« 避難用リュック | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

さようなら貴ノ花

 二子山親方が亡くなった。波乱に満ちた人生……55歳の早すぎる死……何だかやりきれない。もっと生きて、平穏な晩年を過ごしてほしかった。

 高校時代、私は貴ノ花の大ファンでした。当時の貴ノ花は精悍で美しく、悲壮感が漂う取り口が母性本能をくすぐって、相撲に疎いうら若き女子高校生をも夢中にさせるほどでした。みんなで貴ノ花の勝敗を気にしながら、クラブ活動をした日のことをなつかしく思い出します。なかでもミーハーな私は、相撲雑誌まで買い求め、お気に入りのグラビアを下敷きに入れていたことを恥ずかしながら告白します(^^ゞ。

 初優勝の時はそれはもう興奮しました。いや、はらはらどきどきして、生中継はまともに見られなかった……。勝った瞬間、土俵に座布団が飛び交う光景を、嬉しい虚脱感の中で見た記憶があります。結局、優勝は2回だけで、横綱になることはなかったけれど、大関貴ノ花が人々の記憶に残る名力士だったことは誰もが認めるところです。

 引退後は2人の息子を横綱に育て上げ、自らが成し得なかった横綱という悲願を別の形で達成して、角界に二子山旋風を巻き起こしているのを見て、元ファンとしては嬉しく思っていました。親方が我が世の春を謳歌していたあの頃、その後にこんな展開が続くとは誰が予想したでしょう。日本一幸せに見えた家族はあっという間にバラバラになり……人生とは皮肉なものです。

 二子山親方、どうか安らかにお眠りください。貴ノ花の美しいまわし姿、最後まであきらめない粘り強い相撲をずっと忘れません。

|

« 避難用リュック | トップページ | 2005年6月 »

コメント

Tompeiさんこんばんは。

私も貴ノ花死去にジーンときています。
私は子供の頃より大相撲は好きでした。
記憶に残る最も古い力士の一人は初代若乃花です。私は柏戸のファンでした。初代若乃花も三代目若乃花、二代目貴乃花も好きではなかったですが、貴ノ花だけは嫌いではなかったです。50年春場所千秋楽は車の中でラジオを聞いていましたが、歓声でアナウンサーの声が聞こえなくなり、貴ノ花の勝利を確信したのを覚えています。
男から見ても貴ノ花はカッコよかった。力士であれだけカッコのいい男は後にも先にもないと思います。
今日は、喫茶店でじっくり、スポーツ新聞を読みました。
自分に近い世代が亡くなるのは寂しいものです。

投稿: bunwa | 2005/05/31 21:49

>bunwaさん

 こんばんは。

 私がおぼろげながら覚えているのは大鵬から、かな。でも、その当時は「大人は何が面白くてお相撲を見ているのか」ちっともわかりませんでした。貴ノ花が活躍するようになってから、真剣に見るようになったんです。

 50年春場所は結びの一番で北の湖に負けて、優勝決定戦になったんですよね。ほとんど全ての人が貴ノ花に勝たせたいと思っていたんじゃないかしら。今思うと、北の湖には気の毒でしたね。

 ついでに、この場所の貴ノ花の取組相手を見たら、なつかしい顔ぶればかり。麒麟児、増位山、北瀬海、荒瀬、富士櫻、金剛、長谷川、大受、高見山、黒姫山、豊山、三重海、魁傑、金城、北の湖……ほとんど顔が浮かんできます。輪島は途中休場だったんですね。

投稿: Tompei | 2005/05/31 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/4351922

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら貴ノ花:

» 二子山親方が死去、名大関貴ノ花で一時代 [主観だけで世の中を見る]
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 二子山親方が死去、名大関貴ノ花で一時代 大相撲の名大関貴ノ花として一時代を築き、初の兄弟横綱となった若乃花、貴乃花の父でもある日本相撲協会事業部長の二子山親方(本名・花田満)が30日午後5時40分、口腔(こうくう)底がんのため..... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 12:13

« 避難用リュック | トップページ | 2005年6月 »