« 『大江戸見聞録』 | トップページ | 金木犀と銀木犀 »

2006/09/23

新しい名前

 というわけで、江戸について学ぶ日々ですが、ここで皆さんに問題です。
(1)「南総里見八犬伝」の作者は誰?
(2)浮世絵「東海道五十三次」を描いたのは誰?

 いきなり失礼しました。皆さんがどう答えるか、興味津々なのです。さて、あなたの答えはどちら?
(1)滝沢馬琴? それとも、曲亭馬琴?
(2)安藤広重? それとも、歌川広重?

 私は遥か遠い学生時代、「滝沢馬琴」「安藤広重」と習いましたが、最近は「曲亭馬琴」「歌川広重」と呼ぶらしいんですよ。江戸検定のテキストも高校の教科書も後者になっています。いつからこうなったのでしょうね。

 調べてみると――。「滝沢馬琴」とは明治以降に使われるようになった表記で、本人はこう用いたことはないそうな(「滝沢」姓は本名)。「曲亭馬琴」という筆名は、読み方を変えると「くるわでまこと」(廓で誠)、遊郭でまじめに遊女に尽くしてしまう野暮な男という意味らしい。この筆名に敬意を表して(?)、こちらを採用しているようです。

 一方の広重は――。本名は「安藤」姓ながら、浮世絵師の歌川豊広に入門し、「歌川広重」の名を与えられたそうです。だから、浮世絵師としてはこちらの名前を使ったほうがいいとのこと。

 確かに、言われてみれば「なるほど」とは思うけれど、「新しい」名前はどうもまだしっくりきません。結婚して姓が変わった時のような違和感があります。

|

« 『大江戸見聞録』 | トップページ | 金木犀と銀木犀 »

コメント

こんばんは!
うーん、私も前者(滝沢馬琴、安藤広重)で覚えているので、違和感アリアリです・・・
試験ではやっぱり後者で答えないと不正解なんでしょうか?
難しいですね・・・ (´・ω・`)

投稿: アリス | 2006/09/23 22:00

>アリスさん

 こんばんは。

 アリスさんも「滝沢・安藤」と聞いて、ちょっと安心しました(^^ゞ。となると、ここにいらっしゃる方はほとんどこちらと思われます。

 不正解ではないけれど、「あ、昔の呼び方ね…」と言われるかも? 江戸検定はマークシートだから、下の名前さえ覚えておけばOK(^^)。

投稿: Tompei | 2006/09/24 00:29

Tompeiさん、おはようございます。

掛け声だけ元気が良くて、勉強がはかどっていないぶんぶんです^^;

私ももちろん滝沢、安藤で教わりました。
やっぱりすっと頭に入らないんですよね。
一度インプットされたことを覚えなおすって
難しいです。

とはいえ、マークシート\_(・ω・`)ココ重要!
記述式だったら、全滅しそうです~^^;

投稿: ぶんぶん | 2006/09/24 07:18

>ぶんぶんさん

 おはようございます。って、ちっとも早くないわね……ぶんぶんさんは日曜日も早起きですね(^^)。

 「こんなことにいちいちこだわらずに先を急げ」と自分に言いたい気分(^^;)。4択のマークシートだから、全問答えれば25点は取れるはず……ですよね。


投稿: Tompei | 2006/09/24 10:55

滝沢馬琴、安藤広重だと思いこんでいました。
他の名前なんて知らなかったです。

我が家で一番若い息子に聞いたら
彼は滝沢馬琴と歌川広重で習ったそうです。
それで安藤でも、歌川でもどっちでもいいと。
ということは、3年前まで高校の教科書は
そうだったのではないかと。

すごい難しいです。
私はマークシートでもきっと0点です。(^^;


投稿: 陶片木 | 2006/09/24 22:00

先日、川瀬巴水の記事を書いたときに昭和の広重の異名を取るというので調べたときに、自分の覚えていた安藤広重では情報が殆どなく、海外含めて歌川広重になっているのに気がつき戸惑いました。滝沢馬琴もですか。う~ん。この30年くらいの間に誰かが言い出したんでしょうねぇ。安藤重右衛門、徳兵衛が本名で、師匠から歌川広重の名前をもらったという事なので、安藤広重と言う表現をしてしまった誰かに問題があるのかもしれませんね。

投稿: | 2006/09/24 22:53

 陶片木さん、惑さん、こんにちは。

>陶片木さん

 わざわざ息子さんに聞いてくださって、ありがとうございます。

 ということは、今まさに移行中か、はたまた教科書によってもまちまちということ? どういう経緯かわからないけれど、2つの名前があるのは紛らわしいですよね。

>私はマークシートでもきっと0点です。(^^;

 マークシートで0点取るのは至難の業ですってば……(^^;)。

>惑さん

 広重の場合、Googleの検索では「歌川」が「安藤」の3倍くらい、「Ando」が「Utagawa」の5倍くらいでした。日本国内では「歌川」への移行が進んでいるけれど、海外ではまだ「Ando」が主流ということでしょうか。

 国際的にも定着している名前を変えるのはかなり大胆なことですよね。いったい誰が言い出したんでしょう?

投稿: Tompei | 2006/09/25 10:40

すっかり出遅れております^^;

さすがにお勉強中の私はわかりましたが、でも、私もあれ?って思って、私の場合、覚えていない名前が正解とインプットしました(^_^;)が、三択ですよね、どうしよ!覚えなおせないよ~。

新幹線のお勉強はやはり全くはかどらず、肩の凝らない磐音さんシリーズに終始してしまいましよ。頑張らねば。

投稿: 桜桃 | 2006/09/27 14:01

>桜桃さん

 お帰りなさいませ。

 覚える速さより忘れる速さのほうがずっと早いので、ちっとも頭の中に蓄えられません(^^;)。ま、ぼちぼちまいりましょう。

 磐音シリーズって人気があるんですってね。アレが終わったら、読んでみますね。そういえば、『蒼穹の昴』の続編が発売されているようで、これもすごく気になります。

投稿: Tompei | 2006/09/27 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい名前:

« 『大江戸見聞録』 | トップページ | 金木犀と銀木犀 »