« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

二つの訃報記事

 今日の朝刊に並んでいる二つの訃報記事が悲しい。岡田真澄さんと米原万里さん。年代もご活躍された世界も違うけれど、癌による死という共通点がいっそうの悲しみを誘います。

 「ダンディー」という形容詞が誰よりも似合った岡田真澄さん。なのに、一番最近の岡田さんというと、クイズ番組「サルヂエ」のサルの扮装姿がよみがえってくるのがおかしいやら切ないやら。この番組を病気で降板した後、一時は仕事に復帰されていたのに、こんなに早く訃報を聞くことになろうとは。

 一番私の印象に残っているのは、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』のジョルジュ役。ゲイの夫婦で男性の妻アルバン(市村正親)を愛する夫の役でした。カッコよくて明るくて包容力があって、ジョルジュにはぴったりでしたっけ。この名コンビによる『ラ・カージュ…』をもう二度と観られないと思うと、残念でたまりません。

 そして、米原万里さん。鋭い視点とユーモアのある語り口のエッセイが大好きでした。冷戦時代にプラハのソ連学校で学んだ米原さんが、その学校生活や同級生のその後の人生を語った『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)はとりわけ印象深く、馴染みのない東側の国を垣間見て驚くことしきりでした。

 ご自分の癌について書いた文章も拝見しましたが、米原さんらしい客観的で淡々としたものだったように記憶しています。大学院の同級生でロシア・東欧文学者の沼野充義氏の追悼記事(読売朝刊に掲載)によると、沼野氏が送った見舞い状に対して、米原さんは逆に「とにかく楽しく生きましょう」と励ましてくれたとのこと。常に前向きに生きた方でした。

 お二人のご冥福をお祈り申し上げます。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/26

関西弁の「~はる」

 関西弁で使われる敬語表現の「~はる」という言葉が好きです。いわゆる敬語ほど堅苦しい印象ではなく、さりげなく敬意や丁寧さを伝えられるところが好ましい。関西弁が柔らかい印象を醸し出すのは、この「はる」によるところも大きいのではないかしら。

 例えば、「○○が来た」の敬語は「来られた」「いらっしゃった」「おいでになった」など、かなり改まった感じがしますが、関西弁の「来はった」は「来た」と「来られた」などの中間くらいの印象になります。そして一番の特徴は、友人や身内など敬語対象外の間柄にも使えること。

 関東には「~はる」に当たる表現がないため、敬語を使うほどではない場面では「来た」を使うしかなく、「来はった」を使う関西人と話していると、自分の言葉がぞんざいに思えてきます。そうかといって、こてこての関西弁である「はる」を使うわけにもいかず、関西弁の奥深さを実感しつつ、がさつにしゃべるしかありません。

 読売朝刊の連載コラム「新・日本語の現場」で今週、この「はる」を扱っていて、毎日興味深く読んでいます。この一両日は、「はる」を使う範囲が大阪と京都では微妙に違うことが論じられており、これまた面白い。

 どうやら、大阪より京都のほうが「はる」を使う範囲が広いようで、身内や物にも「はる」を使うのは京都だけという説が出ていました。京ことばの「はる」には、①相手を敬う言い回し(ふつうの敬語)、②大切な品物や動物に対するもの(例:おみこしさんが通らはる)、③身内への「はる」(相手の立場になって身内を評する意味合い、例:うちの子、よう泣かはります)、三つの用法があるそうです。

 そうそう、外国人向けに『聞いておぼえる関西弁入門』なる本が出版されていて、その中でも「はる」の使い方が説明されているそうな。「はる」を使いこなす外国人……ステキだわ。

【追記】2006年5月29日
 今日の読売朝刊に「新・日本語の現場」拡大版の方言についてのアンケート調査結果が載っています。この記事とは直接は関係ないけれど、興味深い結果が出ているので追記しておきます。
 出身地の方言を使う人と使わない人はほぼ3対2で、そのうち出身地の言葉を使う傾向が強いのは富山、京都、奈良、鳥取、兵庫、山口、反対に東北出身者は8割が使わないそうです。
 出身地以外で話してみたい方言は、京都弁、沖縄弁、福岡弁、大阪弁。3割近くは兵庫を含める関西地方の方言。一方、耳にしたくない方言のトップも関西弁とのことです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/05/24

江戸検定

 「江戸検定」(正式名称「江戸文化歴史検定」、公式サイトはこちら)なるものが今秋からスタートするらしい。最近のご当地検定ブームについに東京も乗ったのか、と思いきや、東京にはすでに「東京シティガイド検定」という検定があり、2003年スタートのこれこそがブームの元祖であることを、今回初めて知りました。

