« 2005年7月 | トップページ | PCの不調とデータのバックアップ »

2005/07/02

私の好きな作家たち

 先日回ってきた「Musical Baton」のほかに、書籍版の「Book Baton」というのもあるようですね。「バトン」という形式はあんまり好きではないけれど、涼さんの「私の好きな作家たち」という記事を読んで触発されたので、トラックバックをさせていただき、同じタイトルで記事を書いてみようと思います。

 今、読んでいる本は、宮部みゆきの『ぼんくら』。最近読んだ『震える岩』『天狗風』に続いて、宮部さんの時代物長編にはまっています。その合間に、池波正太郎の『鬼平犯科帳』を1巻だけ読みました。ただ今、すっかり江戸モードです。

 あれこれ興味を抱き、気の向くままに乱読を楽しむ私は、その時々にはまる作家が変わります。しかも、根がミーハーなので、話題になっている本は一応読んでみるタイプ。それでいて、「セカチュー」とか「いまあい」はあえて避けたりする……このあたりは屈折していますね(^^;)。

 子どもの時から、翻訳物より日本人作家の小説を好んでいました。なのに、大学の専攻は英米文学……何でだろう???(^^;) 今から大学で学ぶとしたら、文学なんて絶対選びません! 本は読んで楽しんだり、いろいろ考えたりすればいいのであって、研究の対象にするのはどうも……。

 あ、横道に逸れました。そんな私が自分の心の作家と思っているのは、遠藤周作。そして、田辺聖子。2人については、以前、記事に書いたことがあるので、興味を持ってくださった方はリンク先を読んでいただけたら幸いです。この2人の小説のいくつかはぜひ再読したいです。
 遠藤周作の本
 田辺聖子の本

 現在、注目している好きな作家は、宮部みゆき、福井晴敏、東野圭吾。新刊が出たら、読んでみたいと思わせてくれる作家です。この3人の本のことも、書いたことがあるので、念の為、紹介させていただきます。
 宮部みゆき:宮部みゆきの本
 福井晴敏:『ローレライ』vs『亡国のイージス』『戦国自衛隊1549』
 東野圭吾:『幻夜』『白夜行』

 好きなエッセイストは、向田邦子と東海林さだお。全然タイプは違うけれど、「こんなエッセイが書けるようになりたい」と思わせてくれる2人です。向田さんはライフスタイルを含めてあこがれていました。東海林さんの食べ物エッセイは観察力、比喩力、表現力が優れていて、本当に面白い。

 最後に、この数年の間に読んで、印象に残っている小説(宮部、福井、東野作品は除く)。『蒼穹の昴』『壬生義士伝』(浅田次郎)、「十二国記」シリーズ(小野不由美)、『永遠の仔』(天童荒太)、『グロテスク』(桐野夏生)、『博士の愛した数式』(小川洋子)、『燃えよ剣』(司馬遼太郎)。コミックだけど、『エロイカより愛をこめて』(青池保子)。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
壬生義士伝 上 文春文庫 あ 39-2
月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫)
博士の愛した数式 (新潮文庫)
燃えよ剣 (上巻) (新潮文庫)
エロイカより愛をこめて (1) (秋田文庫)

|

« 2005年7月 | トップページ | PCの不調とデータのバックアップ »

コメント

こんばんは^^

わ~、私の好きな本のオンパレード!

宮部みゆきさんは全部、遠藤周作さんは「沈黙」でガツンと若い頃来て以来。今、ようやく順子夫人の「夫の宿題」を先日読みました。田辺聖子氏は関西人つながりで、私の中でははずせません。

池波センセは「剣客商売」もぜひ読んでみて下さい。私的には鬼平さんより好みかも。

投稿: 桜桃 | 2005/07/02 21:46

こんばんは、こちらからもトラックバックさせていただきました。

田辺聖子は地元だから?というわけではなく好きです。Tompeiさんも書いていらっしゃる通り暖かな人柄が伝わってくるのですね。その辺りが、最近ベストセラーの某勝ち組の方と違うかなという気がします。ハイミスものも面白いですが、「文車日記」も好きです。
ご承知の通り、とても熱心なヅカファンですね。

投稿: | 2005/07/03 01:01

 桜桃さん、涼さん、こんにちは。

>桜桃さん

 好みが似ているとは嬉しいかぎり(^^)。遠藤周作さんは2、3回、講演会にも出向きました。思えば、順子夫人の本は読んでない気がします。

 『剣客商売』、メモしておきます。『鬼平』と並行して読んだら、ごっちゃになるかしら。

>涼さん

>最近ベストセラーの某勝ち組の方

 誰だろう? たぶんあの人かな……彼女の小説は結構好きなんですけどね。

 『文車日記』は読んだと思うけれど、内容を覚えてません。『新源氏』もいいですよね。

投稿: Tompei | 2005/07/03 10:21

∥彼女の小説は結構好きなんですけどね。

ゴメンナサイ、(どなたか判りませんが)多分違う人です。

投稿: | 2005/07/06 09:50

こんばんは^^
Tompeiさまのご本の記事を読めてよかった^^

私も好きなものが沢山挙がっていて嬉しかったり(笑)

ちなみに「十二国記」は今日先程BSアニメをやっていてツレが食い入るようにみていました(爆)

「永遠の仔」も読んだなあ。。。(’’。

私もバトンという形はあまり好きでは有りませんが、記事にしたお陰で、また本が沢山よみたくなりました^^

投稿: まいくろ | 2005/07/08 23:26

>まいくろさん

 こんばんは。

 まいくろさんと言えば、『ファントム』を思い出します(^^)。昨年読んだ本の中では、『燃えよ剣』の次に好きでした。また面白い本があったら、教えてくださいね。

 「十二国記」はどこの国の話もよく出来ていて楽しめました。アニメもちらっと見たことがあります。ただし、各タイトルと国名と人名がごちゃごちゃになって、どれがどれだか覚えていません(^^;)。

投稿: Tompei | 2005/07/09 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/4797181

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな作家たち:

» ●「日暮らし」(上)(下) 宮部みゆき [kuzira☆くじらの読書と映画鑑賞と普通の日々]
「ぼんくら」という以前出された本の続編となっています。 私は宮部みゆきの「魔術はささやく」「火車」「理由」「模倣犯」などの現代物の推理小説も読み応えがあり好きなのですがソレよりも彼女の書く下町時代小説のほうが断然好きなのです。この「日暮らし」でもそうなのですが登場人物たちが活き活きと描かれておりとても読み心地が良いのです。 前回の「ぼんくら」もそうですが「日暮らし」は幾つかの短編が連作となって書かれています。 一つ一つの物語それぞれに小�... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 00:37

» 私の好きな作家たち [徹也]
どの作家のものが好きかと問われれば、どれを選んでいいか困ってしまう。選曲以上に至難の業。人生経験も長くなると、それだけその時その時の思い入れは色々あるもので……(^_^;) 読んだ年代で?国で選ぶのも一興かな?と色々な基準はあれど、アトランダムに。 ... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 00:50

« 2005年7月 | トップページ | PCの不調とデータのバックアップ »