« 『楽園』(宮部みゆき) | トップページ | 2007年9~10月 »

2007/08/24

桃太郎ぶどう

200708221112000 カタログギフトで注文した桃太郎ぶどうが届きました。新し物好きとしては、「皮ごと食べられる新しいぶどう」という説明文に惹かれたのです。

 岡山で誕生した桃太郎ぶどう(正式名称:瀬戸ジャイアンツ)は、皮が薄くて柔らかいうえ、種なしなので、丸ごと食べられます。生産者が少ないため、希少性が高いらしい。箱の中で二重にスポンジでくるまれていたぶどうはずっしり重たくて、粒はくびれた独特の形をしています。やや褐色がかっているのは表面に糖分が集積してできた褐斑で、味や品質に問題はないそうな。

 冷やしてから、いざ試食。ぶどうであってぶどうでない不思議な食感……普通のぶどうより硬めでシャキシャキしています。どちらかと言えば、サクランボに近いかな。果汁が少なめなので、あっさりした感じ。これはこれで美味しくて後を引くけれど、マスカットや巨峰の美味しさとはまた別物です。

 ただ、いちいち皮を剥かなくていいのはすごく楽チン。「種をなくして、皮を薄くして、食べやすいように改良しちゃうのってどうよ」と思いつつ、どんどん手が出て、あっという間になくなりました(笑)。

|

« 『楽園』(宮部みゆき) | トップページ | 2007年9~10月 »

コメント

甲斐路とか、皮ごと食べられるブドウは他にもありますが…
サクランボの様な食感って相当珍しいですよね。
呼んでて食べたくなりました。
機会があったら、食べてみたいです!

投稿: ゆれい | 2007/08/24 14:09

サクランボの食感でブドウの味...すごくおいしそう!
皮を剥くのがめんどうでブドウをあまり食べない私みたいなものぐさには、とてもうれしいフルーツです。
まだあまり市場には出回っていないのかな?見つけたら買ってみようっと。

投稿: はますけ | 2007/08/24 14:49

南の島やカリフォルニアにあるような
長細い形をしたぶどうに近い実なのかな?
私も見つけたら食べてみたいな(^^)

投稿: TOKIKO | 2007/08/24 18:20

ゆれいさん、はますけさん、TOKIKOさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>ゆれいさん

 「甲斐路ってどんなブドウ?」と思わず調べてしまいました。食べたことあるような、ないような。どっちにしても、ぶどうを皮ごと丸かじりしたのは今回が初めてです。

 ちょっと値が張るようだけど、一度は食べてみる価値ありかと思います。でも、自分でまた買うかというと微妙かな(^^;)。

>はますけさん

 そうなのそうなの、ぶどうは美味しいけれど、皮を剥くのが面倒なので途中で「もういいや」って思っちゃいますよね。これだとその手間がいらないので、際限なく食べられます(^^ゞ。

 見つけたら、試してみてくださいね~!

>TOKIKOさん

 実が細長くてスマートなブドウね……どんな味なのかしら? これは筋肉質の固太りで肉割れしているみたいな形(^^;)。ジューシーさに欠けるので好みは分かれるかな? ゼリーやジャムを作るのには便利そうです。

投稿: Tompei | 2007/08/24 18:40


桃太郎ぶどうってネーミングが面白いですね^^
正式名称の瀬戸ジャイアンツはもっと凄い^^

手を汚さずに食べられるのって魅力ですよね~。
私も巨峰が大好きなんですけど、爪に紫色がつくでしょ、あれが嫌です~。

種無しってどうやってそのあと増やすんでしょうね~?

投稿: ぶんぶん | 2007/08/24 21:05

こんばんは。
「桃太郎」と言われるとトマトしか思いつかない私です(^^;
皮ごと食べられるってのはイイですね♪
しかも種を出す必要もないし。

> 種無しってどうやってそのあと増やすんでしょうね~?
私もそこが気になりました・・・

投稿: アリス | 2007/08/25 00:52

ぶどうは皮ごと食べて、ペッと種と皮を吐き出すという野卑な食べ方をしているので、皮ごと食べられるところには興味は薄いのですが(笑)
>普通のぶどうより硬めでシャキシャキしています
という食べたことのない味や食感には興味ありですねえ。そうそう「種無しビワ」というのも研究所レベルでは出来ているんですよ。

投稿: | 2007/08/25 08:23

ぶんぶんさん、アリスさん、惑さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>ぶんぶんさん

 岡山で開発されたので、"桃太郎"がついているそうですよ。瀬戸ジャイアンツと名付けた人は巨人ファンだったのかも???

 そうなの、巨峰を食べると爪の中まで紫色になって、洗ってもなかなかとれないのよね。でも、巨峰の風味豊かなみずみずしい美味しさはやっぱり"ぶどうの王様"だと思います。

>アリスさん

 桃太郎トマトも岡山で生まれたのかと思いきや、「日本特有の皮が薄くて柔らかい『桃色系トマト』をベースにしていることに由来している」そうです。桃太郎トマトは美味しいけれど高いので、ついもっと安いノーブランドトマトを買ってしまうのだった(^^;)。

 種なしなのにどうやって増やすか……はて? 調べなくちゃね(^^ゞ。

>惑さん

 小粒のデラウェアは私もそうやって食べてます。って、あれは普通そう食べますよね? 種なしビワって、身が倍くらいあって食べ応えありそう。しかし、それってビワと言えるのかしら?

 実は、「桃太郎ぶどうタルト」はないのか、例のタルトショップのサイトに見に行ってしまいました(^^ゞ。残念ながらなかったわ。

投稿: Tompei | 2007/08/25 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/16221087

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎ぶどう:

« 『楽園』(宮部みゆき) | トップページ | 2007年9~10月 »