« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

今日の神宮外苑

0611300106113002

 青年館での観劇のついでに、神宮外苑のイチョウ並木の黄葉を見てきました。七分咲き、いや七分黄(こんな言葉はないけれど)くらいでしょうか。曇り空で黄色が映えないのが残念でしたが、大勢の人が黄葉を愛でにやって来ていました。

 6日前のようすを写した惑さんの写真と比べると、だいぶ黄葉が進んでいるようです。この週末の東京は晴れて気温がぐっと下がるようなので、さらに美しい黄葉が見られそうですね。さぞかし人出も多いことでしょう。

 惑さんの記事にトラックバックを送らせていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/29

宮崎のグルメ(その1)

 旅先で何を食するか――これは旅行を左右する大切な要素です。夕食がついてないホテル宿泊の場合はなおさら。というわけで、宮崎行きを決めてから、宮崎のグルメ情報をネットやガイドブックで調べて計画を立てました。

 宮崎と言えば、まず宮崎牛と宮崎地鶏。とくに、宮崎牛のステーキはぜひとも食べておきたい……そう思って、ステーキハウス「ミヤチク」に数日前に電話を入れたら、すでに夕食の予約は取れない状態。断られるとますます食べたくなって、仕方なくランチの予約を入れました。

Stake その結果、宮崎入りして最初の予定がステーキランチ。どしゃぶりの雨に意気消沈しながらも、宮崎牛のステーキを食べられると思うと心も躍るのでした。ランチにしては贅沢なサーロインステーキコース(3990円)を注文。写真(お店のサイトより)のような立派なお肉を目の前で焼いていただき、ジューシーで柔らかいステーキを堪能しました。

 焼いた肉は食パンの上に供されますが、肉を食べ終えるとその食パンをこんがり焼いてお砂糖をつけてくれます。これがまた美味しくて、ステーキやピラフでお腹はいっぱいなのに、さらにパンまで完食。至福のひとときでございました。

06112324 満腹&ほろ酔い(私だけ!)で雨の日南海岸をさらっとドライブして、ホテルにチェックイン。お腹がやや落ち着いたところで、おやつの「鯨ようかん」を一切れ食べました。この鯨ようかんは友人おすすめの一品で、空港で買い求めたもの。ようかんという名前だけど、お餅を餡ではさんであります。確かに上品な甘さで美味しい……けど、ステーキ完食後のおやつにはやはり重かった。賞味期限は当日のみで翌日には固くなり始めたため、かなり残してしまったことが悔やまれます。

 こうなると夕飯はもうあまり食べられません。そこで、宮崎ご出身のAyakokinさんご推薦の「吉長うどん」を食べに行くことにしました。ナビ付きのレンタカーは実に便利で、迷うことなく目的地に連れて行ってくれます。

06112326 このお店、朝6時から営業していて、地元の人が朝食を食べに来るそうです。この時間も地元の人で賑わっていました。素うどん160円――まずは安さにびっくり。きつねうどんとたぬきうどん、それにおにぎりで合計520円也! 前の人の真似をして、「ねぎを多めに」とお願いしたら、気前よくたくさん入れてくれました。

 いりこだしかと思ったら、鯵節みたいですね。だしがよくきいています。うどんは柔らかいけれど、ちゃんとコシがある。美味しかったです。最後はお腹がきついのに無理やり押し込んで、何とか完食。空腹の時にもう一度食べてみたいです。Ayakokinさん、宮崎ならではのお店を教えてくださって、ありがとうございました。

 続きはこちら→宮崎のグルメ(その2)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/27

宮崎は今日も雨だった

 しょうもないタイトルですみません。前述どおり、青空の日南海岸を求めて約30年ぶりに宮崎に行ってきましたが、はたして、やはり、案の定、雨にたたられました。前回とあわせて宮崎滞在のべ6日間で一度も青空らしい青空を見ていない私って……。

 3日間のお天気は雨、曇り、雨。全国的にいいお天気だったのに、近くで低気圧が発生したせいで南九州だけ雨が降ったようでした。私は低気圧女か?! こうなってくると、2日目に雨に降られずにゴルフをできたことはラッキーとさえ思えてくるのが、おかしいやら悲しいやら。

 それでも、日常から離れたひさびさの遠出はとても楽しく、いいリフレッシュができました。日南海岸、やっぱり好きです! 写真は、ホテルの部屋からの眺めと鵜戸神宮。うーん、青空がバックだったら、さらに素敵でしょうに……。

06112305

06112318

 今回宿泊したシーガイアのシェラトン・グランデは、部屋の広さ・設備、ロケーション、朝食バイキングとも申し分なく、ゆったりとくつろぐことができました。ここに泊まったことで、今回の旅行の印象がぐんとアップ。たまの旅行、ホテル選びはちょっと贅沢にいきたいものです。

 ゴルフはツーサムで回れるハイビスカスGCにて。シーガイアのトム・ワトソンGCは混んでいて、ツーサムの予約が入らなかったのです(名門フェニックスCCはツーサム×)。ゴルフバックを持参して飛行機で遠征するのは初めて。ゴルフを始めるまでは、「わざわざ遠征してまでゴルフをする人の気が知れない」と思っていましたが、いつの間にか私もそういう人種になってしまいました。ただし、スコアは万年初心者。

 宮崎まで飛行機で1時間半あまり。飛行機に乗ってしまえば、あっという間に着くのに、飛行機に乗るまでが何とたいへんなことよ。資金調達、休暇取得(夫)……そして、自分たちや家族の健康問題もろもろ。この2、3年、義母の体調がいまひとつで遠出を控えていましたが、現在まずまず落ち着いているので、今回「エイヤー」と決行しました。この先も長期旅行はなかなか難しい状況ですが、条件が整ったときは多少の無理をしても出かけたいと改めて思うのでした。

