« 後楽園の今昔 | トップページ | 2007年3~4月 »

2007/02/28

敬語の指針

 月が変わる前に、敬語について書いておかなくては……。文化審議会が今月、文部科学相に提出した「敬語の指針」(公式サイト)のこと。どうやら、敬語は従来の3分類から、5分類になるようです。

(1)尊敬語        (「いらっしゃる・おっしゃる」型)
(2)謙譲語Ⅰ       (「伺う・申し上げる」型)
(3)謙譲語Ⅱ(丁重語) (「参る・申す」型)
(4)丁寧語        (「です・ます」型)
(5)美化語        (「お酒・お料理」型)

 従来の謙譲語と丁寧語がさらに2分割されるのです。5種類に分けることによって、敬語をより使いやすくするのが狙いらしいけれど、かえって複雑になる気がしないでもありません。ローマ数字を使ってまで細分化する必要があるのか疑問だし、丁重と丁寧の違いもはっきりしません。

 ただ、謙譲語に2種類あることは今回初めて認識し、目から鱗が落ちました。つまり、Ⅰはその文中の<向かう先>に対する敬語で、Ⅱは話す<相手>に対する敬語であるという点。例えば、Ⅰの「伺う」は「先生のお宅に伺う」とは使うけれど、「弟の家に伺う」とは言わず、目上の人に「弟の家に行った」ことを話す時は、「弟の家に参りました」となるわけです。また、Ⅰは話す相手が対等な場合にも使えるので、「先生のお宅に伺ったのよ」という言い方ができます。

 話す相手との関係、話題の中の人物との関係を両方意識しながら、瞬時に判断して使わなければならないところに、敬語の難しさがあるんでしょうね。今後、テストに5分類の問題が出ることは必至ですが、その段階でつまづいて敬語苦手、国語嫌いの子供が増えないことを願います。言葉は分類できても、実際に使えなくては意味がありません。

 「敬語の指針」ではこのほか、具体的な使い方を詳しく解説しています。「させていただく」「ご苦労様・お疲れ様」「とんでもございません」など、最近話題になっている言葉の使い方が出ていて面白く読みました(「よろしかったでしょうか」が出ていないのは残念)。中には、こんなことまで言われないと駄目なのかというのもありますが、「指針」として役に立ちそうです。

 (「とんでもございません」は、相手からの褒め言葉などを軽く打ち消すときの表現として問題がないと考えられる、とのこと。以前書いた記事に追記しておきました。)

|

« 後楽園の今昔 | トップページ | 2007年3~4月 »

コメント

敬語は難しいですね。

>話す相手との関係、話題の中の人物との関係を両方意識しながら、瞬時に判断して使わなければならないところに、敬語の難しさがあるんでしょうね。

その瞬時に判断というのが迷うところで・・・

新聞の集金にみえる年配の方に「ご苦労様です」は失礼なのか?と迷い「お世話さまです」と言っているのですが、いまいち自信がありません(^^;

現代の子供、それでなくても述語を省く傾向にありますから使いこなせないんじゃないかなぁ~。

投稿: ぶんぶん | 2007/02/28 13:53

敬語って本当に難しいですよね。
学生時代に習っても、実際には就職するまで、使わなかったので、新人研修の時、苦労したのを思い出します(-.-;)
今も迷う事が多いし、娘達に正しい敬語を教えられるか、とっても不安です・・・( ̄∇ ̄|||)  

投稿: Leaf | 2007/02/28 15:58

>ぶんぶんさん

 年配の集金係なら、私も「お世話様です」って言うと思います。大学生の若者なら、「ご苦労様!」とめいっぱい笑顔を振りまくけど(^^ゞ。思えば、宅配便の方にも「お世話様です」と言っている気がする。「ご苦労様」はめったに使わないわ。

 私が少しはまともに敬語を使えるようになったのは、会社勤めをしてからのこと。就職当時はかなり苦労した記憶が……(^^;)。言葉なんて「習うより慣れろ」……今の子供だって必要に迫られれば、使いこなすようになると思いますよ。

投稿: Tompei | 2007/02/28 16:09

>Leafさん

 入れ違いになりました(^^)。

 学生時代に習うのは試験敬語、企業の新人研修で習うのが実用敬語って感じですね。入社したての頃、電話の受け答えなどが悪いと上司にいちいち直されて、すごく嫌だったけれど、そのおかげでだいぶまともになったのだから、今思えばありがたいことです。

 言葉遣いって親の影響が大きいですよね。母のイヤな口癖がうつっているのに気がついて、ぞぞっとすることがあります。Leafさんはおっとりとお上品だから、お嬢さんたちもそうなりますよv(^^)。

投稿: Tompei | 2007/02/28 16:27

私も敬語は得意ではありませんが、それでもずっと祖母と一緒に暮らしていたのでそれなりに使えているのかな...とも思います。でも本当に難しい。
就職試験の時にグループ面接があって、そこで「違いまする!」と面接官に答えた子がいました。場所が場所なだけに笑うわけにはいかず...。
最近の日本語は縮む傾向にあるから、今の子たち私たちの時よりも会社勤めをするようになったら苦労するんでしょうねぇ。

