« 「ボンディ」(神保町) | トップページ | 『コパカバーナ』(宝塚星組公演) »

2006/06/11

「二三六」(下北沢)

 一昨日は神保町、昨日は下北沢……夫不在の週末に遊び歩く悪妻です。あ、夫がいても平気で出かけますが、やっぱり解放感が違いますからね。夫も今ごろ、解放感にひたっているに違いない……どっちもどっちです。

 さて、昨日のお目当てはお好み焼。1ヵ月程前、テレビの「VVV6」に登場した関西風お好み焼のお店「二三六(ふさろく)」(livedoorグルメ)です。ねぎ焼きがとても美味しそうだったので、一度食べてみたかったのです。カウンターが10席程の小さなお店のようなので、混まないうちに、と5時前に入店。

 生ビールを飲みながら、注文した豚ねぎ焼きと明石焼きが焼きあがるのを見守る、期待に満ちたひととき。薄い生地の上に山盛りの青ねぎと豚バラを乗せ、ひっくり返してコテで圧縮、整形。仕上げにお醤油ダレを塗って出来上がり。これが何とも美味しくて……お醤油が焦げた香ばしさとねぎの絶妙な組合せに一口で魅了されました。

 ねぎ焼きといえば、本場関西では「スジこん」(牛スジとこんにゃくを煮たもの)を入れるのが一番人気とか。このお店でも注文が多いようでした。次回はぜひ、牛スジねぎ焼きを鉄板から直接コテで食べよう。それが関西の流儀なんですって。明石焼きも、追加注文した焼きそばなども美味しかったけれど、やっぱりねぎ焼きが一番気に入りました。

 お茶は、普通の民家を改造した「mois cafe」で。店内には不思議なモビールや絵や小物が展示されていてシュールな雰囲気でしたが、これは期間限定のイベントらしい。展示物のないシンプルな空間のほうが情緒がありそうです。

|

« 「ボンディ」(神保町) | トップページ | 『コパカバーナ』(宝塚星組公演) »

コメント

Tompeiさん

>あ、夫がいても平気で出かけますが、やっぱり解放感が違いますからね。夫も今ごろ、解放感にひたっているに違いない……

私も子どもがいても平気で出かけますから^^;

お好み焼きのじゅーじゅー焼ける写真が見たかったです(笑)

実は下北沢も中学生の頃ほんの少し住んだことがあります。

住んでいた時はちっともお洒落な街だということを認識していなくて、今ごろになってもっと遊んでおけばよかったと後悔しています。

投稿: ぶんぶん | 2006/06/15 15:59

>ぶんぶんさん

 こんばんは。

>実は下北沢も中学生の頃ほんの少し住んだことがあります。

 あら、そうなんですか?! 確か、中学は静岡ではなかったかしら? 引越しが多くてたいへんでしたね。

 下北沢は、今のところに引っ越してきてから行くようになったんだけど、ごちゃごちゃしたところにピンからキリまでいろいろなお店があって面白い街です。都心より安いのでお得な感じ。

 ねぎ焼きはかなり気に入ったので、昨日青ネギを買ってきて作ってみたんですが、イマイチの出来でした(^^;)。

投稿: Tompei | 2006/06/15 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/10477136

この記事へのトラックバック一覧です: 「二三六」(下北沢):

» moiscafe [さんぽみち]
下北沢でランチ。晴れましたね〜前から気になっていたカフェに行ってみました。moiscafeです。ここは路地裏にあり、わかりにくいです。家の前に、カフェのメニュー看板が無かったら、気付かないですね。見た目が普通の一軒家ですから、通り過ぎますよ。築40年くらいらしい...... [続きを読む]

受信: 2006/06/17 20:00

« 「ボンディ」(神保町) | トップページ | 『コパカバーナ』(宝塚星組公演) »