« 初めての大相撲観戦 | トップページ | 女性専用スパ「シエスパ」 »

2007/01/25

『使命と魂のリミット』(東野圭吾)

 東野圭吾の新刊です。だいぶ前に読み終えたのに、感想を書くタイミングを逸していました。

 病院を舞台にした医療サスペンスだけど、読了後の印象はサスペンスというよりヒューマンドラマという感じ。犯人は最初からわかっているし、犯罪の動機や手法にやや無理があって、サスペンスとしては平板。東野作品の多くに見られる終盤のどんでん返しもありません。

 けれども、ラストまで一気に読ませる力と、読後の爽快感はやはり東野作品ならでは。主人公の医学研修生・夕紀の長年の疑念が、事件に巻き込まれることによって払拭される展開は見事です。問題の手術における西園教授の奮闘ぶりや手術後の会話には心を動かされました。

 映画やドラマにしたら、受けるのでは? 適当にはらはらして、最後に感動して、「医者はこうじゃなくちゃ」なんて言いながら、気持ちよく映画館を出られそう。西園教授は、今をときめく渡辺謙さんにお願いしたい!

|

« 初めての大相撲観戦 | トップページ | 女性専用スパ「シエスパ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/13650937

この記事へのトラックバック一覧です: 『使命と魂のリミット』(東野圭吾):

« 初めての大相撲観戦 | トップページ | 女性専用スパ「シエスパ」 »