« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その5 白山 | トップページ | なりすましメール拒否(Niftyメールの場合) »

2009/06/20

みやこ焼き

 みやこ焼きのお店がなくなっちゃった! のっけからすみません。今日は思いっきりローカルな話題です。みやこ焼きとは今川焼きの商品名。餡子がたっぷり入った焼き菓子のことです。

 調布名物「みやこ焼き」のお店が忽然と消えてしまいました。跡形もなく。ネットで調べたら、5月で閉店したんですって。えーっ、ショック! そういえば、先月10人位並んでいて「季節外れなのに何故? テレビか何かで紹介されたのかな?」と思ったのでした。あの時点で「近日閉店」の告知がお店に出ていたそうな。ああ、何でしっかりチェックしなかったんだろう。先月だって食べているんですよ。でも、どうせなら「これが最後」と思いつつ、心して食べたかった! 写真にも残したかった!

 夫が甘党なので、ちょくちょく買って帰ってきたのです。私もたまに買いました。寒い季節にはとくに、みやこ焼きのあったかさと甘さが嬉しかった。疲れが癒されて元気が出ました。焼き方が雑で、餡子がはみだしているのが多いのもご愛嬌。90円(少し前までは80円)という安さも魅力でした。当地に引っ越してきて15年間に一体いくつ食べたかしら?

1243301845_photo お店を撤収した跡はビルとビルの谷間で何も残っていません。幅わずか1メートル少々の場所でよくぞ30年も商売してきたという印象。この狭い場所で暑い日も寒い日もみやこ焼きを焼き続けてきたお店の方々に「ありがとう! お疲れ様でした」と伝えたい気持ちです。この画像は勝手ながら「調布経済新聞」のサイトからいただいてきました。食べログのサイトもそのうち消えちゃうのでしょうか……。

|

« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その5 白山 | トップページ | なりすましメール拒否(Niftyメールの場合) »

コメント

シャッターの下りたこの写真は確かに狭い。
でも商売してると、そんな極狭感はあまりしないのは、商品にだけ目がいってるせい?

今川焼きって、寒い時はあったまるんですよね!
次の冬は寂しいですね。

投稿: ゆれい | 2009/06/20 15:26

みやこ焼きって名前は、
東京(みやこ)の焼き物ってことからなのでしょうか?

今川焼き、大好きです。
あんこがやっぱり好きだけど、
カスタードも好きです。(^^;)

狭いところでこうやって焼いていて
手で返してそれを袋に入れてくれて
ほかほかしたのを持って帰って
はふはふ食べる幸せ!
やっぱりなくなると寂しいですよね。

投稿: 陶片木 | 2009/06/20 18:09

ゆれいさん、陶片木さん、こんにちは。
雨の日曜日ですね。

>ゆれいさん

 お店のあった場所を見ると、「こんなところによくもお店があった」という狭さでびっくりです。まさに隙間産業(^^;)。消防法に触れなかったのかな?

 駅の反対側にはたい焼き屋があるけれど、チェーン店でイマイチ。冬になったら、今以上にみやこ焼き恋しさがつのりそうです。

>陶片木さん

 お店の前を通ると甘い匂いが漂っていて、ついつい買いたくなるのでした。焼きたての今川焼きやたい焼きって、幸せな気分にしてくれますよね。

 長いこと餡子一辺倒だったけれど、カスタードに挑戦したら意外に美味しかった……ああ、また食べたくなっちゃった!(^^ゞ

投稿: Tompei | 2009/06/21 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/45395848

この記事へのトラックバック一覧です: みやこ焼き:

« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その5 白山 | トップページ | なりすましメール拒否(Niftyメールの場合) »