 「江戸検定」は、江戸の歴史や文化に関する広範で高度な知識をチェックするもので、1級から3級まであり、今年11月にまず2級と3級の試験が実施されます。4択のマークシート問題100問のうち70%以上の正解で合格。例えば、こんな問題が出るそうです。

    江戸は「大江戸八百八町」といわれますが、
    江戸初期、実際にはどのくらいの町があったのでしょうか。
    (1)300町 (2)500町 (3)1000町 (4)1600町
 
    正解(1)
    江戸初期には約300町だったが、その後1745年には
    1678町にまで成長した。
 
 もちろん、こんな問題、ちっともわかりません。6月に公式テキストが発売されるそうなので、とりあえず購入してみようと思います。そういえば、私、以前、「京都検定」の公式テキストも取り寄せたのでした。どうやら、こうしたご当地検定は、私のようなヒマな、もとい、時間に余裕のある中年、熟年世代をターゲットにしているようです。ほとんど役に立ちそうもないけれど、知識を「資格」認定される張り合いがあるからでしょうね。

 ほかにも、北海道フードマイスター、ナマハゲ伝導士、松本検定、金沢検定、奈良まほろばソムリエ、姫路観光文化検定、岡山文化観光検定、萩ものしり博士検定、宇和島「通」歴史・文化検定、九州観光マスター、長崎歴史文化観光検定、鹿児島観光・文化検定などなど、実にたくさんあるんですよ。びっくりしました!

【追記】(2006年6月30日)
 今日の読売朝刊に掲載されていた「ご当地検定続々」という記事によれば、現在計画中の検定を含めて60以上もあるそうです。富士山検定、伊賀学検定、検定お伊勢さん、きんぎょ検定(奈良県大和郡山市)、明石タコ検定など、ユニークな検定もあります。
 地域検定振興協議会による地域検定応援サイト「御当地通」も開設されたとのこと。ご当地検定ブームはしばらく続きそうです。

関連記事:
『大江戸見聞録』 (2006年9月20日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

映画『ダ・ヴィンチ・コード』

 週末に公開された『ダ・ヴィンチ・コード』をさっそく観てきました。「カンヌでジャーナリストの失笑を買う」というニュースを聞いて心配していましたが、原作をそつなくまとめて映画化されていて、なかなか楽しめました。

 原作では上巻のかなりの部分がソニエールのダイイングメッセージの解読に費やされていて、そこにこの小説の『ダ・ヴィンチ・コード(ダ・ヴィンチの暗号)』たる面白さがあるのですが、映画ではそのあたりが大幅にカットされているのはやむを得ないことでしょう。私としては、ルーブル美術館をはじめ、シャトー・ヴィレット、テンプル教会、ロスリン礼拝堂などを実際に見ることができたことが一番の収穫でした。

 何世紀も前に建てられた古色蒼然とした教会を目にすると、イエスとマグダラのマリアの子孫が生きているという話も「あるかもしれない」と思えてくるから不思議。そうした映像に助けられて、荒唐無稽とも思える話がスピーディーなストーリー展開によって一級の娯楽映画に仕上がっていたと思います。

 そうそう、ロスリン礼拝堂で真実がわかる場面は、小説のほうがドラマチックで映画向きな気がしました。礼拝堂に人がぞろぞろ出てくるのは興醒め。

 それにしても、『ダ・ヴィンチ・コード』の原作も映画も何故、日本でこんなに人気があるのか、意外な気がします。キリスト教の素地がない日本人にはピンとこない話なのに。キリスト教に関係がないから、聖杯の話もイエスの子孫の話もフィクションとして単純に面白がれるのかしら。幅広い世代の観客で満員の映画館で、いろいろな人の感想を聞いてみたくなりました。

 ひさしぶりに見たトム・ハンクスは額が後退していて「おじさんになったなぁ」と思ったけれど、相変わらずいい役者ですね。ガンダルフのイメージが強烈なイアン・マッケランがティービングという配役は面白い。でも、やっぱりガンダルフが好き。

 初日早々、この映画を観て、ブログの記事にしているブロガー仲間の桜桃さんはせまなさん惑さんの記事にトラックバックを送らせていただきます。

関連記事:
『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン) (2005年4月11日)

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

| | コメント (6) | トラックバック (9)

2006/05/16

『王妃マリー・アントワネット』(遠藤周作)

王妃マリー・アントワネット (上巻) (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット (上巻) (新潮文庫)
王妃マリー・アントワネット (下巻) (新潮文庫)

