« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

第16回お江戸オフ《芝・愛宕山》その3 増上寺(芝東照宮)

こちらの続き)

 私ったら今頃、気がつきました――増上寺の公式サイトの「境内のご案内」のページの図は一部分だったこと(汗)。事前から何度も見ているのに、一度も「境内の全体図を表示」しませんでした。「徳川家の墓所や鐘楼堂ってどこにあるの?」と思いつつ……。全体図を見ていたらポイントをはずさずに見学できたはず……いや、暑かったから無理か……無理だったことにしておこう。参加の皆様、中途半端なガイドでごめんなさい。よかったら、気候のよい時に改めて訪ねましょう! 

 気をとりなおして……芝東照宮です。江戸時代まで増上寺の安国殿と呼ばれていましたが、家康を神として祀った廟ゆえ、明治の神仏分離令によって増上寺から切り離されました。その後も家光が造営した安国殿をそのまま社殿としていましたが、これもまた昭和20年の空襲で焼失してしまいました。残ったのは御神像の寿像(等身大の家康像)と御神木の大銀杏のみ。家光が手ずから植えたと言われるこの銀杏の木は400年近く周囲の変遷を見守ってきたことになります。

Img_1077Img_1078

 ちなみに、現在、増上寺大殿の並びにある安国殿には増上寺の本尊(阿弥陀如来像、通称黒本尊)が安置されていて、年に3日だけご開帳されます。(2010年1月15日御開帳の日に再訪。記事はこちら

 例のごとく、広重の江戸百景から浮世絵をご紹介――「増上寺塔赤羽根」です。絵の中央は赤羽根橋、今の赤羽橋。大江戸線の駅名になっていますね。増上寺の南端に五重塔があったのです。
PhotoImg_2020_2


(2010年1月 赤羽橋の写真を追加しました。
 川の上を首都高が走り、位置は違いますが、五重塔ではなく東京タワーがそびえ立っています)

続く


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/29

第16回お江戸オフ《芝・愛宕山》その2 増上寺

こちらの続き)

Img_1070Img_1071

 今回のメイン、三縁山増上寺です。左が重要文化財の三解脱門、江戸初期に建てられた都内最古の建築物です。右の大殿は昭和49年再建。写真はすべて逆光ですね。強烈な日差しを正面から受けて、汗をかきかき境内を歩きました。境内が広いからたいへんです。

 でも、江戸時代の増上寺はもっともっと広かったんです。増上寺は寛永寺と並ぶ徳川将軍家の菩提寺で、15人の将軍のうち、6人の霊廟がありました。日光東照宮にも引けを取らない広大かつ壮麗な建物群で、現在の境内の左右に南廟(プリンスタワー敷地)と北廟(東京プリンスホテル敷地)がありました。さらに、その周囲(今の芝公園地区)全体が増上寺だったのです。

1501812

 戦前の有章院霊廟(古写真:長崎大学附属図書館所蔵))

 国宝にも指定されていた霊廟の100棟近くの建物は昭和20年、2度にわたる空襲でほとんどが焼失してしまいました。その後、昭和33年に学術調査が行なわれ、土葬だった遺体は荼毘に付されて一か所にまとめられ、大殿の後方に改葬されました。現在の徳川家墓所には6人の将軍ほか、正室、側室、子女など38人が埋葬されています。家茂、和宮ご夫妻もこちらで眠っています。実は……今回この墓所を見逃しました。内部は公開されていないとはいえ、増上寺に行ってここを訪ねないでどうする?! 深く後悔、反省しています。(2010年1月15日再訪。記事はこちら

 話はまだ続きます。戦後、荒廃した霊廟の土地を次々に買収したのが西武鉄道です。空襲を免れた建物ごと買い取って、後年、東京プリンスホテルやかつての芝ゴルフ練習場、現在のプリンスタワーを建設しました。だから、現存する「台徳院(秀忠)霊廟惣門」「有章院(家継)霊廟二天門」(以上、重要文化財)「御成門」は増上寺ではなく西武(プリンス)のものなのです。

Img_1073Img_1079

Img_1081(左上から順に)
台徳院霊廟惣門
 (プリンスタワーの入口なので
  美しく修復されている)
有章院霊廟二天門
御成門
 (かつての増上寺裏門
                      将軍が利用した)

 そのほか、焼け残った台徳院霊廟の3つの門(重文)はユネスコ村(かつて所沢にあった西武系列のテーマパーク)に移築展示された後、狭山不動尊に再移築されました。また、大名が寄進した1000基もの灯篭はいったん西武園に持っていかれ、その後、周辺の寺社に配布されたそうです。なんだかなぁ、な話でしょう? 