投稿: はますけ | 2007/02/28 16:31

>はますけさん

 敬語を含めて言葉遣いには、知らず知らずふだんの生活が出ますよね。お里が知れるってこと……だから怖い(^^;)。三世代同居は言葉や文化をさりげなく伝えるのに役立っていたのかもしれませんね。私も時折、ふと祖母の言葉遣いを思い出します。

 「違いまする!」の学生さんは緊張のあまり舞い上がっていたんでしょうけど、本人が一番びっくりしたんじゃないかしら? 時代劇みたいになっちゃって……。

 思うに、会社勤めって、行儀見習いの奉公みたいなところがありますね。

投稿: Tompei | 2007/02/28 16:56

このニュースは私もすごく気になっていて
なぜにこんなに複雑にしなくちゃならないのかな?
と思っていました。

私自身は敬語は普通に使えると信じていたのですが
ネットのテストであまりに悲惨な結果になり
がっかりしたことがあり、未だにできないことが多いのだと再確認した私大です。

「ご苦労様」に関しては
前の職場で「相手をバカにした言い方なので避けること」と言われて
それまで「お疲れ様」と同類に思っていたので
かなりショックでした。

ファミレスとかで「これでよろしかったですか」と言われるのが気にならなくなっていたせいか
ますます自分の敬語がおかしくなりつつあります。
だからこそ、もう一回学んできれいな日本語をと思う反面、
英語もしかりですが、あまりに文法を表に出されてしまうと
逆に普通にでた言葉が、出なくなりそうな気もするし
なにより、こんなに難しくしたら解らなくなりそうで怖いです。(^^;

投稿: 陶片木 | 2007/02/28 21:35

>陶片木さん

 「ご苦労様」は「相手をバカにした言い方」というのはおかしいですね。どちらかと言えば、上から下に使うことが多いけれど、バカにしているわけではないもの。心をこめて「ご苦労様」と言われて、気分を害す人はほとんどいないのでは?

 言葉って文言だけじゃなく、口調とか表情とか全てを含めたものだから、完璧な敬語を知っていても慇懃無礼な話し方だったら意味がありませんよね。基本だけ学んだら、あとは実践あるのみ……若いうちにどんどん間違えて直されるのが一番の習得法かと思います。トシ取っても、気持ちは同じ!(^^ゞ

 明日から3月ですね。気持ちも新たに頑張りましょう!

投稿: Tompei | 2007/02/28 22:38

敬語は難しいですね~。

私の姪の一人は、小学生の時から敬語使いが完璧で、
お茶の淹れ方も上手。
それだけで「いいお嬢様~」と平伏してました。

一方、アメリカ育ちの甥達は、敬語に無縁(苦笑)。
日本に戻ってきて苦労しているようです。

使えると便利なツールという意味では語学に近いけれど、
そこに気持ちがこもっていなければ意味がないところが、
語学より難しいかもしれませんね。

投稿: mymy | 2007/03/01 14:05

>mymyさん

 子供の時から身に付いている言葉遣いは、大人になって会社で身に付けたものとは違いますよね。根っからのお嬢様と普通の常識人の違いというか……ここである友人の顔が浮かぶ(^^ゞ。

 敬語を正しく使うのはもちろんのこと、美しく品のある話し方をする大人の女性になりたいけれど、今さら遅いかも……。

 相手によって言葉遣いを変えたりするのは日本らしくていいとは思うものの、英語みたいにそういう気遣いをほとんど必要としない言葉はある意味でうらやましい。この違いは人格にも反映すると思うなぁ。

投稿: Tompei | 2007/03/01 15:13

敬語どころか普段の言葉さえままならない私、
デパート出展の前に敬語を習った事があるのですが、
自分が思うのと違う言葉が多いなと思いました。
その後、毎日使い続けられないので、
あっという間に忘れました(^^;

投稿: TOKIKO | 2007/03/01 18:55

やっぱりそうでしたか。
私は普通に「ご苦労様」と使っていたので
それを言われてショックでした。

二重敬語だの、なんだのといっぱい言われて
訳わかめになりつつあった去年のテスト。(笑)
でも、言葉ってホント気持ちが現れますものね。
慇懃無礼な言い方で敬語を使われるくらいなら
下手な敬語でも心がこもっていたらそれで良しかと思います。

上の自分の変換ミスに気がついてしまった・・・(^^;

投稿: 陶片木 | 2007/03/01 19:28

TOKIKOさん、陶片木さん、こんばんは。

 敬語についてはみんな苦労しているようで、「自信がないのは私だけじゃないのね」とちょっと安心しました。

>TOKIKOさん

 私も話すのが苦手です。おしゃべりは好きだけど(^^)、物事をきちんとわかりやすく話すのが駄目。1対1ならまだしも、人前で話すのはまったく駄目。逃げ出したくなります。いい大人なのに情けない(^^;)。敬語以前の問題ですよね。

>陶片木さん

 ショックを与えちゃいましたか?(^^ゞ

 二重敬語もややこしいですね。何かのテスト(お遊びのテストね)で自信を持って答えた問題が間違っていて、びっくりしたことがありました。確か「○○さんがお見えになられました」っていう言葉。二重敬語だから、間違いなんですってね。これ、実際によく使っていたのに(^^;)。

投稿: Tompei | 2007/03/01 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬語の指針:

« 後楽園の今昔 | トップページ | 2007年3~4月 »