« またまた誤訳騒動 | トップページ | 小学校時代の遠足 »

2005/05/11

ハーム・アボイダンス

 私はどちらかと言えば心配性で悲観的……あまり認めたくないし、できればこの性分を変えたいのだけど、なかなかうまくいきません。

 『遺伝子が明かす脳と心のからくり』(石浦章一)という本を読んでいたら、「ハーム・アボイダンス(Harm Avoidance)」という言葉が出てきました。これは不安傾向が強い形質のことで、「神経質」「心配性」という形質によく似ているそうです。ハーム・アボイダンスの高低によって、下記のような特徴が表れるとのこと。

*ハーム・アボイダンスが高い:自分に害が及ぶのを恐れる、悲観的、人見知り、内気で、疲れる
*ハーム・アボイダンスが低い:冷静沈着、楽観的、エネルギッシュ

 そう、私はできるだけ自分に害が及ばないことを願っているし、人見知りしやすくて内気なところがある……どうやら、やはりハーム・アボイダンスが高めなようです。この特徴を見るかぎり、低いほうが望ましく、私だってぜひそうなりたいけれど、この高低には遺伝要因もあるそうなので、残念ながら簡単には変えられないらしい。

 そして、このハーム・アボイダンスは、脳内物質のセロトニンと関係があることが認められているそうなんです。つまり、ハーム・アボイダンスが高いのはセロトニンが少なく、低いのはセロトニンが多い、ということ。不安を抑える薬やうつ病の薬はセロトニンの量を増やしたり、活性化したりしているんですって。

 とは言っても、心配性を治すために薬を飲むわけにはいかないし、せいぜいセロトニンがこれ以上少なくならないように気をつけて、できるだけ楽観的に考えるようにするしかなさそうですね。

 「セロトニン」を検索したら、「あるある大事典」で以前、特集していたことがわかりました(こちらのサイト)。このサイトによると、セロトニン不足の解消には、
・太陽の下、1秒2回のリズムで5分以上、ウォーキングをする。
・セロトニンの原料のトリプトファンをビタミンB6とともに摂取する。
といいそうです。

 冷静沈着で楽観的でエネルギッシュな人に、私はなりたい!

|

« またまた誤訳騒動 | トップページ | 小学校時代の遠足 »

コメント

Tompeiさん、セロトニンが低いのは「よくないこと」では全然ないのだそうですよ。先日読んだ藤田徳人の本に「良い性格、悪い性格というのはなくて、脳内ホルモンのバランスは人によって違うけれど、それぞれ違った意味で生存に適している」と書いてありました。ちなみに診断によると私はドーパミンがすごく高く、セロトニンとノルアドレナリンのだそうですが・・・本を友達に貸してしまったので引用できないのですが、セロトニンが低いことにも利点がたくさんあるらしいですよ。

投稿: ビアンカ | 2005/05/11 21:55

Tompeiさん、こんばんは。
私も専門的なことは良くわかりませんが(^^ゞ、薬を呑んでも心配性が治ったり性格が楽観的にはなりませんねぇ。抗鬱剤と抗不安剤を数年間ずっと呑んでいますが病的な症状が緩和されるだけです(笑)
抗鬱剤はセロトニンを増やすというより、再取込を阻害して脳内に留める「減らさないため」の薬ですから。あとセロトニンをいくら増やしても、伝達物質としてちゃんと機能させるシステムが不調だと意味が無いという説もあるし、セロトニンとストレス・病気の関係についてはまだまだ解明されていないそうです。性格との関連は初めて聞きました…どうなんでしょうね~。
それからトリプトファンは食物以外のサプリ等で摂取すると副作用の可能性もあるから、日常の食事で摂るほうがいいそうです。

投稿: マージ | 2005/05/12 01:02

 ビアンカさん、マージさん、おはようございます。

 脳のしくみは徐々に解明されつつあるけれど、まだまだ未知の部分が多いわけで、その段階で素人が中途半端な情報に踊らされるのは危険なことかもしれませんね。この本は東大の講義をまとめたものなので、内容的には信頼できると思いますが。

 「セロトニンが低い→不安傾向が強い→セロトニンを増やせば心配性がなくなる」というような単純なものではないことは確かですよね。結局、自分の性格とは一生付き合っていくしかないのです(^^;)。

>ビアンカさん

 セロトニンに限らず、脳内物質は脳の中でバランスよく放出されて機能しないといけないんですよね。脳と心、脳と性格については興味がつきないので、いろいろな本を読んで知識を増やしたいと思います。

>マージさん

 お薬を飲んでいらっしゃるんですね。薬で症状が改善されるということは、不安という感情がある程度は解明されている証拠でもあるけれど、まだわからないのほうが多いようですね。症状が落ち着いた状態が続きますように。

 要は、バランスの取れた食生活と基本的な運動が心身の健康の秘訣というわけですよね。わかっちゃいるけれど、それが一番難しかったりして……(^^ゞ。

 

投稿: Tompei | 2005/05/12 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/4082515

この記事へのトラックバック一覧です: ハーム・アボイダンス:

« またまた誤訳騒動 | トップページ | 小学校時代の遠足 »