« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/30

『グレート・ギャツビー』(フィッツジェラルド著・村上春樹訳)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

 随分前に読んで記録を残しておきたいと思いつつ、時間が経過してしまいました。村上氏の次の翻訳本『ロング・グッドバイ』が話題になっている今頃になってアップします。

 この『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』はずっと昔、映画も観たし、宝塚の舞台も観たし、別訳の原作も読んでいますが、だからこそ村上春樹の翻訳に興味を持ったようなわけです。

 まず、長めの「訳者あとがき」から読みましたが、これが非常に面白い。村上氏の『グレート・ギャツビー』に対する格別の思い入れと、翻訳に際しての方針が熱く語られていて、この本を読む意欲と期待が高まりました。何と言っても、あの村上春樹が「人生で最も重要な一冊」として挙げている本なのです!

 村上氏の翻訳の方針
①「現代の物語」にする
   古風な言い回し、時代的な装飾をできるだけ避ける
   会話に命を持たせる
②文章のリズムを重視する
   フィッツジェラルドの文章は美しいリズムが特徴
*「小説家であることのメリットを可能な限り活用」して翻訳

 以上のことを念頭に置いて一読したところ、確かに、古めかしい表現やいかにも翻訳らしい文章はなく、今までの訳よりは読みやすいように感じました。そして、1920年代のアメリカのギャツビーがやや近しい存在に思えたような……あくまでも「ような」というレベルですが……。翻訳物の純文学から遠ざかっている私にはなかなか手強かった、というのが正直な印象です。

 今までの訳とどこがどう違い、どんな工夫がされているか、とても興味がありますが、全てを検証する気力も時間もありません。最初の1~2ページだけ原文と訳文を読み比べてみたら、原文の構造を重視せずに語順を変えたり、段落を区切ったりしていることが目に付きました。また、言葉を補ったりして、かなり意訳をしている箇所も見られます。

 自分のための覚え書きとして、冒頭と結末の部分の原文と3人の翻訳者による訳文を記録しておきますので、興味のある方はご覧になってください。

続きを読む "『グレート・ギャツビー』(フィッツジェラルド著・村上春樹訳)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/26

東京のしだれ桜

07032603

 ソメイヨシノより一足早く見頃を迎えたしだれ桜を見に出かけました。小石川後楽園で昼のしだれ桜を、六義園でライトアップされた夜のしだれ桜を見る贅沢なコース。お天気がよくて、夫が夜不在という絶好の条件に恵まれたので、発作的に一人で出かけました。

 しだれ桜ははかなげでいて妖艶で、ソメイヨシノとはまた違った魅力があります。とくに夜のしだれ桜は見つめていると吸い込まれそうで、魔力のようなものを秘めている感じ。下手な説明よりも、どうぞ写真をご覧ください! がしかし、ライトアップされたしだれ桜はうまく撮れていませんでした(涙)。フラッシュありだとはっきり写らないわ、フラッシュなしだとぶれるわ……デジカメも安物だけど腕がさらに悪いので、悪しからず。

07032604

07032608

0703262107032620
       (携帯カメラ)

 後楽園も六義園も江戸時代の大名屋敷の庭園ですが、東京にはこういう庭園がいくつか残っていて、江戸に思いを馳せられるのがいいところ。柳沢吉保の六義園も水戸徳川家の後楽園(先月行った時の記事)に負けず劣らず素晴らしい庭園でした。昼間ゆっくり歩いてみたいです。そうそう、満開の辛夷(こぶし)の大木がこれまた見事だったので、その写真も貼っておきます。

07032612

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/03/23

日向夏

HyuganatsunamaGrapefruit

 日向夏を宮崎から取り寄せました。昨秋の宮崎旅行以来、「日向夏を食べてみたい」とずっと思っていたのです。先日記事にしたキルフェボンで「日向夏のタルト」を売っていたので、日向夏の季節であることを知り、さっそくネットで調べて申し込んだ次第。

