« おしなりくん | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) »

2009/09/26

向島百花園の萩

Img_1169

 百花園の萩のトンネルです。満開には少し遅かったか……。

 これといった予定もなく家にいるとサンシャイン牧場(mixiのアプリ)に入り浸ってしまいそうなので、昨日思い立って出かけました。近くに住んでいた時は行かずに、1時間半もかけてわざわざ見に行くことになろうとは……。これもブログがあればこそ、ですね。

Img_1180Img_1183

 昨年1月のオフで訪ねた時の記事を見たら、例のごとく手抜きなので、少し説明をば――。この百花園は文化2年(1805)に骨董商の佐原鞠塢が開園した梅園で、開園に協力した酒井抱一、大田南畝、谷文晁たちが集う文人墨客のサロンとして利用されました。当初は亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と言われましたが、やがて「百花園」と呼ばれるようになりました。一説には酒井抱一が命名したとも言われています。

 大名屋敷の庭園のような整った美しさではないけれど、こじんまりした園内にはさまざまな植物が植えられ、江戸町人文化の風情を今に伝えています。廃園の危機を乗り越えて現存しているのは嬉しいかぎり。街中の狭い空間なのに蝶やとんぼが飛び交う別世界は、萩を愛でにきた人々で賑わっていました。虫聞きの会、月見の会など風流な会にも参加してみたいな。

Img_1185Img_1186

 百花園を出た後は江戸百景めぐりをしました。マイナーな場所ばかり3ヵ所。暑さにめげずに実家の近くを歩き回った記録は次回。

江戸百景めぐり<押上界隈> (その1)
江戸百景めぐり<押上界隈> (その2)

|

« おしなりくん | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) »

コメント

先日、偕楽園に行ったときも萩は満開を終え、
しぼみかけていました。

虫聞きの会や、月見もあるのですね。
浴衣で縁側に坐って、なんてできたら最高ですよね。
昔は普通にしていたそんなことも
今では特別になってしまうくらい
家がくっついて空も見えなくなってしまいましたよね。
もっとも、下町はずっと昔からくっついてはいたのだけど。(^^;)

サンシャイン牧場、私もサル以上にはまっています。(笑)
仕事で出かけちゃう平日は、帰宅するとすぐに見に行ってしまうし
あれは危険なゲームですよね。(笑)

投稿: 陶片木 | 2009/09/26 18:26

>サンシャイン牧場、私もサル以上にはまっています。(笑)
×2(爆)

もう秋ですねえ~

>百花園を出た後は江戸百景めぐりをしました。マイナーな場所ばかり3ヵ所。
おお!楽しみにしてま~す♪

投稿: 桜桃 | 2009/09/27 20:44

江戸には絡まないですが深代植物公園なんかも萩は見ごろかも。虫聞きの会は左脳で虫の音を聞く日本人ならではなんでしょうね。
サンシャイン牧場って何?とちょっと始めてしまいました。

投稿: | 2009/09/27 20:44

陶片木さん、桜桃さん、惑さん、おはようございます。
亀レスでごめんなさい。

>陶片木さん

 百花園のあと、周辺を歩いたら、家の前の狭いスペースに鉢植えをきれいに並べている民家が多くて、心がなごみました。いかにも下町らしい光景ね。季節を味わう楽しみは忘れたくないですよね。

 サンシャイン牧場、単純だけどよくできてますね。マイミクの牧場に行き来できるのがミソだわ(^^)。

>桜桃さん

 萩、彼岸花、コスモス……その次はもう紅葉ですね。早い! そうそう、今年はまだ金木犀が咲いてないわね。

 実家には寄らずに実家のまわりを歩いてきました。寄ったら最後、そこで止めそうだったから(^^;)。

>惑さん

 神代植物園……現在の地元ですね(^^)。神代植物園と向島百花園、土地柄を表しているなぁ。両方とも好きです。

 サンシャイン牧場、面白いでしょ?(^^) だんだん育成に時間がかかるようになってきて訪問回数が落ち着いてきました(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2009/09/28 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/46316611

この記事へのトラックバック一覧です: 向島百花園の萩:

» 向島百花園 萩まつり [よしりんの食べある記]
今年もトンネルの萩が、私を呼んでいた。 [続きを読む]

受信: 2009/10/01 23:28

« おしなりくん | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) »