 芝公園地区における西武(プリンス)の歴史はこちらのサイトに詳しく出ているので、興味のある方はご覧ください。増上寺の石灯篭を探して記録している方のサイトも見つけました。すごいですね。いろいろな方がいらっしゃいます。

 話が横道に逸れたので、増上寺についてはもう1回書きたいと思います。

続く

<追記:2013年3月29日>

 将軍墓所特別公開の記念品としてもらってきた、かつての霊廟の絵葉書と増上寺全図の画像を貼っておきます。

Img_0001

<台徳院霊廟(2代秀忠)> 順に、①②

Img_0001aImg_0002


<文昭院霊廟(6代家宣)> ③④⑤⑥⑦

Img_0003_3Img_0004 Img_0005

Img_0006Img_0007

<有章院霊廟(7代家継)> ⑧⑨⑩

Img_0008_2Img_0009_2 Img_0010_2


| | コメント (6) | トラックバック (0)

蚊対策

 あいかわらず蚊に刺されやすく、今も虫刺され跡が4ヵ所あります(うち3ヵ所は愛宕神社で被災)。今朝の「ズームインスーパー」で「蚊」の特集をやっていたので、覚え書きしておきます。

蚊が好むのは、
1、体温が高い
2、汗をかきやすい
3、黒系の服、日焼け
4、二酸化炭素(飲酒後は増える)
5、足の臭い

 うーん、思い当たるのは地黒なことくらい。虫の多くは黒いものに寄ってくる習性があるけれど、蚊は色白と地黒もちゃんと見分けられるのか? 過去記事には「酸性体質は蚊に刺されやすい」と書いたけれど、あるある大辞典ネタなので今となっては少し眉唾。刺されやすい人と刺されにくい人がいるのは本当に謎です。

 蚊を家に入れない対策としては――住宅の換気口からも侵入するのでネットを張る。身の回りの水溜りで繁殖するので極力減らす(植木の受け皿など)。

 《手作り虫除けスプレーの作り方》
  ユーカリやレモングラスの精油 3、4滴
  精製水 90ml
  エタノール 10ml
 以上を混ぜて、スプレー容器に入れて使用。肌荒れの原因になるので、直接肌につけずに服につけること。

 そうそう、「か」は何故「蚊」という漢字なのかというと、「ブーン」とうなるから虫偏に「文(ぶん)」なんですって。一つ利口になりました。が、やっぱり蚊は嫌いだ!


GAIA ユーカリプタス 5ml
GAIA ユーカリプタス 5ml

GAIA レモングラス 5ml
GAIA レモングラス 5ml

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/27

第16回お江戸オフ《芝・愛宕山》その1 芝大神宮

 戻り梅雨から一転、真夏の太陽が照りつけた土曜日、お江戸オフがありました。この時期のオフは「歩くの控えめ、ビールぐびぐび」のビールオフと決まっていますが、それにしても暑かった! 集合の3時に大門駅の地上に出たら、直射日光とアスファルトの輻射熱のダブル攻撃にくらくらして、たちまち歩く意欲減退。とは言っても、最後までちゃんと歩きましたとも……なんてったって、美味しいビールが待っている! 今回のコースは次のとおり。

都営地下鉄「大門駅」15時集合→ 芝大神宮→増上寺→愛宕神社→ 日比谷神社→烏森神社→ 「キリンシティ」新橋店

Img_1068_3 まずは、芝大神宮。写真のように近代的かつコンパクトな外観ですが、平安時代に伊勢神宮を祀った由緒正しい神社です。江戸時代には芝神明とか飯倉神明宮と呼ばれ、徳川幕府の保護も篤く、「関東のお伊勢さま」として庶民にも信仰されていました。広重や豊国らの浮世絵に多数描かれています。

 下の絵は広重の江戸百景「芝神明増上寺」。右側の建物が芝神明、左の朱塗りの門が増上寺の表門、大門です。この時代、大門の先は増上寺だったんですね。現在はさらに200m先の三解脱門から増上寺の境内になります。右の写真は今の大門。昭和12年再建のコンクリート製。

Photo_4Img_1067




 芝神明と言えば、江戸時代に「め組の喧嘩」の舞台になったことで有名。勧進相撲の際に起きた力士と町火消しの大喧嘩で、それを脚色した歌舞伎「神明恵和合取組」は今でも上演されています。

 9月11日から21日まで行なわれる祭礼は日本一長く、「だらだら祭り」と言われています。江戸時代にはこの期間、生姜市が立ち、とても賑わったそうです。これを描いた広重の「東都名所之内芝神明祭礼の図」も貼っておきます。

Photo_3

 最初の写真を拡大していただくと本殿前で集合写真を撮っているのが見えますが、ちょうど結婚式が終わったところに遭遇しました。おあつうございます。軽装の我々もここまで歩いただけですでに汗だくでしたので、新郎新婦および参列者の方々のたいへんさがしのばれました。末永くお幸せに!