 宝塚の『ベルサイユのばら』を星組版、雪組版と観ているうちに無性に原作が読みたくなって、30年ぶりに全巻通して読んだら、すっかりベルばらワールドに取り付かれ、さらにこの小説を再読しました。これは、今年11、12月に帝劇で上演されるミュージカル『マリー・アントワネット』の原作でもあります。

 この小説を読んだのは約20年ぶり……もともと遠藤周作ファンの私は当時、遠藤氏によるこのフランス革命の小説を興味深く読んだはずですが、詳しい内容はほとんど忘れていました。今回再読してみたら、遠藤氏ならではの視点からフランス革命やマリー・アントワネットが語られ、遠藤周作の小説の世界を懐かしく思いました。

 『ベルばら』のようなロマンスを期待しては、肩透かしを食わされます。命を賭けて王妃一家を救い出そうとするフェルセン(この小説では「フェルゼン」と濁らない)は登場しますが、ロマンスの香りはほとんどありません。革命勃発前にベルサイユ宮殿で二人の甘い語らいがあるわけではありません。やはり無意識のうちに、そういうものを期待してしまう私……。

 この小説の主役はフランス王妃のマリー・アントワネットですが、マルグリットという貧しい境遇の女性をアントワネットの対極に置いて、二人の女性の生き方を対比させつつフランス革命を語っています。その一方でキリスト者としての遠藤氏は、自身のキリスト教観を修道女アニエスに代弁させているようにも思えました。遠藤氏にとって唯一の海外歴史小説ですが、留学したフランスの地に対する格別の思いを感じます。

 『エリザベート』や『モーツァルト!』のミヒャエル・クンツェ、シルヴェスター・リーヴァイのコンビがこの原作をどんなミュージカルに仕上げるか、期待は膨らみます。涼風アントワネットに対して、井上フェルセンは若すぎるように思えるけれど、大丈夫なのか? 山口カリエストロの使い方に興味津々。Wキャストのマルグリットも楽しみです。

関連記事:
『マリー・アントワネット』(東宝ミュージカル) (2007年5月17日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

昭和記念公園のポピー

06050605

 遅ればせながら、GW中に出かけた昭和記念公園(公式サイトはこちら)のポピーの写真をアップしておきます。

 前々から行ってみたかった立川の昭和記念公園にようやく行くことができました。とにかく広い……入口からこのポピー畑まで約3キロもありました。さらに奥のほうまで散策したので、かなり歩いたことになります。ゴルフの翌日だったせいもあり、文字通り脚が棒のようになりました。

 秋はこのポピー畑がコスモス畑になるそうなので、「今度はその頃、仲間を誘ってお弁当持参で来ようね」と、一緒に行った友人と話しました。その時はできれば、レンタサイクルを借りて園内を回ってみたいです。

 ところで、ポピー(poppy)は英語ですが、日本語では「雛罌粟(ひなげし)」、フランス語では「コクリコ(coquelicot)」、スペイン語では「アマポーラ(amapola)」、中国語では「虞美人草」と言います。実は私、宝塚歌劇の劇中歌で知ったのでした(^^ゞ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/05/11

会社仲間と会食

 昨日はひさしぶりに、以前、勤めていた会社の人たちと会いました。社内結婚した友人夫妻が一席設けてくれたもの。この男性陣とこういう席で会うのは初めてでしたが、同じ時代に同じ会社で働いていた仲間というのは、年代も性別も超えて不思議な共有感があります。

 こうして昔の仲間が集まると、話題は「○○さんは今どうしている」という共通の知人の消息話になるのが自然の成り行き。当時の顔を思い浮かべながら、いろいろな人の消息を聞いていると、驚いたり感心したり同情したり、なかなか感慨深いものがありました。例えて言えば、小説の後半にたどり着いて、前半からの話の展開がわかったという感じかしら。

 意外な人が出世して、意外な人が途中退社して……サラリーマン人生ってわからないものですね。もちろん、会社で出世しても必ずしも幸せとは限らないし、人生は最後までわからないのだけど……。会社というのはやっぱり、得体の知れない奇妙な世界なのです。

 お気楽OLだった私にとって、10数年間の会社生活は、自由気ままにやりたいことができたハッピーな時代。"お局"なりの苦労はあったけれど、今になってみるとみんないい思い出に思えます。そして昔も今も、世の中のあれこれを見せてくれる勉強の場でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

『オバケのQ太郎』

 アニメ『オバケのQ太郎』でQ太郎の声優を務めた曽我町子さんが亡くなられました。新聞の訃報記事によると、『オバQ音頭』も曽我さんが歌っていたそうで、これは初耳でした。

