« 「嫁」という言葉 | トップページ | 『記憶力を強くする』(池谷裕二) »

2005/02/08

竹ノ塚歌劇団

 昨日、「スマスマ」でひさしぶりに「竹ノ塚歌劇団」が始まった……と思ったら、なんと、私のごひいき真琴つばささんが登場しているではないですか! 吸い寄せられるようにテレビに近づき、目をランランと輝かせてかぶりつくように見ました(^^ゞ。

 この竹ノ塚歌劇団は宝塚のパロディで、とくにキムタク扮する男役が見もの。宝塚風のどぎついメークもかつらも扮装も妙に似合うし、視線や動きもよく特徴をとらえていて、「さすが、研究熱心な木村くん!」と毎回、感心しています。

 このコーナーにタカラジェンヌが出ないかな、と前から思っていたのですが、まさかマミちゃん(真琴さんの愛称)が登場するとは!!! 宝塚を退団してから早4年が経とうとしているのに、今でも十分、男役ができそうなのが嬉しくもあり、悲しくもあり……。さすがのキムタクも本物の魅力にはかなわなかったのではないかしら。

 マミちゃんは、V6の坂本くん主演の「ブラッド・ブラザーズ」や滝沢くん主演の「ドリームボーイ」に出演しているので、ジャニーズとは結構接点があるのですが、天下の「スマスマ」でキムタクと共演というのはやっぱりインパクトがありますね。これをきっかけにまた飛躍できるといいな!

|

« 「嫁」という言葉 | トップページ | 『記憶力を強くする』(池谷裕二) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹ノ塚歌劇団:

« 「嫁」という言葉 | トップページ | 『記憶力を強くする』(池谷裕二) »