 そして、いつかまた日南海岸を訪れたい! お天気がよくなかったのは「また来い!」ってことに違いありません。懲りない私。

 宮崎の話はまだ続きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/21

フェニックス・ハネムーン

 突然ですが、「フェニックス・ハネムーン」という歌をご存じですか? 実はこの歌、今を去ることウン十年前に修学旅行で宮崎に行った時、バスガイドさんに教えてもらいました。今でもワンコーラスはしっかり歌えます。フェニックスの木陰 ンンンー ンンンー 宮崎の二人 ンンンー ンンンー♪

 調べてみたら、昭和42年にデューク・エイセスがシングル盤を出しているようです。私が修学旅行に行ったのはだいぶ後(強調!)のことになりますが、それでもまだ、「宮崎と言えば、新婚旅行」の時代でした。

 確か「修学旅行はどこに行きたいか?」というアンケート調査があって、11月という時節柄、北海道は候補になかったため、一番遠い場所が南九州で希望者多数だったんです。行きは宮崎までカーフェリー、帰りは鹿児島から夜行と新幹線を乗り継いでの長旅でした。

 それまで房総や伊豆の海しか知らなかった私は、雄大な日南海岸を息を飲む思いで眺めたことを思い出します。ただし、ほとんどの行程が雨模様で、「いつか青空の日南海岸を見たい」とずっと思っていました。

 その宮崎に明後日から夫と出かけることになりました。ゴルフとドライブの予定。だけど、天気予報には憎き雨マークが! やっぱり私は雨女か?! ま、雨なら雨なりにフェニックス・フルムーン(いや、ハーフムーンくらいかな?)を楽しんできたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/11/16

『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)

わたしを離さないで
わたしを離さないで

 ひさしぶりの更新です。江戸検の後、内職に追いまくられているうちに風邪をひいてグズグズしていました。回復力がめっきり鈍くなった人生の秋です……。

 さて、『わたしを離さないで』は、私にとってひさびさの翻訳物(カズオ・イシグロ氏は日本生まれのイギリス作家)。本を選ぶ時の参考にしているサイト「WEB 本の雑誌」の「今月の新刊採点ランキング」コーナーで、採点員が全員満点をつけていたので、気になって図書館に予約を入れておいた本です。

 キャシーという名の「介護人」が、「ヘールシャム」という施設で過ごした少女時代を回想するところから小説は始まります。ごく普通の寄宿舎生活のように見えて、何かが違う謎めいた「ヘールシャム」での日々。「ヘールシャム」とはどんな施設なのか、「介護人」「提供者」とは何なのか……好奇心に駆られてどんどんページをめくってしまいます。

 謎解きを目的としたミステリーではないものの、謎を予感し、想像し、確信する過程にこそ、この本の醍醐味があるように思うので、興味のある方はこの先を読まずに、実際に本を読んでみてください! 以下、ネタばれあり。

続きを読む "『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

江戸検定を受験

 昨日は第1回江戸文化歴史検定の試験日。「当たって砕けろ」の精神で2級にチャレンジしたところ、自己採点ではどうやら無事合格できたようです。目標をクリアできた(と思われる)ことはもちろん、一緒に受験したブログ仲間の桜桃さんぶんぶんさんと交流を深められたことも嬉しく、とてもいい経験でした。

 2級の試験は午後からだったので、その前に3級の試験終了後のお二人と待ち合わせてランチ。難なく高得点で合格して、さっそくアルコールで乾杯するお二人を尻目に、3級の問題を見せていただく必死な形相の私。2級の問題をあれこれ予想してもらって、エールと共に送り出されたのでした。

 試験会場はかつての学び舎。昔はなかった校舎がすでに古びていて、年月の流れを肌で感じつつ教室に入りました。教室の中の面々もやはり中高年が多く、その中に違和感なく溶け込んでいる我が身が不思議でした。思えば遠くにきたもんだ……。

 感慨にふけっている間もなく、いざ試験開始。4択のマークシート100問だから、1時間もあれば十分かと思いきや、自信のない問題が多くて迷う迷う……結局90分フルに使ってしまいました。迷った問題の半分はアタリ、半分はハズレ。試験なのにアタリハズレとは情けなや。

 「そんなこと知るか?!」というトリビア的な問題がかなりあって、雑学の比重が大きい印象でした。1級を狙うとしたら、短期的な試験勉強ではなく、江戸時代に対して常にアンテナを張っていないと駄目そう。この先、江戸への興味がますますふくらんで、知識が身に付いたら、1級受験を考えてみたいと思います。

 試験の後、私の試験終了を待っていてくださった桜桃さんとぶんぶんさんとティータイム。お二人の前でどきどきしながら採点して、合格基準の7割正解を超えたことがわかりました。これでようやく一安心……ささやかな達成感にひたりながら飲んだアイスコーヒーの美味しかったこと! あとは本結果が届くのを待つばかりです。

 ぶんぶんさん、桜桃さん、お疲れ様でした! 早々とアップされたお二人の記事にトラックバックを送らせていただきます。

関連記事: 
傾向と対策 (2007年11月5日)

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006/11/01

2006年11~12月

11月
596、江戸検定を受験
597、『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)
598、フェニックス・ハネムーン
599、宮崎は今日も雨だった
600、宮崎のグルメ(その1)
601、今日の神宮外苑

12月
602、宮崎のグルメ(その2)
603、深大寺の紅葉
604、一足早いクリスマスプレゼント
605、スペインタイル作りに挑戦
606、錦糸町ランチオフ
607、「ラ・ブランシュ」(青山)
608、来た来た!
609、液晶テレビがやって来た
610、クリスマスイブの富士山
611、北海道のおみやげ
612、どうぞよいお年を!

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »