« 第12回お江戸オフ《柴又》その3 ―もんじゃin 浅草― | トップページ | 渋谷駅に巨大壁画 »

2008/11/19

映画『容疑者Xの献身』

 封切りから1ヵ月半、遅ればせながら観てきました。タイミングが合わなかったせいもあるけれど、無理して観に行ってがっかりしたらイヤだな、とも。原作がとてもよかったもので……。

 そもそも、福山雅治と柴咲コウが前面に出たポスターからして"違う"って感じ。いえ、福山さんのガリレオは好きなんだけど、この話の主人公はあくまでも石神でしょ。それに、堤真一が石神なんて、カッコよすぎてイメージじゃないし。

 と、文句たらたら言っていましたが……すみません、これがいい出来だったんですよ。堤さんの石神、素晴らしかった! 頭はいいけれど、風采が上がらず情けない男になりきっていました。猫背で自信のなさそうな姿勢、人生をあきらめきった表情、弱々しい視線などなど、さすが役者です。ラストの慟哭が心に響きました。対する松雪康子もうまい。張り詰めた緊張感が痛いほど伝わってきました。

 湯川&薫コンビもあまり出過ぎずにうまく使われていたように思います。テレビのガリレオファンにはちょっと物足りないかもしれませんが。

 原作→映画の順だと失望することのほうが多いけれど、これは映画も原作に匹敵する程よかったです。観てよかった!

 この映画は東宝シネマのポイントで無料で観たので、浮いた分で帰りに東野圭吾の新作『聖女の救済』を買ってしまいました。これもガリレオもの長編。さっそく読み始めたところです。

 初日に早々とご覧になった桜桃さんの記事にトラックバックをお送りします。

関連記事:
『容疑者Xの献身』(東野圭吾) (2006年1月7日)

|

« 第12回お江戸オフ《柴又》その3 ―もんじゃin 浅草― | トップページ | 渋谷駅に巨大壁画 »

コメント

ロングランになったから、まだやってるんですよね。
なんだか中学生界隈でも「感動的!」ってハナシです。

堤さんは情けない役も多いですよね。
観たいと思いつつ、結局映画間では観ずに終わりそうです。

投稿: ゆれい | 2008/11/19 14:49

本を読んで、「堤真一か・・」と
ちょっとガッカリしていたのですが
そんなに良かったのですね。
行こうかな・・・
「レッドクリフ」とまだ迷っているのです。
終わらないうちにいかなきゃならないのに・・・(笑)

投稿: 陶片木 | 2008/11/19 18:09

ゆれいさん、陶片木さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>ゆれいさん

 へぇ、中学生にも受けているんですね。「ばっかじゃないの?!」と言われかねない"献身"なので、ちょっと安心(?)しました。

 最近はどんどん映画が入れ替わるから、始まったら早めに行かないと見逃しちゃうのよね。テレビ放映されたら、ぜひ見てね。


>陶片木さん

 この前、友達と「原作の石神って、温水さんとかハンサムスーツの人(塚地さん)のイメージよね」と話したの(^^;)。そんな役を堤さんが違和感なく演じていたことに感動しました。

 『レッドクリフ』も観たい! これから始まる怪人20面相(K20だっけ)もね。

投稿: Tompei | 2008/11/19 19:13

TBありがとうございました。

ね、ね、よかったでしょ~

>猫背で自信のなさそうな姿勢、人生をあきらめきった表情、弱々しい視線などなど、
ブルーシート生活者の前を歩くシーン、すごかったですねえ。

ここだけの話、薫いらんわね

投稿: 桜桃 | 2008/11/20 00:00

>桜桃さん

 おはようございます!

 桜桃さんの最後の一押しが効いて、あの翌日に行ってきました。ありがとう!

>ここだけの話、薫いらんわね

 新作の『聖女の救済』に薫が登場しているのよ。うーん……(--;)。

投稿: Tompei | 2008/11/20 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『容疑者Xの献身』:

« 第12回お江戸オフ《柴又》その3 ―もんじゃin 浅草― | トップページ | 渋谷駅に巨大壁画 »