« 目黒オフ《番外編》 | トップページ | 「ペリー&ハリス展」と柳橋 »

2008/06/15

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

 19年ぶりに蘇ったインディ・ジョーンズをさっそく観てきました。インディ、待ってました!

 "ありえない"アクション満載の冒険活劇、やっぱり好きです! あのテーマソングを聴くと、ぞくぞく興奮してしまう。我らがジョーンズ博士は約20年分の年輪を感じさせつつ、アクション健在でほっとしました。第1作「失われたアーク」の相棒マリオンの登場とエピソードも嬉しいかぎり。往年のファン(=それなりの年代)は懐かしいインディ・ジョーンズの世界を満喫し、年を重ねたインディーに拍手したくなるはずです。

 でも、若い世代の人たちはどう感じるか、ちょっと心配。CG全盛の今は刺激的で斬新な映像が溢れているから、新鮮味はないかもしれません。先行上映初日の客席は幅広い世代の観客で満席でしたが、はたしてみんなの感想は?

 この映画の舞台は1957年、いわゆるフィフティーズの時代で、ロカビリーの音楽や風俗を楽しめるのも、オールドファン向きかも。米ソ冷戦の時代背景を「そんな時代もあったなぁ」と思えるのも感慨深い。思えば、「三丁目の夕日」と似たような時代なんですよね。日本では氷の冷蔵庫を使っていた頃、アメリカには電気冷蔵庫があったようです。あ、横道に逸れました。

 ハリソン・フォードもスピルバーグもジョージ・ルーカスも揃って60代……その年齢をしみじみと感じたインディとの再会でした。

|

« 目黒オフ《番外編》 | トップページ | 「ペリー&ハリス展」と柳橋 »

コメント

早っ!
初日ですよね?

私もインディージョーンズ大好きでした。
普段のハリソンフォードはツルツルしてて興味なかったけど、ひげ面の彼は本当に格好良く、テンポも良く、アクションもファンタジックな世界も満載で、大画面で観るにふさわしい映画でしたよね。
Tompeiさんには今も良かったんですね。
私も見て来ようかな〜

投稿: ゆれい | 2008/06/15 06:08

あ~早い!
私も水曜日を狙って見に行くつもり(^^)
映画の舞台が1957ですか、
ますます楽しみ♪

投稿: TOKIKO | 2008/06/15 10:57

最初のレイダース失われた聖棺(アーク)は1981年スピルバーグにジョージルーカスというだけでわくわくの映画でした。
凄いというような印象は今やないのかもしれませんがちょっと見てみたいなぁと思っていた映画でした。そうですかご覧になりましたか。監督はともかくハリソンフォードは65歳彼より一回り以上若い世代は頑張らないとですね(笑)

投稿: | 2008/06/15 11:10

やっぱり、ご覧になってたんですねえ(笑)

私たちが観た回は見事私たち前後同世代もしくは少し上の、しかも夫婦がほとんでした^^;;
これって一体・・・。

だから私も、息子たち世代はどう思うのかなぁって思いました。次男は映画人間なので、すごく興味あるみたいだけど、長男は全く興味ないみたいだし。

投稿: 桜桃 | 2008/06/15 15:43

早〜い!
もう観て来たのですか〜!

私にとってもインディ・ジョーンズは思い入れのある映画です。
ディズニーシーに行ったら、まずロストリバーデルタに行ってジョーンズ博士に会わないと始まらない。

ハリソン・フォードと初めて私が出会ったのは(知り合いかい!)スターウォーズのハンソロ船長。
すっごくニヒルでセクシーで大人に見えた。
そしてジョーンズ博士。
知的でダンディで体力があって決断力のある理想の男性でした。
その彼に再び会えるのは嬉しい限り。
彼は60代になったけれど、私も40代になった。
一緒に歳を重ねた感慨に浸ることでしょう。

確かにCGを駆使した映画に慣れた若者には「?」な世界かもしれないけれど、
どこか手作り感のある温かみのある作品の良さを知ってほしいですね。

私も近いうちに観に行きます。

投稿: 茶菜 | 2008/06/15 16:49

皆様、おはようございます。
コメントありがとうございます。レスが遅くなってごめんなさい。

>ゆれいさん

 はい、初日でした。前の週末に別の映画を観に行ったついでに予約してきたの。

 ゆれいさんはヒゲ面が好きなのね(^^)。シワが深くなった顔にヒゲがよく似合っていますよ。そう、ああいうアクション映画は映画館の大画面に限ります。ゆれいさんもぜひどうぞ!