 第一印象――小さい! 8~10個入りというから、かなり大きな箱で届くことを予想していたら、箱からして小さい。何となく夏みかんくらいの大きさを想像していましたが、実際は大きめのみかん程でした。右の写真はグレープフルーツとの比較。

 この日向夏は黄色い外皮をりんごをむくようにむいて、白いふかふかした部分を残したままスライスして食べます。爽やかな風味でグレープフルーツに近い味……美味しいです! 一瞬、ボンタンのような香りがしましたが、ユズとボンタンの雑種という説もあるようで納得。

 実は、これが届いた一昨日、夫が接待ゴルフで日向夏をいただいてきたんですよ。お初ものが同じ日に重なるとは、何たる偶然! おかげさまで思いっきり日向夏を堪能しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/19

日本の医療の現状

 昨日3月18日の朝刊に掲載されていた日本医師会の全面広告を読みましたか? PASMOやSuicaの広告のようなイラストもなく地味なものでしたが、内容はかなり衝撃的でした。

 見出しは「今、日本の産婦人科・産科の半分はお産を受け入れられない、という事実があります」。要旨は次のとおり。

・地域の産科が次々と閉鎖に追い込まれていて、将来50万人の「お産難民」が発生する可能性がある。
・「休日・夜間急患センター」に子供を連れて行っても小児科医がいない、という事態が全国各地で起きている。
・その要因は、地方と都市部における医師数の格差、人口1000人当たりの医師数の少なさにある。

・国の方針により、5年後の平成24年3月末までに、「長期療養者のためのベッド」は現在の38万床から15万床まで削減される。それによって、「医療難民」が2万人、「介護難民」が4万人発生する恐れがある。

・WHOから「健康達成世界一」と評価されてきた日本の医療は今や、崩壊に向かっている。
・日本医師会は、医療の崩壊を食い止め、医療の未来を守っていきたい。みなさんのご意見をお聞かせください。それを国に訴えかけていきます。


 この広告で指摘されているように、産婦人科医や小児科医の不足が深刻な問題になっています。つい先週も、激務からうつ病になり自殺に至った小児科医の労災を認定する判決が下されたばかり。医師の数が足りないから、労働状況は悪化する一方で、その結果、そういう多忙な科を研修医が選ばなくなり、ますます不足するという悪循環に陥っているようです。けれども、国はこうした状況に真剣に向き合おうとはしていません。

 一方、長期療養者用ベッド(ほとんどは高齢者介護用)の削減はすでに始まっていて、入院していた病院から強制的に退院させられて途方にくれる老夫婦の話を実際に耳にしました。増え続ける医療費の削減のためとは言え、これから老人がどんどん増えるのにベッド数が半数以下になってしまうなんて、現実に即した対策とは思えません。自宅で家族が介護するのが理想ではあっても、いろいろな事情からそれができない人が大勢いるのです。

 健康に恵まれて病院と縁がない時は、医療に関心を持たない人が大半だと思いますが、いざ病気になった時に安心して病院にかかれなくてはたいへんです。お産をするのも一苦労、年を取るのはさらなる不安……それが"美しい国"の現状です。みんなが医療に関心を持って、声をあげていかなければますますひどいことになりそうなので、手始めに記事にしてみました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/18

紅ほっぺのタルト

Talt_1

 「キルフェボン」の紅ほっぺのタルト、1ピース1260円也。わざわざ値段を書くところに卑しさが出ますね……。

 先月、夫の実家に行った際にキルフェボンのタルトを持参したら、義父母がとても気に入ってくれて、「またついでがあったら、ぜひ買って来てほしい」と金一封を預かってしまいました。ならば、この特選イチゴのタルトを食べさせたいと思って(その時はケチって普通のイチゴ)、昨日出向いたのです。我が家の分も奮発しましたよ。

