゞ。先輩、これからもよろしくお願いします!

投稿: Tompei | 2005/01/11 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『冬の色』(山口百恵):

« 冬はやっぱりおしるこ! | トップページ | 吉田松陰の言葉 »