« 井の頭線のあじさい | トップページ | バトンが回ってきたけれど… »

2005/06/21

『戦国自衛隊1549』(福井晴敏)

戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549

 現在公開中の映画『戦国自衛隊1549』の原作を読みました。半村良・原作の『戦国自衛隊』を福井さんがアレンジするということで、『亡国のイージス』や『終戦のローレライ』を夢中になって読んで感動した私としては、おおいに期待していました。

 が、しかし、これは残念ながら期待はずれでした。イージスやローレライの奥深さに比べると、あまりにも薄っぺらで軽い。映画化を念頭にして書いたものだから仕方ないのかもしれないけれど、映画のノベライズ本といった感じです。

 イージスにしても、ローレライにしても、ありえない話と思いつつも、ストーリー展開にはらはらどきどきしながら、登場人物に感情移入したものですが、これはストーリーにのめり込むことも登場人物に共感を覚えることもほとんどありませんでした。発想は面白いけれど、ときめかない。読み手をもっとうまくだまして、戦国時代にいざなってほしい!

 しかも、カラーイラスト入りの横開きの装丁は非常に読みにくい。集中力に欠けたのは、ひとつにはこの装丁のせいかもしれません。

 映画の評判もあまり芳しくないようなので、鑑賞は見送ることにします。江口くんは好きなのになぁ……。今、あえて『戦国自衛隊』をリメイクする必要があったのか、疑問です。次の『亡国のイージス』はいい映画に仕上がっていますように!

追記(2005年6月30日):
 映画『戦国自衛隊1549』のハリウッド編集バージョンが制作されることが決まり、世界40カ国以上から上映のオファーが殺到しているそうです。ハリウッド版『SAMURAI COMMANDO MISSION 1549』が公開されたら、見に行ってみようっと。


|

« 井の頭線のあじさい | トップページ | バトンが回ってきたけれど… »

コメント

こんばんは^^


>映画の評判もあまり芳しくないようなので
そうなんですか。先日これにするか、『ミリオンダラー・ベイビー』にするか迷い、『ミリオン・・』にしてこけた私ですーー どちらにしてもこけたのね。

>『亡国のイージス』
うう、積んだまま、まだ読んでません。でも眼鏡を作ったので、封切られる前に頑張ります。こちらは期待したいですね。結構ローレライの映画に感激した私^^;・・・、なので。

投稿: 桜桃 | 2005/06/21 22:59

>桜桃さん

 こんばんは。

 いくらアカデミー賞作品でも、超人気作品でも、自分には合わないことってありますよね。私は最近、映画を見ていないなぁ。

 そういえば、昨日、花組を観てきました。オギーワールド全開で雰囲気はいいんだけど、よくわからない話でした(^^;)。次の星組に期待します!

投稿: Tompei | 2005/06/21 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/4647133

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦国自衛隊1549』(福井晴敏):

» Music Baton5:バトンを渡す5人 [風に吹かれて~日記のようなもの~]
Question3:Five people to whom I'm passin [続きを読む]

受信: 2005/06/24 14:58

« 井の頭線のあじさい | トップページ | バトンが回ってきたけれど… »