« ゴルフの楽しみ | トップページ | 会社仲間と会食 »

2006/05/09

『オバケのQ太郎』

 アニメ『オバケのQ太郎』でQ太郎の声優を務めた曽我町子さんが亡くなられました。新聞の訃報記事によると、『オバQ音頭』も曽我さんが歌っていたそうで、これは初耳でした。

 オバQ世代の私としては、曽我さんのオバQの声を思い出そうとするのですが、何故か、オバQではなくドラえもんの声が出てきてしまう……ちょいと不本意です。そもそも私は、一世を風靡した我らのオバQがぱったり消えて、その後、登場したドラえもんは現在にいたるまで長々と人気を保っていることが何となく気に食わないのです。そりゃあ、犬に弱くて毛が3本しかないオバケより、四次元ポケットからいろいろな道具を出してくれるネコ型ロボットのほうが面白いし、頼りになるに違いないけれど。

 Wikipediaの「オバケのQ太郎」の項を見ると、初めてアニメ化されてテレビ放映された1965年(昭和40年)から67年には最高視聴率36.7%を記録し、「オバQブーム」と呼ばれる社会的現象にまでなった、とあります。もちろん、私も毎週欠かさず見ていました。当時の子供なら誰でも一度は、鉄腕アトムとオバQを描いてみたことがあるのではないかしら。

 後年、1971年と1985年から、新シリーズが放映されたそうですが、それについては覚えがありません。単行本はすべて絶版になっているそうで、その理由をさまざま憶測されていることも今回初めて知りました。

 こうして爆発的人気の割にあっけなく消えてしまったオバQですが、アニメのエンディングテーマだった『オバQ音頭』はその後もロングランを続け、かなりの間、盆踊り曲の定番の1つとして使われていました。曽我さんの歌うこの音頭で、私もよく踊ったものです。オバケラオバケラ、バケラッタ、バケラッタ~のク~ルクル♪

 曽我さんのご冥福をお祈りいたします。

関連記事:
盆踊りを踊りたい! (2004年8月3日)
昭和の日曜日のテレビ番組(後編) (2005年2月20日)

|

« ゴルフの楽しみ | トップページ | 会社仲間と会食 »

コメント

∥何故か、オバQではなくドラえもんの声が出てきてしまう……

あ、まさにそういう状態で、思い出そう以前の話です。
だって、原作もどこかでチラッと見たきり、アニメも同じ。
ただ「オバQ音頭」については、盆踊りの時に子ども向きにかかっていたのでよく覚えています。

投稿: | 2006/05/09 12:28

>涼さん

 こんにちは。

 確か、オバQも大山ドラえもんのようなハスキー声だったような気がするんですけど……。涼さんの場合は子供さんがいらっしゃるから、ドラえもんのほうがお詳しそうですね。

投稿: Tompei | 2006/05/09 16:16

私の世代は「5年3組魔法組」「デンジマン」「サンバルカン」そして「ミクロイドS(マメゾウ・声)が印象的でした。
すごくインパクトのある人だっただけに亡くなると衝撃と共に悲しみが込み上げます。

投稿: BB | 2006/05/09 22:39

実は「特撮俳優界の女王」と呼ばれ悪役の女王、魔女役がはまり役で、言われてみると派手な化粧で、目鼻立ちのはっきりした顔をさらに際立たせると普通の日本の女性には出せない迫力があったのは事実でそんな顔をよく見ていたのは子供につきあってみていた戦隊物だったかもしれません。

投稿: | 2006/05/09 23:30

>BBさん

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 BBさんの曽我さんの訃報に関する記事も読ませていただきました。BBさんがあげられた番組はどれも見たことがありませんでしたが、そうしたインパクトのあるご活躍をされていたことを知って、68歳という早すぎる死をますます残念に思いました。

投稿: Tompei | 2006/05/10 07:42

>惑さん

 おはようございます。

 上のBBさんのブログで曽我さんの写真を拝見して、魔女役がはまり役ということに納得しました。新聞やネットの訃報記事では「オバQの声優」という経歴ばかり強調されていたけれど、オバQ以降も曽我さんならではのご活躍をされていたんですね。記事を書いている側もオバQ世代なのかもしれません。

投稿: Tompei | 2006/05/10 07:59

Tompeiさん、「おばけのQ太郎」懐かしいです。昔、白黒テレビしかなかった頃、主題歌はたしかその当時子供番組の司会をやっていた石川進さんが(キューピーちゃん)が歌っていて、夏の盆踊りも「おばQ音頭」が流れていました。踊ったことがありますよ。おばQにはいろんな話しがありましたが中でも覚えているのはQちゃんがゴジラやアメリカおばけのドロンパと大食い大会に出て一位になった話し。(今でいうフードファイトですね。)わんこそばをおいしそうに食べていたQチャンの顔が浮かんできます。そのあとに出た「新お化けのQ太郎」もみていました。弟のO次郎くんはこちらに出てきます。単行本が全部絶版とは悲しいですね。もう一度読んでみたいです。思えばあのころは藤子不二雄さんアニメ全盛時代で「おばQ」「うめぼしデンカ」「パーマン」「ドラエモン」と続きます。


投稿: みかん | 2006/10/21 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オバケのQ太郎』:

« ゴルフの楽しみ | トップページ | 会社仲間と会食 »