« 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) | トップページ | 『新参者』(東野圭吾) »

2009/10/02

江戸百景めぐり<押上界隈> (その2)

こちらの続き)

 江戸百景3枚目は「柳しま」。柳島妙見堂(法性寺)の絵です。妙見大菩薩が祀ってある妙見堂と、隣りの会席茶屋「橋本」、そこにやって来る屋根舟が描かれ、江戸らしい風情ですよね。『鬼平犯科帳』の最初の話に登場するし、どんな所か期待していました。

Photo_2

Img_1203Img_1202



 がしかし、なんとマンションが建っていて、その1、2階が妙見堂がなっていました。建物の中に入っていけない雰囲気なので、門の近くをうろうろしていたら、敷地の隅に真新しい葛飾北斎の顕彰碑と近松門左衛門碑を発見。北斎は妙見菩薩を信仰し、ここで霊感を授かって北斎と名乗るようになったとも言われ、妙見堂を題材とした作品を数多く残しているらしい(探したけれど見つからず)。一方、昭和30年代に近松門左衛門の供養碑の一部が見つかったそうです。

Img_1201 浮世絵と同じ角度から写真を撮ってくればよかった。この日の記念に、妙見堂前の十間橋から撮ったスカイツリーをアップしておきます。十間橋は奥のほうの川(北十間川)に架かっている橋で絵にはありません。ちなみに、柳島は北十間川と横十間川に囲まれた地区の地名で、当然ながら島ではありません。

 そして、4枚目は「吾嬬(あずま)の森連理の梓」。この絵に描かれている吾嬬神社(吾嬬権現)は、北十間川をさらに6~700m歩いた川の北岸にあります。押上駅より亀戸駅が近くなりますが、墨田区側なので足を延ばしてみました。常駐する宮司さんもいない小さな神社ですが、この周辺の旧地名になった由緒のある神社です。一説によると、吾妻橋も「吾嬬神社に通じる橋」ということから命名されたとか……真偽のほどはわかりません。

Photo_4Img_1205_2


Img_1211Img_1208_3

 神社の祭神は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃、弟橘媛(オトタチバナヒメ)。船が嵐で難破しかかった時、弟橘媛は夫の命を守るために海に身を投げて海神の怒りを鎮めたとされていて、日本武尊が妻のために廟を造らせたという謂れになっています。だから、吾嬬(=我が妻)。絵のタイトルになっている「連理の梓」は神木とされている樟(くすのき)のこと。現在は古株が残っています。

 確かに歴史は古そうで、何とも不思議な雰囲気でした。正面から見た小さな社殿の奥に、江戸時代から伝わる狛犬と祠があるんですが、柵で近づけないようになっています。無人の神社なので保護のためでしょうが、もったいない気がしました。

 中小の神社仏閣を維持していくのは難しいんでしょうね。妙見堂と吾嬬神社を訪ねてしみじみ感じました。江戸時代から同じ場所に存在しているだけでもたいしたことなのかもしれません。

 百花園を振り出しに、秋葉神社、柳島妙見堂、吾嬬神社とよく歩いた1日でした。万歩計が壊れて正確にはわからないけれど、5キロは歩いたはず。この後、亀戸天神の近くの船橋屋に寄って葛餅を食しました。食べたい一心で必死に歩いたのだ。天神様は鳥居の前で頭を下げただけで失礼しました。罰当たり者。

Img_1213 そうそう、帰り道に通った亀戸の香取神社で面白いものを見つけました。「亀戸大根の碑」です。亀戸大根とは江戸末期に香取神社周辺で栽培されていた小ぶりの大根で、当時は江戸っ子に人気があったそうです。

|

« 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) | トップページ | 『新参者』(東野圭吾) »

コメント

お勉強になりました。この企画、私も乗りたいなぁ。
広重当時のものを拾い集めるのもがっかりすることもあるけど、楽しいですね。

お江戸オフとは別立てのほうが、後でわかりやすいですよね、きっと。

明日は雨はあがりそうですよ^^
よろしく~♪

投稿: 桜桃 | 2009/10/02 13:46

押上…京成電鉄利用者は耳にすれど、どこにあるのか微妙にわからない彼の地…

写真で見ると趣のあるところも、本当は目立たない場所なのでしょうか?

投稿: ゆれい | 2009/10/02 15:36

桜桃さん、ゆれいさん、こんばんは。
明日、お出かけだというのに、まだ起きています(^^;)。
どうやらお天気は大丈夫そうね♪

>桜桃さん

 オフの記事とこちらとうまい具合にまとめられたらいいなぁ。「江戸百」だけにこだわっているわけでもないけれど、やっぱり全部そろえたくなりますね。

>ゆれいさん

 あ、今度は京成線沿線ですか? スカイツリーができたら、ぜひ押上へ! 今は何にもない所です。

 写真だとまわりが見えないので趣きがあるようにも見えますね(^^;)。

投稿: Tompei | 2009/10/03 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/46370103

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸百景めぐり<押上界隈> (その2):

« 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1) | トップページ | 『新参者』(東野圭吾) »