« 浮世絵展と駒形どぜうオフ(その1) | トップページ | 福岡の明太子と言えば、○○○ »

2009/08/28

浮世絵展と駒形どぜうオフ(その2)

こちらの続き)

 いよいよ本日のメインイベント「駒形どぜう」です。お江戸歩きの会だというのに、タクシーで乗り付けました。暑いしお腹は減っているしね。

Img_1141_3200908271350000

 「駒形どぜう」は創業200年を迎えた江戸の老舗。1801年の開業当時からずっと今の場所で営業しています。「どぜう」は正式な旧仮名遣いではなく、最初は「どぢやう」と書いていたのを開業5年目に火事に遭った後、縁起のよい奇数文字の「どぜう」と書き換えたそうです。

200908271315000 このお店、私は20年ぶりくらいでしたが、正直言って前回の印象は「あまり美味しいものではないけれど、話の種に面白い」というようなものでした。が、私も大人になって(笑)どぜう鍋の味がわかるようになったらしく、とても美味しくいただきました。ささがきごぼうとねぎを足しながらいただくどぜう鍋、最高です! ほかにも、柳川、どぜう蒲焼、どぜう入り卵焼き、くじら竜田揚げなど、あれこれ注文。昼間なのでアルコール抜き(4人でビール1本)なのが淋しいけれど、それでも妙に楽しい宴でした。

 私はこれだけしか写真がないので、もっとたくさん写真をご覧になりたい方はお仲間のブログへどうぞ!(こちらとかこちらとか)

 食事の後は浅草寺へ。その途中、6年前に完成した真新しい駒形堂に立ち寄りました。1400年近く前、浅草寺のご本尊の観音様が隅田川から上陸したと言われる場所に立つお堂です。広重の江戸百景にも取り上げられています。タイトルの「駒形堂吾嬬橋」の吾嬬橋は吾妻橋の別字。絵の左下に駒形堂の屋根があり、その上あたりに橋が見えます。ちなみに、駒形堂近くの駒形橋は昭和2年に架けられた新しい橋で、駒形堂に因んで命名されました。

Img_1142Photo_10

 浅草寺は夏休みのせいか、平日にもかかわらず結構な人出でした。本堂は来年11月末まで大営繕中でこんな姿になっていました。来年の年末にはぜひお参りに行かなくては!

Img_1145

 このオフの記事は「お江戸オフ記録帳」にまとめてあります。

|

« 浮世絵展と駒形どぜうオフ(その1) | トップページ | 福岡の明太子と言えば、○○○ »

コメント

あれ?どぜうがメインでしたか?coldsweats01

私も昔食べた時「いまいち」に感じたのは子供だったせい??

又、行かれる際にはご一緒させてください!

投稿: ゆれい | 2009/08/28 19:49

どぜう鍋、想像していたのより美味しかったです。
定食にしないで、正解!色々頼んでくださったTompeiさんのおかげです。

駒形堂は江戸名所百景にも描かれた場所だったのですね。食べ物屋さんと間違えた私って・・・(大汗)

ゆれいさん、長い物は大丈夫なのね。今度ご一緒しましょう、私ももう一度行きたいです。

投稿: ぶんぶん | 2009/08/28 20:25

ゆれいさん、ぶんぶんさん、こんにちは!

>ゆれいさん

>あれ?どぜうがメインでしたか?

 建前はお江戸ですけど、本音はいつも飲み食いメインです(^^;)。

 ゆれいさんもたぶん、どぜうを美味しく食べられるようになっているはず? 次回はぜひご一緒しましょう!

>ぶんぶんさん

 次回はさらにいろいろなメニューにチャレンジしてみたいわね(^^)。あの時間なら、秋冬も何とか入れそうな気がします。

 駒形堂は前から気になっていたので、今回行かれてよかった! 新しいお堂で情緒は全然なかったけれどね。

投稿: Tompei | 2009/08/29 13:46

久々に食べた「どぜう」は
思った以上に美味しかったです。

皆さんとのお付き合いも
ずいぶん長くなってきたね~
こうやって気楽に鍋をつつきあえる仲間がいて
嬉しいです(^^)
今後ともよろしくね。

投稿: TOKIKO | 2009/08/30 00:28

>TOKIKOさん

 お互いに「どぜう鍋」の味がわかるようなお年頃になったということかしら?(^^ゞ

 お鍋の味は一緒に囲む人によって変わりますよね。これからもいろいろなお鍋をご一緒しましょう! こちらこそよろしく(^^)。

投稿: Tompei | 2009/08/31 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/46052510

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵展と駒形どぜうオフ(その2):

« 浮世絵展と駒形どぜうオフ(その1) | トップページ | 福岡の明太子と言えば、○○○ »