続く

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2009/07/24

ゴディバのアイスクリーム

200907241026000_2Godiva

 あいかわらず梅雨のようなお天気が続いていて、どうしてもテンションが下がり気味……そんなところにやって来ました、救世主! ゴディバのアイスクリームのお中元が届きました。先日、こちらのブログで写真を見て、食べてみたいと思っていたんです。ありがとうございます。おかげさまでテンション急上昇です(ゲンキンかつ単純)。

 さっそくストロベリーチョコチップをいただきました。いちごの果肉とチョコチップが入った極上のストロベリーアイス……たいへん美味しゅうございました。あっという間に完食でございます。チョコチップは甘さ控えめながら、しっかりとした存在感で、さすがゴディバのチョコレート!

 ほかの4種類も大切に味わうことにします。興味のある方は右の画像を拡大してご覧くださいね。思いきり自慢しちゃいました……スミマセン。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009/07/21

大国魂神社のすもも祭り

 昨日、府中に映画を観に行ったら、何やらお祭りらしい雰囲気が……。大国魂(おおくにたま)神社のすもも祭りでした。参道にはすももを売る露店数軒ほか、ありとあらゆる露店が軒を連ね、老若男女で賑わっていました。

200907201907000200907201914000




 ここ大国魂神社(江戸時代まで六所宮)は再来年、鎮座1900年を迎える武蔵国の総社。その昔、源頼朝や徳川家康が社殿を造営した歴史と由緒ある神社です。最大のお祭りは5月のくらやみ祭りですが、7月20日のすもも祭りも古くからの行事で夏の風物詩として親しまれているようです。

200907211104000_2 これはからす団扇。すもも祭り当日だけ神社で売っているもので、これで扇ぐと災厄が払い除かれるそうな。謂れは1200年前の神話の「(虫害や災難を除くには)からす扇を以って、扇げ」というお告げに基づいているとか。この団扇のほか扇子も売っていました。5000円也のスペシャル扇子は売り切れ。

 話は前後しますが、この日観た映画は『アマルフィ』。全編イタリアロケのこの映画、突っ込みどころもあるけれどなかなか面白かったです。5点満点で4くらいかな。アマルフィって地名だったのね……知りませんでした。『天使と悪魔』に続き、イタリアづいていて、旅行願望をかきたてられました。織田裕二はハマっていたけれど、天海祐希は母親役よりキャリアウーマン役のほうがお似合い。佐藤浩一の役はちょっと無理あり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/19

調布市花火大会2009

Img_1045

 今年も調布の空に大輪の花火が上がりました。このご時世でこの夏は中止に追い込まれている花火大会も多いと聞きますが、無事開催できて嬉しいかぎり。協賛してくださった皆様、ありがとうございます。数年前から始まった有料席も資金面でプラスになっているのでしょうね。

 今年の大会は梅雨明け直後で夏休み最初の週末というベストシーズンのせいか、例年にない人出でした。花火を見上げる顔がみんな笑顔に輝き、派手な花火の時は一斉にどよめきが湧き、高揚感が伝わりあって盛り上がります。「たまや~、かぎや~」の掛け声こそないけれど、花火を眺める人の気持ちは江戸時代からそんなに変わってないような気がします。やっぱり日本人だわ。

 さーて、いよいよ本格的な夏の始まり……皆さんのご予定は? 夏バテしないように、楽しい夏をお過ごしくださいね。

 デジカメの打ち上げ花火モードで撮ってみましたが、なかなかうまくいきません。丸い花火は流れちゃって……。来年は動画で撮ってみよう! 何を隠そう、実はまだ動画を撮ったことないのです(汗)。

Img_1031Img_1063


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/13

「西城秀樹コンサート2009」in 府中

 4年ぶりにヒデキのコンサートに行ってきました。府中にやって来ると聞いては駆けつけないわけにいきません。と言っても、つい最近知ったので、後方席を格安でゲット。友人と一緒に盛り上がってきました。

 幕が上がってヒデキが歌い出せば、たちまち30年程前にタイムスリップ。ヒデキの歌声は全然変わってないし、私のときめきも全然変わってないし……歌詞だって応援の振りだって体がちゃんと覚えています。ステージのヒデキを見ながら、昔のヒデキと昔の自分に会っているような感じ。そんな非日常の素敵な2時間でした。

 確かにあの時が青春だったんだなぁと思いながら、オジサン(失礼!)になったヒデキと踊る「ヤングマン」もなかなかオツなものです。「若いうちはやりたいこと何でもできるのさ」「青春の日々は二度とこないから思い出になると思わないか」という歌詞が五十路の身に沁みます。ヒデキも言っていたけれど、20年、30年なんて本当にあっという間。時の流れの早さを今さらながら痛感しました。