 「紅ほっぺ」は静岡県で生まれたイチゴの新品種で、"ほっぺが落ちるほど美味しくて、鮮やかな赤い色をしている"ことから、こう名付けられたそうです。大粒で果肉がしっかりしていて中まで赤くて、甘さと酸味のバランスが絶妙。「イチゴの王様」と呼ぶのにふさわしい風格と美味しさと兼ね備えています。

 その紅ほっぺを半分に切って、逆さまに隙間なく並べたのがこのタルトです! 特選イチゴと生クリーム&カスタードのハーモニー……そりゃもう美味しいですよ。ほっぺ落ちまくりです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/03/17

『大江戸神仙伝』(石川英輔)

 現代の中年男性が19世紀初めの江戸にタイムスリップしてしまう小説。現代人から見た江戸の町のようすや庶民の暮らしぶりが丁寧に描かれ、自分も江戸に行ったような気持ちになって楽しめます。

 主人公の速見洋介はタイムスリップした江戸で、芸者いな吉と所帯を持って江戸暮らしを始めます。いい人に囲まれ、たいした苦労もなく江戸に融け込んでしまうあたり、ストーリーの甘さは否めませんが、江戸の見聞録としての面白さがそれを上回ります。

 科学畑出身の石川氏はこの小説を書くために100冊以上の関係書を読んで、時代考証の細部まで調べたとのこと。そのため、時代背景や風俗や言葉が正確なので、江戸のテキストとして読むこともできそうです。ちなみに、石川氏はこのシリーズの執筆がきっかけとなり、最近は江戸風俗研究家としても活躍しています。

 ただ気になるのは、著者の江戸時代への思い入れと、明治以降の日本の欧米化に対する批判が随所に顔を出すこと。考えそのものにはある程度共感できるけれど、たびたび登場するので鼻白みます。が、それでも、「現代人が体験する江戸時代」という設定がとても魅力的なので、続く『大江戸仙境録』『大江戸遊仙記』と読み進めています。「洋介さん、ちょっと調子に乗りすぎですよ」と思いつつ……。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/03/15

「Yahoo!古地図」ラストデー

 1月末に記事にしたYahooの「古地図で東京めぐり」という特集が今日で終わります。1ヵ月半の掲載期間中、それほど熱心に見ていたわけではないのに、終わるとなるとひどく惜しまれて何とか保存しておきたいと思うのは、私のいつもの悪いクセ。

 悪戦苦闘の末、「GetHTML」というソフトを入手して、歴史めぐりコースや各ポイントの説明のページは無事ダウンロードできました。一番肝心のスクロール地図は残念ながら無理そうだけど、この地図の基になっている(?)「江戸明治東京重ね地図」というソフトが市販されていることがわかったので、この江戸熱が続いたらいつか手に入れたいものです。

 とりあえず、この特集の記念に、いくつかのポイントの地図を保存しておくことにしました。そのうちのひとつをご紹介しましょう。日比谷……とても愛着のある場所です(笑)。でも、ここに取り上げたのは単にミーハー趣味からではなく、変化が面白いから。

HibiyaedoHibiyameiji

HibiyaimaHibiyakoku

 江戸時代には、今の日比谷公園から日生劇場、宝塚劇場方面にかけてお堀が通っていて、内堀と外堀をつないでいました。明治になってそのお堀が埋められて、日比谷公園(池はお堀の名残)や東京鉄道、東京電燈のビルが造られ、さらにその後、日生と宝塚になったというわけです。外堀は明治時代にはまだ残っていましたが、昭和30年代前半に埋め立てられて、その後首都高が敷設されました。

 スクロール地図を見ていると、こういう変化が一目瞭然なので興味がつきず、時間が経つのも忘れてしまいます。楽しい特集を企画してくださったYahooに感謝!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/03/08

デス・クロック

 アリスさんのブログで紹介されていた「Death Clock(死の時計)」なるものにチャレンジしてみました。こちらのサイトで、年齢や体型(BMI)、性格傾向、喫煙の有無などを入力すると、寿命を計算してくれるのです。私の結果は以下のとおり。

Your Personal Day of Death is...
 Tuesday, December 30, 2036
Seconds left to live...
 940,824,861

 私が死ぬのは2036年……ま、そんなものよね。程よく年取って、それほど長生きしないで、理想的な寿命です。とは言え、残された時間の数字が刻一刻と減っていくのを見るのは何だか身につまされます。誰もが死に近づいているのはわかっているのに、ふだんは忘れているからでしょうね。

 各項目でどう寿命が変わるか、試してみました。最初のデータは、性格はNormal(普通)でNon-Smoker。
性格を
 Pessimistic(悲観的)にすると、 November 2, 2019
 Optimistic(楽観的)にすると、 January 22, 2055
 Sadistic(自虐的)にすると、 December 30, 1996
Smokerにすると、 April 19, 2030
BMI値を最大にすると、 December 30, 2026

 つまり、肥満よりも喫煙よりも悲観的な性格が寿命を短くするということ。自虐的ならすでに死んでいたらしい。楽観的なプラス思考こそ長生きの秘訣というわけです。お遊びとは言え、このあたり、なかなか示唆に富んでいますね。ややPessimistic寄りNormalの私としては、できるだけOptimisticを心がけたいと思った次第です。

 英語のサイトですが、不明な点があれば、アリスさんの詳しい説明(こちらの記事)を参考にしてお試しください。トラックバックを送らせていただきます。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2007/03/02

記録的な暖冬でした

 この冬は雪を見ることなく終わりそう。暖冬と感じてはいたけれど、「記録的な暖冬」という気象庁の発表を聞き、先日観た映画『不都合な真実』を思い出してぞぞぞっとしています。

 12月から2月の日本の平均気温は平年より1.52度高くて、1949年と並ぶタイ記録。全国153地点中63地点で平均気温の最高値を更新し、降雪量は20地点中19地点で最小値を記録し、東日本の日本海側の日照時間も過去の最大値を上回ったそうです。「あったかくて過ごしやすい冬」と単純に喜べるレベルを超えていますよね。

 新聞のサイトで「暖冬」を検索すれば、日本各地から暖冬の便りが続々届いています。梅も早咲きの桜もマンサクもチューリップもキンセンカも2週間から1ヵ月早く開花。雪が少なく、スキー場や除雪業者が悲鳴。氷上穴釣りが解禁されないまま、解氷し始めた湖。アオコの異常発生。滝が凍らず、観光客減少。東北でも真冬日ゼロの記録。オタマジャクシもマスも早々と孵化開始、などなど。

 そして、スギ花粉の飛散も例年より早くピークを迎えているらしく、私の鼻にも春到来。飛散の始めに油断をしたせいか、ひどい症状が出てしまい、その後、薬を飲んでも効き目が悪くて、鼻の奥がつんつんしています。

 このままいくと、お彼岸の頃には桜が咲き始めそうな勢いですね。こんな暖冬だと、「寒い冬がようやく終わって、いよいよ桜の季節」という高揚感が乏しい気がしてしまう。「サクラサク」朗報を待ちわびる受験生のように、つらい季節を通り越してこそ喜びが大きいのでは? 暖冬の悪影響が出ないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

2007年3~4月

3月
636、記録的な暖冬でした
637、デス・クロック
638、「Yahoo古地図」ラストデー
639、『大江戸神仙伝』(石川英輔)
640、紅ほっぺのタルト
641、日本の医療の現状
642、日向夏
643、東京のしだれ桜
644、『グレート・ギャツビー』(フィッツジェラルド著・村上春樹訳)

4月
645、どうにかこうにか3周年
646、花のもとにて春
647、おすすめランチ 3題
648、3周年オフ on スカイバス
649、冷蔵庫にマグネットを貼ると…
650、『吉原手引草』(松井今朝子)
651、「プロポーズ大作戦」といえば…
652、第3回お江戸オフ
653、「満州の山奥で」ふたたび
654、「きんし輝く日本の」
655、「出町ふたば」の豆餅
656、昭和の日 in 昭和記念公園

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »