« 冷蔵庫にマグネットを貼ると… | トップページ | 「プロポーズ大作戦」といえば… »

2007/04/15

『吉原手引草』(松井今朝子)

吉原手引草
吉原手引草

 週刊誌の書評を読んで、図書館に予約を入れておいたのに、なかなか順番が回ってこないので、とうとう買ってしまいました。来週、吉原界隈を歩く予定なので、その前に読んでおきたかったのです。

 吉原一を誇った花魁・葛城の失踪事件を、葛城をめぐる人物16人が語っていき、徐々に真相が明らかになる時代物ミステリー。いや、ミステリーという形式を借りた時代小説というべきか。謎を追う面白さもさることながら、吉原に生きる人々(遊郭の主、番頭、見世番、遣手、引手茶屋の内儀、幇間、女衒など)や客たちの生の言葉によって、特異な世界の様々な事情が語られるのがたいへん興味深く、一気に読み終えました。

 真相がわかったところで、もう一度最初から読んでみたいと思える小説。肝心の葛城の語りはなく、読み手の想像に委ねられているのが余韻を誘うところでもあり、多少もどかしくもあります。

 江戸時代の遊郭・吉原についてはほんの基本的な知識しかなかったけれど、これを読んだら知識がかなり増えたうえ、別世界だと思っていた吉原にいくらか近づけた気がします。それぞれの人物のその立場特有の言葉遣いを読んでいると、声が聞こえ、顔や姿が浮かんでくるから不思議。いつしか私も吉原に迷い込んでいるのでした。

追記(2007年7月18日):
 松井さんがこの作品で直木賞を受賞されました。納得!の直木賞です。おめでとうございます!

関連記事:
『そろそろ旅に』(松井今朝子)

|

« 冷蔵庫にマグネットを貼ると… | トップページ | 「プロポーズ大作戦」といえば… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/14688805

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原手引草』(松井今朝子):

» 松井今朝子著『吉原手引草』 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
Tompeiさんのところでもご紹介があり、書評でも5つ☆がついていたので、ぜひオ [続きを読む]

受信: 2007/05/22 14:36

« 冷蔵庫にマグネットを貼ると… | トップページ | 「プロポーズ大作戦」といえば… »