« 「アリス in 歌舞伎」(東銀座) | トップページ | 『スーパーマン・リターンズ』 »

2006/08/24

うまい棒とうまか棒

06082401_1
 銀座の街頭で配っていた「Hot Pepper」グルメサイト宣伝用のうまい棒をもらってきました。最近はティッシュももらわないのに、つい手が出てしまったのです。

 その時の友人との会話。
私「ねぇ、うまい棒って昔はうまか棒と言っていたよね?」
友「???」
私「ほら、『うまっかぼー♪』っていうCMがあったじゃない?」
友「うーん……それはアイスじゃなかった?」
私「……そういえば、そんな気がしてきた。確か、当たりがあったっけね」

 というわけで、ネットで調べてみたところ――。おお、出ていた! ウィキペディアの「うまい棒」のに「名前が似ているためか、明治乳業のアイスクリーム製品うまか棒と混同されることも多い」と書いてありました。明治のサイトによれば、現在もミニタイプのパックが販売されているようです。

 うまい棒は1979年に販売開始されたそうですが、うまか棒の販売開始年は不明のため、どちらが先に出たかはわかりません。どちらにしても、真似っぽいですよね。

 ところで、このうまい棒は今や駄菓子のロングセラー商品ですが、実は私、今まで食べたことがありませんでした。だって、1979年にはもう駄菓子を買い食いするお子ちゃまを卒業していたんだもの。本物(?)の駄菓子屋世代は「うまい棒を知らない子供たち」なのです。

 初めて食べたうまい棒は一番人気のめんたい味。めんたいこ味のでっかいカール(1968年販売開始、この種のスナック菓子の先駆け)って感じかな。機会があれば、ほかの味も試してみたいけれど、自分で買うことはないでしょう。うまい棒のフレーバーの歴史を知りたい方は、販売元やおきんの「うまい棒年表」へどうぞ。

|

« 「アリス in 歌舞伎」(東銀座) | トップページ | 『スーパーマン・リターンズ』 »

コメント

こんばんは!

ちょうど駄菓子買い食い全盛期で、学校帰りはほぼ毎日「うまい棒」を食べていた私です(^^;
が、大人になってからもう何年も食べてません。
久しぶりに買ってみようかな (^-^)

ちなみに、「うまか棒」は食べたことありません・・・

投稿: アリス | 2006/08/24 22:43

>アリスさん

 こんばんは。

>ちょうど駄菓子買い食い全盛期で

 あら、またしても世代の違いが証明されましたね(^^)。その頃も10円だったでしょ? ずっと10円という値段を変えずに、長さが短くなっているんですって。

投稿: Tompei | 2006/08/24 23:50

10円と言えば・・ビニールに入ったチクロ入りのオレンジジュース。黒糖の麩菓子がありましたよね、くじがついていて当たるともうひとつもらえたりしたような、袋になんか入っていません。
白いんだけど舐めていると色が変わる変わり玉というのもあったなぁ。
赤とか黄色のビニールのストローに入ったマンボという白い甘い・・あれは何だったんでしょう。
5円のくじつきのフーセンガムもあったなぁ。
ちなみに「うまい棒」は1979年に発売だそうですよ、駄菓子買い食いはとっくに卒業してましたねぇ(笑)。

投稿: | 2006/08/26 01:02

1979年発売ってちゃんと記事の中に書いてありましたね。おっと駄菓子だぁと即コメント入れてしまいました(笑)。ガムはフィリックス(猫)のガムとオレンジフーセンガムは今でもあるようです。袋になんか入っていなくて、くじで本数が多く当たったりするベビーカステラみたいなお菓子とか、くじ物は多かったですよね。おせんべいや、かりんとうは量り売りしかなかった時代の駄菓子屋ですからねぇ。

投稿: | 2006/08/26 01:17

>惑さん

 こんにちは。

>ビニールに入ったチクロ入りのオレンジジュース

 ありましたねぇ! ビンの形をしたふにゃふにゃのビニール入り。もちろん果汁ゼロで、舌がオレンジ色に染まるだけ。粉末ジュースもありましたね>渡辺のジュースの素。

 麩菓子は1本5円でした。無気味な赤い色でしたよね。私は今でもこれが好きで、20本位入った袋を買ってきたりします(^^ゞ。

 飴といえば、円錐形をした大きめのピンク色の飴にお砂糖がついたのを思い出します。ひもがついていて、これも当たりがあるの。

>赤とか黄色のビニールのストローに入ったマンボという

 歯でしごきながら食べるお菓子かしら? 正体不明のものが多かったですよね。透明の太めのストローにゼリー状のものが入っていて吸って食べるのとか、試験管状の容器に入ったものを竹串でなめるのとか……合成着色料、合成甘味料満載で、体に悪そうなものばかり食べていました。

 フーセンガムもオレンジガム(箱に丸いガムが4個入ったのでしょ?)も5円。これとサイコロキャラメルとライスチョコ、しめて20円也で、ガムとキャラメルとチョコがそろった時代でした。

投稿: Tompei | 2006/08/26 13:33

Tompeiさん、私は「うまい棒」のことは知らなかったのですが、先日主人が知人のパーテイによばれていってアトラクションの景品に「うまか棒」を袋にいっぱいもらって帰ってきたのです。噂をすれば影というかタイミングがいいというか。たこ焼き味にチキンカレー味にピリ辛味と結構種類があってカールのようでした。思い返してみれば子供会の集まりの時に子供に配るお菓子の詰め合わせセットの中にいつもはいってるんですよね。それと「うまか棒」と名前が似ていますが「棒チョコ」というのがありましてちょうどお箸ぐらいの長さで棒状のウエハースの中にチョコレートが詰まっていました。
懐かしいなあ。おやつというと遠足。遠足のおやつは私の小学校の時分は100円まででそれ以上もってくると没収という厳しい掟があったので遠足の前の日に悩みながらお菓子を買いに行ったのを思い出します。10円のお菓子を10個買ったような。
ガムにキャラメルは10円でチョコレートは高かったなあ。ビニール入りのジュースは田舎のおばあちゃんの家へ行くと近所に売っていました。今ではお目にかかれませんねえ。

投稿: みかん | 2006/09/12 16:36

>みかんさん

 こんばんは。

 うまい棒は大人が食べてみると、あんまりうまい棒ではないですよね(^^;)。「棒チョコ」は知りませんでした。「フィンガーチョコ」ってのもありましたね。

 遠足のおやつは100円だったか、50円だったか……。林間学校のお小遣いが確か500円だったような記憶があります。予算内でできるだけいろいろなお菓子を買うのが楽しみでしたね。

投稿: Tompei | 2006/09/12 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまい棒とうまか棒:

« 「アリス in 歌舞伎」(東銀座) | トップページ | 『スーパーマン・リターンズ』 »