« 『国家の品格』(藤原正彦) | トップページ | スピーカーの不具合は…… »

2006/02/21

カーリングは面白い

 トリノオリンピックもあっという間に終盤に入りました。日本人選手は頑張っているものの、メダルという結果につながらずに残念。でも、連日、世界のアスリートたちの氷上、雪上の熱戦を見ていると、こちらまでスキーやスケートを思う存分滑ってみたくなります。どちらももう20年以上やっていないし、万年ボーゲン、万年手すり磨きでしたけど(^^;)。

 そして、今一番やってみたいのは、カーリング。今回初めてカーリングの試合をじっくり見て、その面白さを知りました。ビリヤードやボウリングの要素あり、「氷上のチェス」と言われる戦術性あり、地味で単純そうに見えて実は奥が深い競技なのです。技と読みが大切なのはもちろんのこと、ストーンを投げる選手のメンタル面の影響が大きいように思われます。

 約20キロのストーンを30~40メートルほど投げるそうですが、どの位の力が要るのか、ブラシによるスウィーピングの効果はどのくらいなのか、試してみたいものです。スウィープによって3メートル程は調整できるらしいのですが、どうもピンと来ません。ブラシで氷をゴシゴシやってみたい。片足で氷上をスイスイ滑ってみたい(^^ゞ。

 日本チームは惜しくも準決勝進出を逃したものの、その健闘ぶりは大いに称えたいし、今回の活躍によってカーリングの魅力を日本人に伝えた功績は大きいと思います。ストーンを投げる姿がみんな美しくかっこいい! これからカーリング人気が高まりそうな予感。ただし、実際にプレーをできる場所が限られているのが問題ですね……。

|

« 『国家の品格』(藤原正彦) | トップページ | スピーカーの不具合は…… »

コメント

こんばんは^^

昨夜再度イタリア戦の復習を夜中にして寝不足の桜桃です。面白いですよねえ・・。

>ストーンを投げる姿がみんな美しくかっこいい! 
本当に。イカス女の子たちです!

今の私の心境にぴったりの競技だから余計かきたてられるか?微妙に滑りながらギリギリのところで止まって勝利!いいわ~^^;;;

投稿: 桜桃 | 2006/02/21 21:37

>桜桃さん

 こんばんは。

 私たちって、美しくかっこいい女性に目がないのよね(^^ゞ。

 ラストストーンが止まるまで、結果はわかりません! 最後に逆転勝利を決めることを祈っています。桜桃さんも身体に気をつけて、受験生の母親業をもうしばらく頑張ってくださいね。

投稿: Tompei | 2006/02/21 23:22

高校の同級生が日本で最初のカーリングホールのある北海道常呂町の出身で、今も地元で頑張っていて大盛り上がりだったようです。彼女達がモデルの映画「シムソンズ」もよろしくとの伝言でした。http://www.sim-sons.com/

投稿: | 2006/02/25 11:27

>惑さん

 こんばんは。

 常呂と聞いた時、惑さんの故郷の近くだなと思いました。常呂の町では今回のオリンピックでさぞかし盛り上がったことでしょう。映画まであるとは初耳でした。面白そうですね!

 東京のカーリング協会の講習会は7月までいっぱいとか……。この人気が定着するといいですね。

投稿: Tompei | 2006/02/26 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/8769648

この記事へのトラックバック一覧です: カーリングは面白い:

« 『国家の品格』(藤原正彦) | トップページ | スピーカーの不具合は…… »