>TOKIKOさん

 そうなの、1957年なのよ! 日本では昭和32年てあまり話題にならないから、ちょっと嬉しい(^^ゞ。

 映画はもっぱら夫婦割引で観ています。二人で2000円の娯楽ってありがたい! 水曜のレディースデーもいいわ。1800円出すのはちょっとね……。

>惑さん

 ジョージ・ルーカスの「スターウォーズ」とスピルバーグ監督作品を並べると、我々の世代が青春時代以降、観てきた映画のリストが出来上がりますね。その流れでこの新作を観るとなかなか感慨深いです。

 65歳でもアクションもロマンスも現役……負けられませんね(^^ゞ。

>桜桃さん

 桜桃さんご夫妻も初日鑑賞でしたか(^^)。若い頃、デートで観たカップルが中年夫婦になって観るのにふさわしい映画ですよね。ウチは違うけど。

 映画好きな次男くんの感想を聞いてみたいわ!

>茶菜さん

 ディズニーシーのアトラクションでインディーに出会った世代がこの映画をどう感じるか、興味津々です。

 ハン・ソロは童顔のルークに比べて、大人に見えましたよね。私はハマらなかったけど(^^ゞ。そうなの、インディーが年取った分だけ自分たちも……というところがいいんです。もっと先、おじいさんになったインディーも見てみたいような、見たくないような……。感想を楽しみにしています!


投稿: Tompei | 2008/06/16 09:16

先行ロードショー、ご覧になったんですね。
早!
私も来月観に行く予定です♪

ハン・ソロもモチロン好きですが、個人的には『刑事ジョン・ブック 目撃者』(原題『Witness』)のハリソン・フォードも渋くて好きです

投稿: アリス | 2008/06/16 19:52

>アリスさん

 ジョン・ブック……アーミッシュのお話ですね。私も映画館で観ましたよ。ハリソン・フォードはカッコよかったし、ストーリーも面白かったですね。あと、「逃亡者」も印象に残っています。

 映画の感想、お待ちしています(^^)。

投稿: Tompei | 2008/06/16 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』:

» 【映画評】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [未完の映画評]
あのインディ・ジョーンズが19年ぶりに帰ってきた! [続きを読む]

受信: 2008/06/15 03:55

» [映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあとは思ったが。    ◇   ◇ 最初に、軍人たちの車輛を挑発する若者たちの車両が出てくる。 また、インディが、マットと最初に語り合うダイナー(って呼び名でいいのかな?)での、二つの抗争中の若者グループネタがあったが、 ルーカスなどは、『ア... [続きを読む]

受信: 2008/06/15 14:44

» 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』この映画を見て! [オン・ザ・ブリッジ]
第回『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』  今回紹介する作品は19年ぶりに復活した人気シリーズの第4作目『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』です。  私は小学生の時からこのシリーズが大好きだったので、2002年にネット上で第4作目の脚本が執筆されていると知って大変喜んだものでした。2004年... [続きを読む]

受信: 2008/06/15 15:33

» インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国♪ [パッチンガムおひとついかが?]
「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」観てきました♪ ランボー同様このシリーズも今までちゃんと観たことがなかったのですが、これぞ映画 、エンターテイメント!という感じで楽しめました。 車のまま滝に落ちたりしちゃったりして・・・ テーマパークにあ..... [続きを読む]

受信: 2008/06/19 16:05

» 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」まさに王道... [soramove]
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなんと...... [続きを読む]

受信: 2008/06/24 21:15

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (999) [アリスとお茶を]
昨日(水曜日)、友人のナースももちゃん(仮名)と観てきましたよ! (≧▽≦)b [続きを読む]

受信: 2008/07/03 01:13

« 目黒オフ《番外編》 | トップページ | 「ペリー&ハリス展」と柳橋 »