« 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その1 | トップページ | 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その3 »

2009/01/26

第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その2

こちらの続き)

Photo_2 椿山荘から程近い神田川のほとりに関口芭蕉庵があります。何故か写真がないので、広重の江戸百景「せき口上水端はせを庵椿やま」(はせを庵=芭蕉庵)の画像(江戸博物館の資料より)を貼っておきます。江戸に下ったばかりの松尾芭蕉がこの地に4年間住んだことがあり、芭蕉50周忌を記念して芭蕉庵が建てられたそうです。

 何故、芭蕉がここに住んでいたのか? 「せき口(関口)」という地名は、この場所に神田上水の洗堰(水を貯める場所)があったことに由来しますが、伊賀上野出身の芭蕉は、藩が担当したこの堰堤の改修工事に従事しました。その時、今の芭蕉庵の地にあった竜隠庵というお寺に住んでいたのです。ちなみに、この辺りには古くから椿の木が多く「椿山」と呼ばれていたそうで、それが「椿山荘」の名の由来になっています。

 訪ねる前にこういうことを頭に入れておけばいいものを、今頃になって知る私。次回こそ念入りに予習をしよう……と性懲りもなく書いておきます。

Img_0521_2 お次は永青文庫。肥後細川家の歴史資料や美術品などの文化財を一般公開している小さな博物館です。江戸時代、この一帯は細川家の下屋敷で、現在の新江戸川公園はその庭園でした。細川・元総理は第18代の子孫で、別館にお手製の陶器などが展示されています。また一人、元総理が出てきましたが(その1参照)、細川さんの場合は元々お殿様なので事情が違いますね。

 今回は新江戸川公園を散策する時間はありませんでしたが、このあたりの落ち着いた風情がとても気に入ったので、いつか再訪し、早稲田のほうに抜けてみたいです。東京は本当に奥が深い……まだまだ歩いたことのない場所ばかりです。

【追記】
 神田川に「江戸川橋」がかかり、「(新)江戸川公園」があるのは何故か? この辺りを流れる神田川中流部分の2キロあまりをかつて「江戸川」と呼んでいたから。1970年に上流・下流の名称に統一して「神田川」となった。その数年前には町名からも「江戸川」が消えている。

(続く)

|

« 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その1 | トップページ | 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その3 »

コメント

>「せき口(関口)」という地名は、この場所に神田上水の洗堰(水を貯める場所)があったことに由来しますが、

ほぉ~、そういうことでしたか。
勉強になります。

>今回は新江戸川公園を散策する時間はありませんでしたが

そうなんですよね。私も記事をまとめるのに、新江戸川公園が細川家の下屋敷の庭園で学問所も残されていることを知って、あ~見とけばよかったと・・・
でも、時間がなかったですねー。

投稿: ぶんぶん | 2009/01/26 19:05

関口の由来はそういうことだったのですね。
なんで「関口」?とその名前に疑問は持ちつつ
ふぐだけが頭を占めていました。(; ̄ー ̄川 アセアセ

新江戸川公園の存在すら知りませんでした。
お勉強になります。
次回もまたよろしくお願い致します。

投稿: 陶片木 | 2009/01/26 20:42

>訪ねる前にこういうことを頭に入れておけばいいものを、
今回はわかっていたのに、再読しなかったのが悔やまれます。水神社も残念だったので、あのあたりまたぜひ行きましょう。

>東京は本当に奥が深い……まだまだ歩いたことのない場所ばかりです。
ホント、とてもお江戸完全踏破は不可能だろうけれど、楽しみがまだまだ続くと思うと嬉しい。これからもよろしくお願いします。

投稿: 桜桃 | 2009/01/27 00:10

土曜日はありがとうございました。
ああぁ、皆さん次々にアップされているsweat01
私も早く記事書かなくちゃ!

Tompeiさんのblogは歴史的な説明が詳しく書かれているので、歴史嫌いな私でも「なるほど!」と思いながらいつも楽しく読ませて頂いてます (^-^)

鳩山氏に山県氏に細川氏・・・こんな素晴らしいお屋敷を持つ家系の方が政治家になっていらっしゃるんですもんね~
庶民の気持ちなんてわかるワケないですよね・・・sweat02

投稿: アリス | 2009/01/27 09:41

ぶんぶんさん、陶片木さん、桜桃さん、アリスさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>ぶんぶんさん

 江戸川公園、水神社、新江戸川公園、さらに上流の甘泉園、そして目白不動にも行かなくちゃね。雑司が谷界隈もゆっくり歩いてみたいし……明るいうちに(^^;)。あの辺は思ったより見どころが多いですね。護国寺・池袋コースとくっつけるのは無謀だったかな?

>陶片木さん

 椿山荘やカテドラル大聖堂には何度か行ったことあるけれど、周辺を歩き回ったことはないので、あそこに川があることさえ知りませんでした。歩いてみると面白いですよね。半世紀東京に住んでいても知らないことだらけ。これからも楽しく歩いて楽しく飲み食いしましょう!

>桜桃さん

 芭蕉があそこで神田上水の工事に従事して暮らしていたと知っていれば、そういう思いで川を眺めたのに、って思う。だからどうだって話なんだけど、このあたりが結構大切な気がします。

 まだまだ先は長い。ゆっくりのんびりお江戸歩きを楽しみましょう!

>アリスさん

 土曜日はお疲れ様でした。ふぐ新年会の詳しい!記事を楽しみにしています。

 庶民の気持ちがわからない2世、3世のお坊ちゃん総理、議員ばかりでは困りますよね。しかも、教養がない人もいるし……(--;)。未知数だけど何か期待したくなるオバマみたいな人が日本にも出てこないかな。あ、話が完全に逸れてますね……。

投稿: Tompei | 2009/01/27 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/43862658

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その2:

» 第13回新年お江戸オフその2 [Fancy Pet]
その1のつづき このあと、永青文庫へ向かうのに胸突坂を登りました。登り終えて振り [続きを読む]

受信: 2009/01/26 18:56

« 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その1 | トップページ | 第13回お江戸オフ《音羽・関口・護国寺》その3 »