« 明日からGW | トップページ | 2006年5~6月 »

2006/04/30

神代植物公園 春から初夏へ

06043001_1

06043005_2

06043006_1

 お天気がよいので、地元の神代植物公園(公式サイトはこちら)に行ってきました。つつじ、しゃくなげ、ぼたんが満開。木々の新緑も美しく、散策には絶好の季節です。ここは一年中何らかの花が咲いていて四季折々の花を鑑賞できますが、今頃が一番鮮やかな彩りを楽しめるのではないかしら。

 5月の中旬から始まるバラフェスタに備えて、バラのつぼみもふくらんでいました。都内最大のバラ園にあなたもいらっしゃいませんか!

 なんて……まるでこの公園の宣伝マンみたいな文章ですね(^^ゞ。私にとって、そのくらいお気に入りの場所なのです。

|

« 明日からGW | トップページ | 2006年5~6月 »

コメント

>宣伝マンみたいな文章ですね
画像も宣伝マンのように行く気がそそられますよ^^

コントラストがとても綺麗です。行ってみたいなぁ~。

投稿: 桜桃 | 2006/05/01 00:23

>桜桃さん

 こんにちは。

 もっとお近くなら、「ぜひ!」とお勧めしたいところだけど、桜桃さんのところからはちょっと遠いですね。ベルサイユのバラも麗しいけれど、調布のバラも素敵なんですよ(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2006/05/01 11:23

神代植物園はここ数年行っていませんね。植物園から京王線に向かう途中に藤の見事な神社?寺だったかもがありますが、知っていますか?家にも藤がありますが花房の数は多かったのですが、あまり勢いがありませんでした。今日、青梅線の軍畑で降りて多摩川渓流沿いをウォーキング。このコースは東京駅まで出ると行きも帰りも始発に乗れて、バスも使わず駅から駅の川沿いの軽いアップダウンの道筋でちょっとお気に入りです。日焼けを気にしながら、おにぎりを食べた河原の岩に藤が這うようにして咲いていました。白い藤も何回か見かけました。桐の花とともにこの時季、薄い紫がやさしいですね。野草は色も姿もゆかしくてやはり山野にあってこそと思います。川の流れが変わると音も変わり、陽を浴びた葉が風に揺れて表を見せ、裏を見せ、季語にもありますがまさに、山が笑っていました。実は、今日のウォーキング、美味しい目的もありまして、道筋に近隣のおばちゃんが朝取りのタケノコを売っているのです。昨年、見つけ今年もこの時期と狙ってのウォーキング。名前は忘れましたが菜の花に似た菜っぱも大きな束100円をゲット。季節は五感で満喫しなくては…。

投稿: もくれん | 2006/05/05 18:03

>もくれんさん

 こんにちは。

 国領神社の藤をご存知なんですね。このあたりでは藤の花で有名な神社で、市のサイトにも「ただいま見ごろです」と出ています。私はその前を車で通ったことがあるだけで、じっくり鑑賞したことはありませんが。

 昨日は多摩川渓流の散策をお楽しみだったようで何よりです。新緑の中を水の流れの音を聞きながら歩くのは、とても気持ちよさそうですね。私は多摩川渓流には行ったことがないので、そのうち行ってみたいです。

 昨日、山梨までゴルフに行ってきたのですが、あちらはまだ八重桜が残っていて新緑とのコントラストがきれいでした。中央高速沿いの里山には野生の藤の薄紫がところどころに見えました。手入れの行き届いた藤棚とはまた違った美しさです。

投稿: Tompei | 2006/05/06 09:08

こんばんは^^

神代植物公園・・・ツレの実家の近くなのです^^
前回行ったのは去年の今頃でしょうか・・・

本当に素敵な公園で、また連れて行ってもらおうと思っています。
(お蕎麦も食べたい(笑))

投稿: まいくろ | 2006/05/10 22:24

>まいくろさん

 こんばんは。

>神代植物公園・・・ツレの実家の近くなのです^^

 おお、思わぬところに調布つながり(^^)。ご主人はあのあたりで生まれ育ったのかしら? としたら、私よりもずっとこの地に詳しそうですね。

 植物公園もいいけれど、深大寺周辺もいいところですよね。お蕎麦も食べられるし(^^)。

投稿: Tompei | 2006/05/10 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神代植物公園 春から初夏へ:

« 明日からGW | トップページ | 2006年5~6月 »