 開演前まわりを見回して「ここは新橋演舞場か?!」と思った客層でしたが(自分も含めて)、ラストは1階のほとんどの人が立ち上がって「YMCA」の振りをしていて感動しました。YMCAの教祖様のパワーは絶大なのです。さて、次はいつ踊れるかしら?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/07/09

『源氏物語 第一巻 桐壺~賢木』(大塚ひかり訳)

源氏物語〈第1巻〉桐壺~賢木 (ちくま文庫)
源氏物語〈第1巻〉桐壺~賢木 (ちくま文庫)

 宝塚の舞台から始まったマイブーム「源氏物語」は細々続いています。田辺聖子さんの『新源氏物語』、宇治十帖『霧ふかき宇治の恋』に続いて、講演録の『源氏がたり』を読み終わって、いよいよ全訳にチャレンジしています。

 何故、大塚さんの訳から読み始めたか――。書店で初めてこの本を手に取った時は冒頭を読んだだけですぐ戻しましたが……。「いずれのミカドの御代でしたか」――この「ミカド」でいきなり拒絶反応。源氏物語の訳にカタカナを使うなんてとんでもない!と思いました。

 ところがその後、同じ著者の『もっと知りたい源氏物語』を図書館から借りてきて読んだら、これがとても面白かったのです。「光源氏のセックス年表」「薫と匂宮のセックス(レス)年表」「光源氏が寝た女たちの顔と体格」一覧表など、源氏物語解説書らしからぬ切り口が新鮮で、しかもあらゆる角度から微に入り細に入り考察されていて、知的好奇心ならぬ野次馬根性がおおいに刺激されました。

 とは言え、全訳に登場する「セックス、エロい、スケベ、超ラッキー、ラブラブ」などの言葉には引いてしまうのが正直なところ。その違和感を補って余りあるのは、<ひかりナビ>と称する著者の解説です。2~3ページごとにかなり詳しい解説があり、初心者も源氏物語を理解し楽しめるように工夫されています。また、各章に人物相関図がついているのもわかりやすい。源氏物語全訳入門にもってこい、とくに若い世代向きの訳書と言えそうです。

 これを全巻読了できたら、瀬戸内寂聴さんの訳も読んでみたい。そこまで興味が続いたらの話ですが……。まだ全体の1/6なので、道は遠いです。

もっと知りたい源氏物語
もっと知りたい源氏物語

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/05

味玉

 めずらしく料理ネタです。といっても、玉子をゆでるだけですけど(笑)。陶片木さんご紹介のブログ「レイコさんの食卓から」で味玉の作り方を教えていただき、さっそく試してみました。

200907031123000 味玉とは、ラーメン屋さんのラーメンに入っている、黄身が固まっていない味付け玉子のこと。味がしみこんだ透明のゼリー状の黄身が不思議で、どう作るのかなって思っていたんです。おでんに玉子は欠かせないし、煮豚などにも玉子を加えていたけれど、当然黄身はしっかり固まっていますよね。

 要は、半熟のゆで玉子を漬け汁に漬け込む――それだけ。わかってみれば、「なーんだ」ですね。私は濃いめのめんつゆに漬け込んでみましたが、当日より翌日のほうが味玉らしくなっていました。ピンぼけ写真ですみません。

 味玉の作り方がわかったうえに、ゆで玉子の殻をきれいにむくコツもわかって嬉しいです。「ゆでる前に玉子の丸いほうの底に画鋲で穴を開けて、沸騰した湯に入れる」んですって。私、ゆで玉子は水から入れるものと思い込んでいました。ゆで上がる前に殻にひびを入れてむきやすくしていましたが、きれいにむけないことが多々あって困っていました。玉子が新鮮な証拠らしいですけどね。今回はつるっときれいにむけました。穴を開けるのは最初ちょっとどきどきしますが、コツをつかめば簡単です。

 というわけで、味玉のおさらい。
①玉子の丸いほうの底に画鋲で穴をあける。
②沸騰した湯に入れ、7分前後ゆでて、半熟のゆで玉子を作る。
③殻をむいて、漬け汁に漬け込む。ビニール袋を利用すると便利。
 (漬け汁の濃さは、漬け込む時間によって調整)
漬け汁を工夫すると、和風、中華風、エスニック風、いろいろな味玉ができるようです。また作ってみます。

 レイコさんの記事にTBを送らせていただきます。こちらのブログ、美味しい情報が満載でとても勉強になります。いえ、お料理だけでなく、レイコさんの生きる姿勢に学ぶ点がたくさんあります。

| | コメント (16) | トラックバック (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »