« 第10回お江戸オフ《川越》その2 | トップページ | グルメな日々 »

2008/05/28

雑誌「セブンティーン」40周年

 少女雑誌「セブンティーン」が40周年を迎えた、と今朝の芸能ニュースで伝えていました。記念のイベントには、初代ミス・セブンティーンの坂口良子と当時モデルをしていた麻丘めぐみも登場。二人揃って52歳――面影は残っているしきれいだけど、やっぱりオバサンの貫禄がついていました。とっても親近感。

 「セブンティーン」は中学から高校にかけて、愛読していました。ちょっとお姉さんの(強調!)坂口良子や麻丘めぐみがモデルをしていた時代。毎週発売日が待ち遠しくて、少しでも早く店頭に並ぶお店まで遠征して買ったものです。マンガも楽しみだったけれど、グラビアや芸能記事を激しく求めていましてね。切り抜いてはせっせとスクラップしていました。え? 「無理な恋愛」の人ですけど、何か?(爆)

 マンガの一番人気は、津雲むつみの「おれは男だ!」。ドラマや映画にもなって人気を博しました。森田健作が甲高い声で「吉川くん」て言うの、よく真似されましたね。しかし、男子が女子を「くん」付けとは時代がしのばれる。いえ、少なくとも私のまわりでは後にも先にも聞いたことはありませんが……。

 「おれは男だ!」より好きだったのは、武田京子の「さぼてんとマシュマロ」。こちらもドラマ化されました。沖雅也と吉沢京子でしたね。沖雅也……最後は衝撃的でした。そういえば、仲雅美という人もいましたよね……「ポールシュカポーレ」。

 いけないいけない、朝からまた懐古モードに入ってしまいました。アラフィ(Around50)世代、前向きに参りましょう!

|

« 第10回お江戸オフ《川越》その2 | トップページ | グルメな日々 »

コメント

「俺は男だ」読みたくて買っていた小学生でした!
当時のモデルさんにそのお二人がいたのは記憶になく…漫画だけ読んでたんですね。ふさわしい年令の頃は読んでなかったんだな(W)

そう言えば、女子を「○○君」づけの呼び方って、他には聞いたことないですね〜
最近じゃ、女子も男子も名字を呼び捨てですか?
私?高校時代は「組長」と呼ばれてました…(^^;

投稿: ゆれい | 2008/05/28 10:37

私も一時買ってましたねえ〜
今朝のめざましテレビで知ったのですが、セブンティーンてタイトルは「17才」じゃなくて13〜19才の7つの年齢の方向けだったんだそうな。。

今更ながらですけど、へ〜〜(@@)でした。

投稿: みるきい | 2008/05/28 14:28

「オレは男だ!」を見て、剣道をやりたいと思って近所の警察へ行ったのに、
女のこはお断りと断られてしまいました。
でも、好きだったなぁ。
「サボテンとマシュマロ」も見ていました。
あのオープニングの階段は
集英社の階段を使っていたのですよ。
今は建て替わってしまい面影は何もないのですけど。

私はもっぱら漫画一筋だったので
セブンティーンは「17歳」まで読んではいけないと信じ切って
気がついたらその年もすぎてしまい、読まずに来てしまいました。(笑)
でも、懐かしいアイドルたちですよね。

君づけは私もきいたことがないですけど、
女同士では言っていました。
でも、ほとんど呼び捨てです。
息子は中高時代、女子から呼び捨てにされていました。
しょせん、女のこの方が精神年齢はお姉さんなので
しかたないとは思うのですけど
それにヘイコラ従っている姿は、将来が見えて笑えました。(笑)

投稿: 陶片木 | 2008/05/28 19:02

ゆれいさん、みるきいさん、陶片木さん、おはようございます。
今日は朝からざあざあ降りですね。

>ゆれいさん

 ほぉ、小学生の時から買っていましたか……ちょっとオマセ(^^ゞ。小学生の時は、近所のお姉さんが読んでいる「セブンティーン」の切り抜きをたまにもらうのが楽しみでした。その頃はジュリーね。

 小学生時代はほとんど呼び捨てでした。下町の小学校だから? 男子に呼びかける時はいちおう「君」を付けたけど。その頃からの友達とは今も旧姓の呼び捨てで呼び合っています(^^;)。

>高校時代は「組長」と呼ばれてました

 え、何でまた?!(^^;)

>みるきいさん

 あ、やっぱり買ってましたか。でも、時代が全然違うのよね(^^ゞ。

 そうそう、セブンティーンのその由来、Wikipediaにも出ていてびっくりしたの。17歳のセブンティーンのほうがイメージがいいような気がするけれどね。

>陶片木さん

>剣道をやりたいと思って近所の警察へ行ったのに、

 おお、子供の時から行動派だったのね!(^^) その時、入門させてもらえてたら、女剣士として有名になっていたかも? 当時はまだ剣道や柔道は男がやるものと思われていたのよね。

 みるきいさんのコメントにもあるように、セブンティーンは13歳(サーティーン)から読んでいいの(^^)。こじつけっぽいけどね。

>女同士では言っていました。

 へぇ、女同士で「君」を付けちゃうなんて面白い。それはなかったけれど、一時期、自分のことを「ぼく」って言ったり書いたりしていた人がいた記憶が……ごくノーマルな女の子ね。

 息子さんは人気者だったんだと思いますよ。王子だもん! v(^^)

投稿: Tompei | 2008/05/29 08:06

「さぼてんとマシュマロ」のオープニング(主題歌)のシングルレコード(45回転)持ってました。吉沢京子って、なんか白い帽子が印象的に記憶に残っています。桜田淳子もデビュー当時そうでしたし。

投稿: なつかしもん | 2009/12/13 20:15

>なつかしもんさん

 はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

 45回転のドーナツ盤……なつかしい! 「さぼてんとマシュマロ」の主題歌は残念ながら思い浮かびません。

 白い帽子、わかります(^^)。当時のアイドルはよくあの形の帽子を被っていましたよね。

投稿: Tompei | 2009/12/14 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/41350384

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「セブンティーン」40周年:

« 第10回お江戸オフ《川越》その2 | トップページ | グルメな日々 »