« 軽井沢でゴルフ | トップページ | アイロンがけ »

2005/09/16

軽井沢の変貌

 軽井沢に行ったのはなんと20数年ぶり。20年も経てば、どこだって様変わりするのは当たり前ですが、軽井沢の変貌には唖然としました。1997年の長野新幹線開業によって、東京から70分程で行かれるようになり日帰り圏内になったところに、プリンスのショッピングプラザがどんどん拡張を続けて、東京からの買い物客、観光客が激増しているのでしょう。

 このショッピングプラザの規模については前々から噂に聞いていたけれど、実際に行ってみてびっくり。アウトレットショップをはじめ190店ものお店があるそうで、短時間ではとても全部を回りきれません。おまけに、ゴルフの後の疲れた体ではぶらぶらするのもしんどく、持ち前の買物意欲もしぼんだまま。結局、何も買わずにホテルに帰りました。1.5ラウンドしたことを激しく後悔!(^^;)

 新幹線の駅とショッピングプラザの出現によって、駅周辺は一変していて、「今、私はどこにいるんだっけ?」と不思議な気持ちになりました。翌日、旧駅舎(再築されて記念館になっている)を見かけて、何だかとても嬉しかったです。まるで絵本の「ちいさいおうち」みたいでした。

 そうそう、旧軽銀座も変わりました。どこの観光地にもある通俗的な商店街になっていた……例えば、横浜の元町や鎌倉の小町通りと大差ありません。道もお店もきれいになったけれど、昔の旧軽のどこかソフィスティケートされた雰囲気がなくなりました。

 賑やかな通りを少し入れば、昔と変わらない落葉松の道が続いているのは幸いです。美しい緑と爽やかな風はさすが軽井沢! 地元民でもなく昔からの別荘族でもない私が軽井沢の変貌を憂うのは僭越と思いつつ、ついあの頃の軽井沢を求めてしまうのでした。ああ、また「昔はよかった」話になってしまった(^^;)。

 

|

« 軽井沢でゴルフ | トップページ | アイロンがけ »

コメント

30年ほど前、旅人として訪れたのみですが。

住んでいる人にとっては、便利になることは良いことなのでしょうか。
何処の地も、どんどん変わっていくような気がします。先日訪れた地でも、訪問者にはそんなものかという風車に とても違和感があると仰有っていました。

投稿: | 2005/09/16 23:07

こんばんは

ここ10年ぐらい、行ってません。それにしても、そんなに変わってしまいましたか。昨夏、新幹線で通り過ぎたとき、チラッと見てびっくり、だったんですが。

それまでは毎冬スキーに行ってたんですけど。スノーボードが流行る前のスキー場です。こちらは閉鎖になるそうです。今、プリンス系も大変だから、儲かりそうな所はいっそう大きくってことでしょうか。閉鎖されたスキー場ってどうするんでしょうねえ。

ますます、変わるのでしょうか。

投稿: 桜桃 | 2005/09/16 23:20

 涼さん、桜桃さん、こんにちは。

 乱開発の結果であるゴルフ場を利用している私には、あれこれ言う資格がないような気がしてきました(^^;)。ゴルフ場の広大な土地も元々は緑の森だったはず……。

>涼さん

 観光客を呼び込むために、自然を損なったり、余計な建造物等を建てたり、本末転倒ですよね。それに、地方色というものがどんどんなくなり、全国的に画一化している気がします。それは悪いことばかりではないと思うけれど、ちょっと考えさせられます。

>桜桃さん

 スキー場が閉鎖されるんですか……採算が取れないのかな? そういえば、プリンスホテルのゴルフ場はハーフだけになったようですが、ゴルフ場をつぶしてショッピングプラザを拡大したのではないかと思われます。西武王国軽井沢はまだまだ変貌を続けそうですね。

投稿: Tompei | 2005/09/17 10:58

Tompeiさん、皆さん こんばんは!
軽井沢といえば、自然が豊かで素敵な避暑地 というイメージだったのですが、ある年から原宿のように次々と芸能人ショップやブランドショップができてしまい、私の中では魅力半減・・・

投稿: アリス | 2005/09/17 21:10

>アリスさん

 こんにちは。

 アリスさんもそう思われますか?(^^) 私、ショッピングモールをぶらぶらするのが好きなので、軽井沢のあの巨大モールにそそられるのは確かなんだけど、何も軽井沢に作らなくても……と思います。ビジネス的には大成功なんでしょうけれどね。

投稿: Tompei | 2005/09/18 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢の変貌:

« 軽井沢でゴルフ | トップページ | アイロンがけ »