 オバQ世代の私としては、曽我さんのオバQの声を思い出そうとするのですが、何故か、オバQではなくドラえもんの声が出てきてしまう……ちょいと不本意です。そもそも私は、一世を風靡した我らのオバQがぱったり消えて、その後、登場したドラえもんは現在にいたるまで長々と人気を保っていることが何となく気に食わないのです。そりゃあ、犬に弱くて毛が3本しかないオバケより、四次元ポケットからいろいろな道具を出してくれるネコ型ロボットのほうが面白いし、頼りになるに違いないけれど。

 Wikipediaの「オバケのQ太郎」の項を見ると、初めてアニメ化されてテレビ放映された1965年(昭和40年)から67年には最高視聴率36.7%を記録し、「オバQブーム」と呼ばれる社会的現象にまでなった、とあります。もちろん、私も毎週欠かさず見ていました。当時の子供なら誰でも一度は、鉄腕アトムとオバQを描いてみたことがあるのではないかしら。

 後年、1971年と1985年から、新シリーズが放映されたそうですが、それについては覚えがありません。単行本はすべて絶版になっているそうで、その理由をさまざま憶測されていることも今回初めて知りました。

 こうして爆発的人気の割にあっけなく消えてしまったオバQですが、アニメのエンディングテーマだった『オバQ音頭』はその後もロングランを続け、かなりの間、盆踊り曲の定番の1つとして使われていました。曽我さんの歌うこの音頭で、私もよく踊ったものです。オバケラオバケラ、バケラッタ、バケラッタ~のク~ルクル♪

 曽我さんのご冥福をお祈りいたします。

関連記事:
盆踊りを踊りたい! (2004年8月3日)
昭和の日曜日のテレビ番組(後編) (2005年2月20日)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/08

ゴルフの楽しみ

 GW中、夫と山梨にゴルフに出かけました。季節もよくお天気にも恵まれ、絶好のゴルフ日和……毎回、こんなコンディションならゴルフはもっと楽しいのだけど。

 運動神経がにぶく、スポーツとは無縁だった私がゴルフを始めたのは、ひとつくらい夫の共通の趣味があったほうがいいかと思ったから。しかし案の定、レッスンを積んでもなかなかボールはまともに飛んでくれません。ようやくゴルフ場デビューしてみれば、計測不能なほどの大たたきが続いて、センスがないことを思い知らされました。

 が、石の上にも数年……たまには(!)会心のショットも出るようになって、ゴルフの楽しさが少しずつわかってきました。とくに今回のように、青空の下、フェアウェイの芝生も木々の新緑もきらきらと美しく、遠くの山々まで見渡せるティーグランドに立つと、「この自然、私のもの」という気さえして、満ち足りた気持ちになります。そこにナイスショットの白球が飛んでいけば、さらに充足感が広がることは言うまでもありません。

 多くても1組4人にキャディーさんを加えた5人だけで広々としたフェアウェイを独占できるのですから(遠くに前後の組はいるにしても)、実に贅沢なスポーツです。スポーツとして技を磨いていく楽しみと、自然の中に身を置く心地よさがゴルフの醍醐味と言えそうです。

 けれども、飛行機から地上を見下ろすと至る所にゴルフ場があって、その乱開発ぶりを再認識させられ、ゴルファーの端くれとしては複雑な思いがします。私が楽しんでいる自然は、本来の自然を壊して人工的に造成したものなんですよね。そう考えると、「自然の中でゴルフを満喫」などとは軽々しく言えず、ちらりと罪悪感も覚えるのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/01

2006年5~6月

5月
545、ゴルフの楽しみ
546、『オバケのQ太郎』
547、会社仲間と会食
548、昭和記念公園のポピー
549、『王妃マリー・アントワネット』(遠藤周作)
550、映画『ダ・ヴィンチ・コード』
551、江戸検定
552、関西弁の「~はる」
553、二つの訃報記事

6月
554、文庫の文字サイズ
555、『文章読本さん江』(斎藤美奈子)
556、人前でのお化粧を認められますか?
557、「ボンディ」(神保町)
558、「二三六」(下北沢)
559、『コパカバーナ』(宝塚星組公演)
560、『徳川の夫人たち』(吉屋信子)
561、「たそがれのTompei 追憶の東京都編」
562、『昭和史(戦後篇) 1945→1989』(半藤一利)
563、江戸城のハナショウブ
564、『出没アド街ック天国』
565、この音、聴こえますか?
566、「お寺の花子さん」

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »