« 2007年9~10月 | トップページ | オーシャンビューのゴルフ »

2007/09/03

女性ファッション誌

 初の50代向けファッション誌が創刊され、華々しくCMを展開しています。今日の読売朝刊の「潮流」によれば、この「eclat(エクラ)」の対象年齢は40代後半から50歳前後だそうで、私はまさにターゲット世代。

 「潮流」の中の同誌編集長のお言葉によれば、「今のこの世代はとても元気で、年齢を重ねても『かわいい、きれい』と言われたいと感じている」とのこと。女性ファッション誌と共に人生を歩んできた元アンノン族のこの世代は、こだわり強く自分の「美」を追求するそうな。

 記事内の資料を見ると、間違いなく私はアンノン族世代らしい。確かに「LEE」あたりまではよく読んでいました。ファッション誌のほか、「クロワッサン」と「Hanako」も定番。
 1970年 「an・an」創刊
   71年 「non・no」創刊
   75年 女子大生向け「JJ」創刊
   77年 20代向け「MORE」創刊
   83年 30代向け「LEE」創刊
 2002年 40代向け「STORY」創刊
   07年 50代向け「eclat」創刊

 「STORY」その他の40代向け雑誌(どれもやけに分厚くて重い!)は美容院で目を通すのみ。普通の主婦には手が届きそうもないファッションや装身具が満載で目の保養にはなるけれど、ほとんど参考にはならない雑誌ばかり。今度創刊された「eclat」も、「憧れはいつも『パリ』からやって来た!」という大特集からして、同じような傾向であることがうかがえます。

 "かわいい"とは言われなくてもいいけれど(可愛げは残しておきたいが)、いくつになってもお洒落は心がけたい。庶民のそんなささやかな思いを応援してくれるようなファッション誌はできないものかしら。ショッピングに出かけてもなかなか"これぞ"という服に出会えないこの世代に愛の手を!(笑)

 でもね……50代と言えば、外見より内面充実路線の「いきいき」しかないと思っていたので、ちょっと明るい気持ちになれます(爆)。この勢いだと10年後には「初の60代向けファッション誌」が創刊されるかも?

|

« 2007年9~10月 | トップページ | オーシャンビューのゴルフ »

コメント

異常に若いコの格好をしてる高齢の方はヘンだと思いますが、いつも若々しいキレイな格好をしてる方を見ると「あんなふうになりたいなあ」と思います。
ファッション誌には全く興味がないので(だからいつまでたってもアカぬけしないのですが(爆!))
私もできるだけ人に不快感を与えないようこころがけていきたいと思います。

だけどTompeiさまは本当にステキだし(お世辞はきらいだから言いません!)私の憧れの方の一人です。マジ!

投稿: みるきい | 2007/09/03 14:55

私はあまり「anan」は読まなかったです。
いつも時代の先端をいく雑誌って本屋で買うのがどうも恥ずかしくって^^;

「いきいき」は実家の母が定期購読しています。
私が読んでも面白いけど、あれはやはり高年齢向けという感じですねー。
Tompeiさんには早すぎですー^^;

>私の憧れの方の一人です。マジ!

私もですー!
雑誌などよりも身近にお手本がいらっしゃるので
いつも颯爽と前を歩いてくださいね^^

投稿: ぶんぶん | 2007/09/03 15:26

∥この勢いだと10年後には「初の60代向けファッション誌」が創刊されるかも?

団塊世代に合わせれば、今がチャンスかと思いますが(苦笑)…… 涼は「Real Simple」を購読しています。ファッションやグルメに即役立つとは言えませんが、ちょっとした考え方の参考になるかなぁ。

クロワッサンは、一時よく買っていました。


投稿: | 2007/09/03 15:55

私は若い人の服のほうが基本的には好きなので、
いつも、若い人の本や、コレクションを参考にして、
中年でも着られる服だけセレクト、
サイズ修正してますが、
「潮流」「STORY]目を通さねば(^^;

それにしても「潮流」って、
なんかたそがれちゃってる~
もう少し、楽し名前の本だといいのに、
と、思ったのは私だけかな。


投稿: TOKIKO | 2007/09/03 19:00

みるきいさん、ぶんぶんさん、涼さん、TOKIKOさん、こんばんは。

>みるきいさん

 嬉しいお言葉ありがとうございます。まだ正体がバレていないようで……(^^;)。正体をそのイメージに近づけるように努力しなくちゃ! 

 無理やり若い子のファッションをしているイタイおばさんにならないように気をつけます。ま、TPOを心がけて清潔感さえあればいいのよね。あとは自分らしく……かな。

>ぶんぶんさん

 私もアンアンよりノンノ派でした。アンアンのファッションにはついていかれなかったのだ。

 実は「いきいき」には興味ありなのです。新聞の広告を見て、読んでみたいなぁと(^^;)。パリのブランド品より心身の健康法に関心があるもん。颯爽とは正反対なのです。

>涼さん

>団塊世代に合わせれば、今がチャンスかと思いますが

 そう言われれば、そうですよね。

 「Real Simple」という雑誌は知りませんでした。今度、立ち読みしてみます(^^ゞ。私は今でも、「クロワッサン」をたまに買います。美容法や健康法や収納法などがメインテーマだとつい買ってしまうんです。が、何事も実践は長続きしません(--;)。

>TOKIKOさん

 TOKIKOさんはお仕事上、常に流行を押さえておかなくてはならないから、いろいろなファッション誌に目を通しているんでしょうね。ファッションの流行って20代あたりが中心だから、中年のファッションはそのニュアンスを無理なく取り入れたものがいいような気がする。でも、なかなかうまくいきません。

 ところで……「潮流」って、私、知りません。何かの略語?

投稿: Tompei | 2007/09/03 19:58

アンノン族世代らしいですが、
私も読んでいませんでした。
もっぱら漫画本に夢中で・・・(^^;

無理して若い格好はしたくないけど
年齢にあった服っていうのもどうなのかなと
迷う世代ですよね。

主婦向けの雑誌はもうちょっと若い世代向けのようだし
健康志向の雑誌は、あまりにみのもんたの世界で
もうちょっと先でも良いかなと思いたいし。(笑)
庶民的な手の届く雑誌ってお目にかかりませんよね。

雑誌自体、読まなくなりました。
美容院へ行ったときだけ目を通すくらいです。
それよりなにより、そのようなお洋服が似合う体型に戻したい!
今はひたすらそれだけです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

投稿: 陶片木 | 2007/09/03 20:30

どれどれと見たeclatのHPは立ち読み気分のかなり中身を紹介した気合の入ったHPでした。
http://sw-dmag.jp/eclat/200710/magazine/102/c.html

http://www.s-woman.net/eclat/

「知性も経験も輝き出すのは今!」
「さぁ、自分のために何をしよう!」

というコピーが印象的。個人的にはCMメイキングの阿川佐和子さんはお気に入り(^。^)。

投稿: | 2007/09/03 21:58

陶片木さん、惑さん、こんばんは。

>陶片木さん

 私はファッション誌に限らず、いろいろな雑誌を読みまくっていました。セブンティーン、女学生の友、中○時代、中○コース、明星、平凡……硬軟何でもあり(^^;)。今は、夫が買ってくるサラリーマン向け週刊誌を読んでいます。

 体型って、微妙な増減が服の着心地に影響しますよね。食べてもお腹がきつくならない程度をキープしたいわ。頑張りましょう!

>惑さん

 エクラのサイト、見てきました。パリに行きたくなっちゃいましたよ(^^ゞ。ひたすら単純。

 阿川さんは知性と女性の可愛らしさが同居していて素敵ですよね。この雑誌のCMにぴったりです。

 アンノン族世代の男性版は、ポパイ、プルータスあたり? それとも、平凡パンチやプレーボーイ?

投稿: Tompei | 2007/09/03 23:41

思うんですが。
40代~50代の人が、ブランド等で決めると、
他を圧倒するゴージャスさがありますよね。
大人にしかきれない大人服というか。
あれ、憧れます。
もう、バーキンもっても、シャネルを持っても、
ぜんぜん負けてないというか。

私、40代になったら、
本物のバーキンと、
クロエの靴と、ダイヤじゃらじゃらで
決めたいです。
あ、Tompeiさんと方向性違ってたら
すみません。。。

投稿: Ayako | 2007/09/03 23:54

>Ayakoさん

 うんうん、よくわかります、Ayakoさんの思い。実は、私の中にもいまだにそういう憧れはあったりします。だけど、現実は違う方向に来てしまったので、ゴージャス系ファッション誌を見ると、落ち着かない気持ちになるのかもしれません。

 バーキンやダイヤにふさわしい風格と魅力を持った大人の女性を目指してください! キャリアを持って自分のお金で買ってこそ、ブランド品や宝石は輝くと思います。

投稿: Tompei | 2007/09/04 07:31

ファッション誌 病院の待合室で季節はずれのを見るくらいで・・ファッションには全然参加してない状況です。私に似合う服が無いし 今年限りの感じのものは着る回数で割ると 割高に思えたりです。誰かコーディネートしてくれないかなぁ~。綺麗な色が好きなのに なかなかありません。いつも色で選んでるわ!

シャネルに負けない そんな風になれるかな?
専業主婦 介護主婦じゃ 無理かしらん。

皆で シャネル着て 集まる?
うさぎさんやまりこさんのように・・

投稿: chie | 2007/09/05 12:11

>chieさん

 こんばんは。

 シャネルに負けない……というより、シャネルは買えない……不戦敗(^^;)。ま、シャネルじゃなくてもいいから、たまには非日常のお洒落をしたいわ。家事や介護に忙しい主婦にもそういう時間って必要よね。ちえさんはドレスまで作っちゃうし、フォーマルなパーティを楽しんだりしていて、すごいなぁと思ってます。

 今年の秋物の色合いはシックを通り越して暗い気がします。綺麗な色はあんまり見ませんね。

 私も専属スタイリストが欲しい!(^^ゞ

投稿: Tompei | 2007/09/05 18:47

同感!専属スタイリスト欲しい! どのくらいの経費がかかるんでしょう・・・。
今流行の チュニック丈が嫌いんなです。で もうどうしようもありません。重ね着もパス・・。スーツは要らないし・・。
カッコイイ すっきり綺麗な色のものって無いのが悔しいです。

スーさんに頼む??

投稿: chie | 2007/09/09 03:17

こんばんは。

この間TVでファッション誌の重さを測ってましたけど1.5キロくらいあってビックリしました。
本屋で買って持って帰ってくるのも大変ですね^^;

私は美容院でもこの手の雑誌は敬遠してしまいます。
ずっと手で持ってるのはツライので…。

近頃あまりお洋服買わなくなりました。
以前はボーナス出るとけっこうあれこれ買ったりした時期もありましたが。
なんかいいもの買っても手入れするのが面倒で^^;(←ヲイ)
最近は、もっぱら「無印」ばっかりです(笑)
おかげでタンスの中はみんな似たような色味の服ばかりでどれがどれだか判りません^^;

投稿: tako | 2007/09/10 22:47

chieさん、takoさん、こんにちは。

>chieさん

 プロがショッピングに同行してくれるシステムがあるんですよね。かなりの人気で数ヵ月待ちみたい。何を買っていいかわからない人が意外に多いのかも。

>takoさん

 確かにあれは重くて、美容院だときついです。でも、美容院でしか読めないのでガンバって(?)読みます(^^;)。

 「無印」はモノトーンかグレーかブラウンですよね。こういう色合いって合わせやすそうで、お洒落に見せるのは難しいような気もします。takoさんはどんなふうに装っているのかしら? イメージをふくらませています(^^)。

 そうそう、結局、糸里は見ませんでした。ご覧になりました?

投稿: Tompei | 2007/09/11 09:37

こんばんは。

>糸里

私も見ませんでした^^;
どうしようかな~、と思っていたのですが日曜日の昼間にやっていた番宣を見たら、鴨が中村獅童だったんですよね~。
それ見て「えええっ?」って思ってしまって。
しかもやっぱり伊藤くんは土方には見えないし…。

実際に見たらイメージ変わったのかも知れませんけどね。

>どんなふうに装って

いやいや、そんな「装う」なんてきれいな言葉で表現していただくような状態では…^^;
だらしない感じにはならないように注意してるくらいでしょうか(笑)
ファッション誌をマネするわけにも行きませんが、これからはもう少し華やかな色にも挑戦してみようかな。

投稿: tako | 2007/09/11 21:13

>takoさん

 糸里、見てないのにアレコレ言っては怒られそうだけど、やっぱりキャストがね……。視聴率もあまりよくなかったようですね。伊藤英明って、「白い巨塔」の柳原医師役の印象が強くて、どうしても土方には結びつかないんですよ。

 左のランキングで糸里の記事が2位になんだけど、文字化けしているのが無気味(^^;)。

投稿: Tompei | 2007/09/12 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/16328167

この記事へのトラックバック一覧です: 女性ファッション誌:

« 2007年9~10月 | トップページ | オーシャンビューのゴルフ »