« 2006年5~6月 | トップページ | 『オバケのQ太郎』 »

2006/05/08

ゴルフの楽しみ

 GW中、夫と山梨にゴルフに出かけました。季節もよくお天気にも恵まれ、絶好のゴルフ日和……毎回、こんなコンディションならゴルフはもっと楽しいのだけど。

 運動神経がにぶく、スポーツとは無縁だった私がゴルフを始めたのは、ひとつくらい夫の共通の趣味があったほうがいいかと思ったから。しかし案の定、レッスンを積んでもなかなかボールはまともに飛んでくれません。ようやくゴルフ場デビューしてみれば、計測不能なほどの大たたきが続いて、センスがないことを思い知らされました。

 が、石の上にも数年……たまには(!)会心のショットも出るようになって、ゴルフの楽しさが少しずつわかってきました。とくに今回のように、青空の下、フェアウェイの芝生も木々の新緑もきらきらと美しく、遠くの山々まで見渡せるティーグランドに立つと、「この自然、私のもの」という気さえして、満ち足りた気持ちになります。そこにナイスショットの白球が飛んでいけば、さらに充足感が広がることは言うまでもありません。

 多くても1組4人にキャディーさんを加えた5人だけで広々としたフェアウェイを独占できるのですから(遠くに前後の組はいるにしても)、実に贅沢なスポーツです。スポーツとして技を磨いていく楽しみと、自然の中に身を置く心地よさがゴルフの醍醐味と言えそうです。

 けれども、飛行機から地上を見下ろすと至る所にゴルフ場があって、その乱開発ぶりを再認識させられ、ゴルファーの端くれとしては複雑な思いがします。私が楽しんでいる自然は、本来の自然を壊して人工的に造成したものなんですよね。そう考えると、「自然の中でゴルフを満喫」などとは軽々しく言えず、ちらりと罪悪感も覚えるのでした。

|

« 2006年5~6月 | トップページ | 『オバケのQ太郎』 »

コメント

ご夫婦でゴルフ、カッコイイ!

>ちらりと罪悪感も覚えるのでした。
全くこういう施設が必要ないかというと、ゴルファーだけでなく、このような施設があるがために恩恵を受ける人もいるわけで。地元の労働力の活性化とか・・・。

利用する側に、チラッと頭の隅に、自然との共存をいつも認識している事が大事かと。そんな事言ったら、私たちが先日行ったシーなんて、海をつぶして人口の海造って、毎日わんさかゴミを出してるわけでして・・・^^;。

自然と娯楽・・・の共存。難しいテーマですねえ。でも難しいからと全く度外視せず、環境破壊も心にとめながら、施設をうまく利用したいですね^^

投稿: 桜桃 | 2006/05/08 15:12

>桜桃さん

 こんばんは。

>ご夫婦でゴルフ、カッコイイ!

 カッコイイ夫婦がやればカッコイイんでしょうけれど、我が夫婦はけっしてカッコよくありません(--;)。見かけもゴルフの腕前も。あ、夫はそれなりだけど、私が激しく下手っぴなので(;_;)。

 桜桃さんがおっしゃるとおり、自然とリゾート開発の問題は難しいですね。例えば、海外の南の島のリゾートだって、リゾート地を開発することによって、自然はある程度破壊されるけれど、その土地や国が経済的に潤うわけですものね。人間の欲は限りないけれど、地球を自分たちが住めないようなところにするほど愚かではないと信じたいですね。

投稿: Tompei | 2006/05/08 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフの楽しみ:

« 2006年5~6月 | トップページ | 『オバケのQ太郎』 »