« 『聖女の救済』(東野圭吾) | トップページ | 神宮外苑の黄葉 »

2008/11/29

酉の市(府中・大国魂神社)

 今日は三の酉なので、一番近くの酉の市、府中の大国魂神社に出かけてみました。東京下町で生まれ育ったのに、浅草の酉の市には行ったことがなく、今回が初めてのお酉様体験です。

Img_0450Img_0451

200811291653000Img_0457

 大国魂神社の酉の市と言っても、正確には、拝殿の脇にある小さなお社「大鷲神社」のお祭り。欅並木の参道にはさまざまな屋台が並び、一番神社寄りに熊手を売るお店が数軒ありました。熊手の買い方には独特の慣習があるそうで(「わくわく日記」参照)、熊手には一切値札が付いていません。初心者にはちょっと手を出しにくい雰囲気があり、浅草では今年から低価格の熊手には値札を付けるようになったようです。

 今回、私が買い求めたのは、大鷲神社で売っていた500円の熊手。初めてだから、一番小さなものにしました。年々大きくしていくのが本式らしいですよ。大きめのフォーク並みのかわいい熊手だけど、せっせと福をかきこみたいものです。

 この酉の市、関東特有の年中行事なんですって。初めて知りました。関西などでは「えびす講」が主流だそうです。

|

« 『聖女の救済』(東野圭吾) | トップページ | 神宮外苑の黄葉 »

コメント

都内では鷲神社(浅草)、花園神社(新宿)に次ぐ酉の市の名所ですね。そうなんですね。関東だけの風習なんですよね。ぜひ来年は今年のを神社に奉納してより大きいのを買ってくださいね。粋というのは、贅沢が禁止されて発達した文化のようにも思います。熊手の露店の並びは絢爛豪華で派手好きな江戸文化の象徴みたいで一見の価値ありですよね。

投稿: | 2008/11/29 23:55

>惑さん

 この大国魂神社は府中駅からすぐだし、週末でもあり、かなりの人出で賑わっていました。熊手お買い上げの際の三本締めも何度か聞きましたよ。拍子木の音が響いて、いいものですね。でも、ユニークな熊手はなくて、ちょっと残念。やっぱり、一度は浅草に行ってみるべきかもしれません。

投稿: Tompei | 2008/11/30 02:01

変わり熊手は時事ネタの物を作っているお店が1軒、本物の亀や黒田節ネタは同じ店で1軒あるくらいなんですよ。サンリオのは特注品。
繋がってはいますがゾーンが分かれている鷲神社と長國寺合わせて熊手を売っている店だけでも200余店、熊手博物館みたいな一角もあったりします。一度は元祖酉の市、浅草にも足をお運びください。(誰が誰にいっているんでしょうね(^_^;))

投稿: | 2008/11/30 09:19

>惑さん

 熊手のお店だけで200余店というのはすごいですよね。やっぱり一度は行ってみないとね(^^)。吉原オフの時、鷲神社には行ったけれど、長國寺は抜かしてしまったし。

 思えば、30年以上、3キロ程の所に住んでいた私。その300倍近くも離れている惑さんからのおすすめ、ありがたく承ります(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2008/11/30 10:51

Tompeiさん、惑さん こんにちは。
飾り熊手もイイですが、こういうシンプルな熊手も素敵ですね (^-^)
きっといいことありますよ♪

投稿: アリス | 2008/11/30 16:10

>アリスさん

 おはようございます。

 この小さな熊手で小さな幸せをたくさん感じられたらいいな。アリスさんもね!(^^)

投稿: Tompei | 2008/12/01 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/43264832

この記事へのトラックバック一覧です: 酉の市(府中・大国魂神社):

« 『聖女の救済』(東野圭吾) | トップページ | 神宮外苑の黄葉 »