« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その2 堀切菖蒲園 | トップページ | 熊川哲也の『第九』 »

2009/06/11

第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その3 とげぬき地蔵雑感

 堀切菖蒲園を後にした一行は、京成線の町屋で都電に乗り換えて巣鴨の庚申塚に向かいました。のんびりゆったりチンチン電車に揺られて行くのもいいかなと思って……。が、思いのほか都電は混んでいて、ずっと窮屈に立っている状態。遠足気分のオバサン団体はちょっと浮いていたかも? チンチンという音だけは昔と変わらず、郷愁をそそられました。

 今は昔、都電が都内を縦横に走っていた頃、何度か母に連れられ都電と国電(JRをこう呼んでいた)を乗り継いでとげぬき地蔵に出かけました。巣鴨が「おばあちゃんの原宿」と言われるようになる前のこと。当時、母は"巣鴨のお地蔵様"を信心していたようで、時には手作りの赤いよだれかけを持参して初代のお地蔵様につけていました。母の真似をして、私もたわしでゴシゴシこすったものです。正確にはこのお地蔵様は観音様ですが、私にとっては「とげぬき地蔵=この洗い観音」なのです。

 そうそう、ご本尊のお地蔵様の姿が描かれた切手大の紙片を本堂で売っていて、腹痛か何かの時に飲まされた記憶もあります。この「御影」は今もあるようですね。ちなみに、母は自分と巣鴨の"おばあちゃん"化に反比例するように、巣鴨から足が遠のきました。

 一方、私は、学生時代の友人がとげぬき地蔵近くに住んでいるため、その後も度々巣鴨を訪れています。でも、とげぬき地蔵は前の道路から軽く頭を下げる程度。観音様を洗わせていただいたのはいつ以来でしょう。もちろん、2代目をタオルでこすったのは今回が初めてです。

 その友人にメールを入れてみたら、買い物に行く途中、近くを歩いているということで、とげぬき地蔵で合流。オフのメンバーとは初対面にもかかわらず、飛び入りでお茶もご一緒させていただきました。皆様、どうもありがとう! 友人からもよろしくとのことです。家族や友人には一切内緒でこのブログを続けている私……当然、彼女も知りませんが、どのように映ったでしょう? もし、このブログにたどり着いたら、コメントをくださいね!

|

« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その2 堀切菖蒲園 | トップページ | 熊川哲也の『第九』 »

コメント

Tompeiさんのご友人とお話出来て良かったです。
よろしくお伝えください。
やっぱりご友人もお若くみえますね。
類は友を呼ぶ?^^

>当然、彼女も知りませんが、どのように映ったでしょう? 

歴史サークルのメンバーみたいな感じにうつれば良いですが、怪しいハンドル名を耳にしてカルトな宗教軍団に見られてなければ良いが・・・^^;;

投稿: ぶんぶん | 2009/06/11 12:54

都電の駅は大きく変わりましたよね。
昔の都電は道路を信号を無視して渡った先にあった気がします。
私がよく利用した蔵前通りにあった都電は
ちょっとだけ高いところを駅と呼ぶ
そんなものだった記憶です。

意外と混んでいたのも驚きでしたよね。
とはいえ、懐かしいチンチンという鐘の音は
昔と同じで、下町の町並みを走っていると
一瞬、タイムスリップした感じになりました。

お友達は驚かれていらっしゃいませんでしたか?
怪しいハンドルでしたものね。(^^;;;
もしかして、私が一番変だったかも。(笑)

投稿: 陶片木 | 2009/06/11 20:12

>どのように映ったでしょう? 
私なんて某所でもたまたまお目にかかり、巣鴨でもお会いして・・。
それこそどう思われたでしょうね~(汗)
で、私のHNはだれも発音してなかったよねえ(滝汗)

よろしくお伝え。。ってどう伝えるの^^;;??

チンチン電車、予想外の混み具合でびっくりしました。ご高齢の方には乗りやすいですねえ。乗ったら座らないと揺れて危ないけど。
いろいろなことに遭遇できて楽しかったです♪

投稿: 桜桃 | 2009/06/11 23:00

ぶんぶんさん、陶片木さん、桜桃さん、おはようございます。
朝から青空で気持ちいいですね(^^)。

>ぶんぶんさん

 類は友を呼ぶ……ミーハーはミーハーを呼ぶって感じですね(^^ゞ。

 真面目な歴史サークルには見えないかも(^^;)。ハンドルでのお付き合いには別に抵抗ないと思いますよ。ヅカの方でも似たようなことをやってますので。

>陶片木さん

 あの荒川線は専用線路を走っていますが、昔の都電は普通の道路を車と一緒に走ってましたよね。停留所も道路の真ん中にありました。車掌さんが乗っていて、首から提げたカバンから切符を切ってくれました。子供は10円だったかな。

 浅草、上野方面に行く時は都電を使っていたけれど、錦糸町にはバスで行くしかなくて不便と思ってました。

>桜桃さん

 思うに、桜桃という字面とさくらんぼという発音とはイメージが全然違うから不思議(^^)。この先も某所で会うことがあると思うので、よろしくね!

 乗客がまばらな車内でのんびり車窓を眺めるという図を想像していました。でも、この前行った王子のあたりを都電の中から見られて嬉しかったです。

投稿: Tompei | 2009/06/12 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/45305317

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その3 とげぬき地蔵雑感:

» 第15回お江戸オフ(その2) [Fancy Pet]
前記事のつづき 都電を降りて向かった場所 ②巣鴨庚申塚 こちらも広重の絵に描かれ、江戸時代から続く庶民信仰の場所です。 昔巣鴨の庚申塚は中山道の本街道であり、板橋宿の一つ手前の立場として上り下りの旅人... [続きを読む]

受信: 2009/06/11 12:56

« 第15回お江戸オフ《堀切菖蒲園・巣鴨・白山》その2 堀切菖蒲園 | トップページ | 熊川哲也の『第九』 »