« ゆず茶 | トップページ | ふたご座のカストルとポルックス »

2005/02/04

花粉症は克服できる?!

 爪もみ健康法などで話題の免疫学者、安保徹教授が「花粉症は1か月で克服できる」として、具体的方法を紹介しています(「週刊ポスト」2月11日号)。2月10日前後から花粉の大量飛散が予測されている今、できることは何でもやっておきたい心境なので、メモ代わりに書いておきます。信じる信じないは各自の勝手……少しでも楽に過ごせれば儲けもの(^^)。

◆運動
 室内でできるラジオ体操などの簡単な体操を毎日、15分行なえば、運動で血流が活性化し、体内の花粉も汗や尿などとともに排出される。

◆食事
 揚げ物や甘い物を控え、食べ過ぎに注意する。焼き魚を野菜やきのことともに食べるのがおすすめ。
  揚げ物や甘い物:副交感神経を刺激する。
  きのこ:自律神経のバランスを整え、免疫力を正常にする。

◆入浴
 1日20~30分程度の入浴する。シャワーで済ませず、湯船につかること。この程度の入浴はリンパ球比率を正常に保ちつつ、血流を活性化させる。

 安保教授によれば、アレルギー性疾患とは免疫力が高すぎる状態。健康な成人の白血球中のリンパ球比率は35~41%(免疫力が正常な状態)であるのに対し、アレルギー性疾患の人はこれが50%前後もあるそうです。リンパ球が多すぎるので、多少の刺激にも敏感に反応してしまうというわけです。

 リンパ球が増えすぎてしまうのは、交感神経より副交感神経が優位の状態が続いた結果の現象。そして、その原因は運動不足と過食にあり!

 免疫力は高ければ高いほどいいと思っていた私には意外な話でした。でも、運動不足と過食には大いに思い当たります。家にいると、のべつまくなしに何かを口にして、狭い部屋の中でほとんど動かない私(^^;;;。間食は一切やめて、ストレッチでもしなければ! とブログには書いておこう……。

|

« ゆず茶 | トップページ | ふたご座のカストルとポルックス »

コメント

Tompeiさん、こんにちは!
花粉症対策情報ありがとうございました(^-^)
やっぱり花粉症に限らず、規則正しい生活とバランスの良い食事が効果的 ということなんですね。

入浴はイイとしても、運動が・・・
運動オンチで運動嫌いで面倒くさがりなので、一日15分でも3日と続かないと思います(^^;
それに、チョコレートが大好きなので、「甘い物を控え」なんて言われると、ストレスが溜まって、逆に花粉症の症状が悪化しそう(笑)

投稿: アリス | 2005/02/04 12:57

>アリスさん

 こんにちは。さっそくのコメントありがとうございます。

>やっぱり花粉症に限らず、規則正しい生活とバランスの良い食事が効果的 ということなんですね。

 そうなんですよ、わかっちゃいるんですけれどねぇ(^^;)。

>運動オンチで運動嫌いで面倒くさがりなので

 あ、私と同じだ(^^ゞ。私は学生時代もその後もずっとスポーツとは無縁の生活をしてきました。結婚してからゴルフを始めたのはすごく画期的なことなの! もう何年もスクールに通っているのに、全然上達しないけれど(;_;)。この先、花粉の飛散が本格的になったら、ゴルフの練習も無理そうね。

 それから、私もお菓子が我慢できません(^^;)。買ってこなければいいのに、つい買ってきてはひとりでボリボリ食べてしまいます。

 似たようなタイプ→花粉症持ち……(^^;;;

投稿: Tompei | 2005/02/04 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/2801867

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症は克服できる?!:

» 花粉症に備える、ただし気持だけ [善福寺手帳]
この春、花粉の飛散量が 過去最大で花粉症の拡大が懸念されているという。 80年頃、大学のテニス春合宿で初めて花粉症の名を聞いたとき、合宿の練習から逃れる... [続きを読む]

受信: 2005/02/12 23:43

« ゆず茶 | トップページ | ふたご座のカストルとポルックス »